クロボン日記

野良タル黒魔('Д' )のFF11・ヴァナ・ディールとことこ旅歩記(たびあるき)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウィンダス戦国絵巻・その一

2008年03月19日 23時57分51秒 | FFXI
過去ウィンダスの連続クエストです('Д')ノ
※今回も多分にネタバレを含みますので要注意!(・◇・)b
["Wings of the Goddess" Quest:The Tigress Stirs & The Tigress Strikes]


昨年の「アルタナの神兵」導入と同時に追加された過去ウィンダスの連続クエスト 『胎動、牙持つ乙女』と『禍つ闇、襲来』。

いかにも戦国絵巻といった感じの勇ましいイベントが、非常にボク好みのクエストだったのですが、今回3月のバージョンアップで、その続きとなる新たなクエストが追加されました。

それが、『憂国の使者』と『降臨、異貌の徒』というクエストです。

今回も見所の多いクエストで、バージョンアップ前から噂になっていた男性ミスラもバッチリ登場しています( ̄ー ̄)b

しかも、『降臨、異貌の徒』では、50体のヤグードと戦うというエキサイティングなBFも…!
Σ(´∀`ノ)ノ

ただし、このクエストは連続ものなので、最初の『胎動、牙持つ乙女』から順にクリアしていかなければ、vs50体のヤグード戦にはたどり着けません。

なので今回は、『胎動、牙持つ乙女』からダイジェストでご紹介していこうかと思います。

※ここから先は本当にネタバレですので、クエストそのものを楽しみたい方はご注意ください。


『胎動、牙持つ乙女』 [The Tigress Stirs]

20年前のウィンダスは、クリスタル戦争の真っ只中…

ボクが2度目に過去のウィンダスを訪れた時にも、チョコボにまたがった勇敢な魔導団の一隊が、宿敵ヤグード族の攻め寄せる最前線へと出撃して行くのを目撃しました。

そんな喧騒の中で知り合った一人の少年…それが、アジドマルジド(Ajido-Marujido)でした。

アジドマルジド…といえば、ウィンダス国民ならミッション等でもお馴染みの大魔道士、口の院院長にして男気溢れる兄貴キャラ。

そんなアジドの兄貴も、20年前はやっぱり子供だったのですね(*´Д`*)


しかも、いかにもクッソ生意気そうな…!
I met boy Ajido-Marujido in past Windurst.


参照:『ウィンダス最後のミッション』

20年後のウィンダスでは、軍事最高司令官として、ウィンダスを思うあまりに禁じられた召喚魔法に深入りしてしまい、星の神子さまより闇牢に幽閉されてしまうといった暴走ぶりを見せてくれるアジドの兄貴ですが…すでに子供時代からその片鱗はあったようです(´д`)

この時も、星の観察中に、カルゴナルゴ城砦へ向かって飛ぶ大きなヤグードを目撃したと言って、ミスラの傭兵団に訴え出ていました。

最初は、子供だと相手にしていなかったコブラ傭兵団の団長ロマー・ミーゴでしたが、彼がその時に拾ったという巨大な【ヤグードの漆黒羽根】を見て危機を直感。

ウィンダスに到着したばかりのミスラの傭兵団「猛虎団」と共に、カルゴナルゴ城砦へと急行しました。

血気盛んで愛国心に燃えるアジドマルジドも傭兵団について行きたそうな素振りでしたが、当時魔法学校の教師をしていたコルモルに見つかってしまい、学校に連れ戻されます。

その際のアジドマルジドからの頼まれ事が、このクエストのお題。

何でも、西サルタバルタ[S]の星降る丘の木の根元に埋めた【小さな星の木の実】(だいじなもの)を掘り起こして、自分のもとへ届けて欲しいというものでした。


この辺りに埋まってる
"Small starfruit" that Ajido-Marujido demands is in West Sarutabaruta[S](I-6).


【星の木の実】といえば、アジドマルジドの父親であるゾンパジッパが研究・開発をしているカーディアンの心臓部にあたるものですが…どうやらちびアジドも、これを使って何かを企んでいるようですね…(;´∀`)

※クエストの流れ
1.過去3国いずれかの傭兵入団試験クエをクリア後、ウィンダス水の区[S]に入るとイベント発生、【ヤグードの漆黒羽根】(だいじなもの)を入手。→2.ウィンダス水の区[S](北・H-10)のDhea Prandolehと話す。→3.西サルタバルタ[S](I-6)にある???より【小さな星の木の実】(だいじなもの)を入手。→4.ウィンダス水の区[S](北・K-5)耳の院奥にあるDoor:Acolyte Hostelを調べてイベントを見ればクリア。
報酬:【ハイエリクサー】



『禍つ闇、襲来』 [The Tigress Strikes]

ウィンダス水の区[S](北・H-10)のDhea Prandolehと話してクエストスタート。

ちびアジドの報せにより、禍々しきヤグードの襲来を察したコブラ傭兵団のロマー・ミーゴ団長は、なぜか関西弁の猛虎団と共に、カルゴナルゴ城砦へと出撃して行きました。

一応コブラ傭兵団の新米傭兵であるボクも行かねばと思っていると、魔法学校のコルモル先生が血相を変えて飛んで来ました。

どうやら、ちびアジドがいなくなってしまったらしい…前回の【星の木の実】を使ったカーディアンを身代わりに置いて、おそらくはカルゴナルゴ城砦に向かったのではないか?…と、いうのです。

これは一大事!!Σ(゜д゜)

ボクも、カルゴナルゴ城砦へ急がねば!ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ


…とはいっても、まだ徒歩でしたが(´ω`)
I chased Ajido-Marujido, and it came to Fort Karugo-Narugo [S].


戦国絵巻としての緊張感も、ここからが本番。

まずは、後のミスラたちにとっての重要人物が顔をそろえます。


ロマー・ミーゴとペリィ・ヴァシャイ
Romaa Mihgo & Perih Vashai. They will become patriarchs of Mithra in the future.


ロマー・ミーゴは、後のカザムの族長で、引退した現代でもカザムに住んでいます。

ペリィ・ヴァシャイは、アナコンダ傭兵団の団長で、後のウィンダス森の区ミスラ自治区の族長。狩人さんたちにとっては、盲目の族長として、ジョブ取得クエやAFクエなどでもお馴染みですよね。

…で、やはりちびアジドは、カルゴナルゴ城砦へ来ていました。

城砦内マップ(I-8)のRotih Moalghettの話によると、ちびアジドは、城砦を警護するミスラたちの忠告も聞かず、怪しいヤグードを探しに外へ飛び出して行ったようです。

そして…


クアールに襲われ腰を抜かす、ちびアジド
Ajido-Marujido was attacked by War Lynx.


ボクは、城砦防衛に意気あがるミスラたちをよそに、ちびアジドの救援に向かいました。

城砦外マップ(I-9)にある???を調べてイベント、もう一度調べるとクアールNMのWar Lynxが現れて戦闘となります。

このWar Lynxは、【ブリンクオブペリル】という瀕死技(空蝉貫通、ヘイトリセット有)を使ってきますが、視線系の技なので、背中を向けていれば避けられます。

それ以外でも、War Lynxはなかなかに強く、黒魔ソロではちとキツイ感じだと聞いていたので、同じくWar Lynxを倒しに来ていたPTに合流させてもらいました。


しょうがねぇなぁヽ( ゜Д゜)ノ
In solo of BLM, it is difficult to win War Lynx.


こうしてちびアジドは助けたものの、一難去ってまた一難…

イベントの中では、タウルスを引き連れた不気味なヤグードの一隊が城砦に攻め込んで来ていました。


「あいつらだ!オレがみたのは…」
Fort Karugo-Narugo was raided to Yagudo.


しかし、ヤグードたちの急襲を予見していたミスラたちは、颯爽とこれを迎え撃ちます。


ヤグードの急襲を迎え撃つミスラ傭兵団
The Mithra Mercenaries meets a raid corps of Yagudo.


戦況有利に戦うミスラたちでしたが、初めて遭遇するタウルスには少々戸惑い気味…

「…くっ、おい、おまえ、アタシの援護はできるか?そこのガキも」

強敵を目の当たりにしてビビッていたちびアジドも、魔法での援護を頼まれて立ち上がりました。

「ガキっていうな!まかせてくれ」

さすがは、20年後の我らが兄貴です!(;´∀`)


ボクも奮戦…しているらしい
I fight against Yagudo with Mithra Mercenaries.


そこへ、更なる援軍が…


強烈な攻撃魔法に吹っ飛ぶタウルス
Yagudo was blown off by severe attack magic.


「な、なんだ!?」

「礼を言おう、ミスラ傭兵団。此度の急襲に対応できたのは、そなたらのおかげだ」


ウィンダスの大魔元帥ロベルアクベル
Warlock Warlord of Windurst came for support.


元帥自らの救援もあり、ヤグードの急襲部隊は撃退されました。

戦いに勝利したミスラ傭兵団も撤収する事になり、ボクも、ちびアジドを送るためにウィンダス水の区[S]へ。

最後にDhea Prandolehと話して、クエストクリアとなりました。

それにしても、カルゴナルゴ城砦でのイベントは、なかなかエキサイティングでした!ヽ(´∀`)ノ

その雰囲気をここで詳しくお伝えできないのは残念ですが、未クリアの方は、是非このクエストもやってみてくださいね。

※クエストの流れ
1.『胎動、牙持つ乙女』をクリア後、ウィンダス水の区[S](北・H-10)のDhea Prandolehと話す。→2.カルゴナルゴ城砦内マップ(I-8)のRotih Moalghettと話す。→3.城砦外マップ(I-9)にある???を調べてイベント、もう一度調べるとクアールNMのWar Lynxが出現するので倒す→4.勝利後、再度???を調べてイベント。→5.ウィンダス水の区[S](北・H-10)のDhea Prandolehと話してイベントを見ればクリア。
報酬:【天球儀】(調度品):収納+1 属性(闇) 属性値+10 応援(リージョンポイント)



つづく
to be continued

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« リトレース | トップ | ウィンダス戦国絵巻・その二 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (馬車)
2008-03-20 18:55:12
私も大魔元帥のスキル「チョコボに乗りながら黒魔法」が欲しいな。
Unknown (クロボン)
2008-03-24 03:21:43
>馬車さん

アジドの兄貴がウィンダスミッションで見せてくれる、「走りながら敵を次々吹き飛ばす詠唱なしの黒魔法」も欲しいですねぃ(´∀`)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

FFXI」カテゴリの最新記事