クロボン日記

野良タル黒魔('Д' )のFF11・ヴァナ・ディールとことこ旅歩記(たびあるき)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カンパニエバトルで見かけたNPC

2008年02月22日 22時39分28秒 | FFXI
カンパニエバトルでは、色々な人々に出会います('Д')ノ
[NPC of Campaign Battle.]


カンパニエバトルでのお楽しみは、自由度の高いその戦闘だけではありません。

各戦場で出会う戦友たち…中に人がいる人、いない人に関わらず、様々な個性の人々との出会いも、お楽しみの一つになっています。

今回は、そんな人々の中から、"中に人などいない"個性的なNPCを何人かご紹介いたしましょう。
(´∀`)ノ


ボクの現在の主戦場はロランベリー耕地[S]ですが、時々気分転換に他の戦場へ移動したりもします。

ボクは、一つの戦場に20人前後という状況が好きなので、サーチでエリアの人数を確認してから移動するわけですが、そうしてよく行く戦場の一つがパシュハウ沼[S]。

ロランベリー耕地[S]のお隣のエリアなのですが、ここを主戦場にしているNPCの部隊の一つに、戦場の踊り子集団『Field Musician Guard』があります。

彼女たちは、憧れの踊り子AFに身を包み、主にモンクの戦術を駆使してクゥダフ兵団を相手に戦っています。


踊り子集団を率いるソニア(Sonia)姐さん
Sonia who leads dancer force.


というか、その行動はモンクそのもので、なぜか華麗なダンスを披露する事はありません(´・ω・`)

両の手には、青いアダマンの三枚刃も厳(いか)めしい【アベンジャー】を装備し、亀野郎を捕らえては殴る、殴る、殴る、殴る、殴る…


「さあ、みんな! いよいよ、ショータイムの始まりよ~!」
The killer shot of Sonia is Mighty Strikes and Hundred Fists.

写真でその勢いをお伝えできないのがとても残念ですが…もう、一体何があったんだ?というくらい凄まじい勢いで、敵を殴り倒します(;゜ロ゜)

それもそのはず…戦士の2hアビである【マイティストライク】と、モンクの2hアビである【百烈拳】を常時使用できるのだそうで、ひょっとしたらカンパニエバトル中でも最強の一人に数えられるのではないかと思います。

暴風の如く現れては、瞬く間にクゥダフ兵団を蹴散らしていくその姿に、普通の踊り子では絶対に到達できない、至高の踊り子魂を見た………ような気がしました。

つか、やっぱモンクじゃん!?ヽ(;`Д´)ノ

皆さんも是非パシュハウ沼[S]の戦場を訪れて、ソニア姐さん究極の殴りをご堪能ください(・ω・)


次は、ガルレージュ要塞[S]へ移動しましょう。

ガルレージュ要塞[S]を主戦場にしているのは、白/召喚士のルテテ(Lutete)閣下率いる白羊戦闘魔導師団。

白羊戦闘魔導師団は、ウィンダス方面の部隊らしく、全員がタルタルで構成されています。

ルテテ閣下は、白魔道士と召喚士のハイブリットなジョブなようで、白魔の鎧【ホーリーブレスト】に身を包みつつ、3体の光エレ(Luminous Coalescence)を駆使して戦います。


信号みたい…あ、黄色が無いか
Lutete fights by making good use of three Luminous Coalescence.


ボクは、ガルレージュ要塞[S]でのカンパニエバトルが始まると、先ずルテテ閣下の現れる広場へ行き、白羊戦闘魔導師団の出現を確認しておきます。

というのも、狭い通路で構成された要塞内では、いざ単独で敵と出くわしてしまった場合に逃げ場がなく、そんな時は一目散に白羊戦闘魔導師団の元へと走り、ルテテ閣下に敵の処理をお願いするのです。


助けて!ルテテ閣下!ヽ(;´Д`)ノ
When it is attacked by the enemy, I ask for help to Lutete.


「…ふぁぁぁ…出でよ…聖なる光よ…」

ルテテ閣下の使役する3体の光エレの得意技は、これまた凄まじい連続【ホーリー】。


なにせリキャスト0で撃ちまくる…Σ(´∀`;)
A continuous attack of "Holy" by three Luminous Coalescence is strong.


この攻撃にはめられてしまったら、いかに屈強なヤグードのNMといえども、抜け出すことは出来ません。


ボクも便乗してドレインなど…ヽ(;´ー`)ノ
Yagudo is knocked down with surprising swiftness.


瞬く間に沈められていくヤグード教団の戦士たち…ルテテ閣下もまた、カンパニエバトル最強のNPCの一人でしょうね。

これは、一見の価値有りです(´∀`)


では次に、ロランベリー耕地[S]へ行ってみましょう。

ロランベリー耕地[S]は、ボクのカンパニエバトルにおける主戦場でもありますが、この戦場の主役は何といってもガルカたち…

PC、NPC取り混ぜてガルカ密度が極端に高いのが、この戦場の特徴です。


まさにガルカの解放区!
Rolanberry Fields[S]is Galka's paradise.


ここを主戦場にしているのは、ストライキング・ブル(Striking Bull)率いるバストゥーク共和国軍第二近衛兵団。

このガルカ兵団の破壊力は、強力なクゥダフNMを瞬殺してしまうほどの凄まじさです((((;゜Д゜))))


中でも、このストライキング・ブルの強さは異常
Strength of the Galka force that Striking Bull leads is abnormal.


ストライキング・ブルの強さの秘訣は、【マイティストライク】と遠隔攻撃のように放つ両手斧WSの【ミストラルアクス】。


「おっと、手が滑っちまったぜ!」

…と言いつつ放つ【ミストラルアクス】の破壊力は驚異的で、雑魚のクゥダフなら一発で5割以上ものHPを削り取られてしまいます。

「よ~し、今日は戦績稼ぐぞ~ヽ(`Д´)ノ」と張り切って戦場に出たところで彼らが現れると、瞬く間に戦闘終了…という事態もしばしば…Orz

時に参加者の顰蹙(ひんしゅく)をも買ってしまう猛烈ガルカ部隊に会いたくなったら、是非ロランベリー耕地[S]にいらしてみてくださいね。・゜・(ノ∀`)・゜・。


○対クゥダフ豆知識(・◇・)b

ロランベリー耕地[S]等バストゥークエリアの対クゥダフ戦闘において、多くの傭兵たちを悩ませているのが、クゥダフのTP技【ダイアモンドシェル】。


When Quadav uses "Diamond shell", we will hit it from the front.

この防御技を使われると、物理攻撃での与ダメージは0になってしまいます。

しかしこの技は、背面あるいは側面にのみ有効な防御なので、クゥダフの正面にまわれば、普通にダメージを与える事ができます。

【ダイアモンドシェル】を発動されたら、迷わず正面にまわって殴り続けましょう(・◇・)b


さて、カンパニエバトルの戦場で出会うNPCは、なにも味方ばかりとは限りません。

中には、こんなNPCも…


おや、向かって左端に見慣れない黒魔道士が…?
There is strange BlackMage.



って、敵じゃねぇか!Σ(`・ω・)
She is witch Shadowhand of Dark Kindred.


こんなに近くまで来ているのに、すぐには攻撃してこなかったので、一瞬敵か味方か戸惑いました。

この一見、色黒なエルヴァーンの黒魔道士(?)に見えるNPCは、闇の王親衛隊に属するShadowhand という魔女。

もちろん敵方です(;`・ω・´)

彼女は、Shadowhand Cuirassierというシャドウの一部隊を率いて、ロランベリー耕地[S]に限らず、あらゆる戦場に姿を現します。

元が、ハロウィンイベントでお馴染みの『闇百合の魔女』なせいか、彼女の放つ氷魔法は強烈で、ボクも一発で2220もの被ダメージを受けて即死状態でした(つД`)

また、彼女は両手棍を駆使した白兵戦闘にも長けており、その範囲WS【アースクラッシャー】は、軽く1000を超える被ダメージをボクたちに与えます(;´Д`)

幸いこの時は、狩人のEliviraさん率いる黄金銃士隊がすぐそばにいてくれたので、何とか撃退してくれましたが…


魔女の死体が重たいよ~
Maybe, I think that it was a simultaneous and mutual hit.


ボクも死に際に【バースト2】で大ダメージを与える事ができたので、相討ちといってもいい内容だったんじゃないかと…(;´д`)ゞ イヤハヤ


まぁこの様な感じで、カンパニエバトルでは、様々な個性のNPCと出会うことができます。

時に、彼ら彼女らの戦い振りに驚いてみるのも、カンパニエバトルならではの楽しみかも知れませんね。

また戦場で面白いNPCと出会ったら、ご報告いたします(´∀`)

コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« メロンパイ | トップ | ロランベリーの戦場(いくさば... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Jin)
2008-02-25 05:37:18
俺の中に人なぞいませんぞw
しかしながら、サンドの将軍がいないではないかぁw
サンド国民としては紹介してもらわねば・・・
ということで今度はみんなで違うとこいってみるのもいいかもねぇw

てかブルさん強すぎだよぅ;;
Unknown (クロボン)
2008-02-26 11:58:35
>Jinさん

ようこそ!ヽ(´ー`)ノ/welcome

サンド・エリアでは、ジャグナー森林の戦場によく行きますが、あそこはPCの参加者が多すぎて、NPCの印象が薄いですね(;´∀`)
PTの人数がそれなりだったら、人が少ないエリアを狙って転戦するのも面白いかもw
Unknown (Galeford)
2008-02-27 19:51:21
俺の中にも人などいないw

自分もサンドの将軍は、あんま印象にないな・・・
あんまサンド領で参戦してないしね・・・
それより、サンド領にいってびっくりしたのは
助っ人の巨木族!!!
はじめて見た時は、攻撃しそうになったよw
Unknown (クロボン)
2008-02-28 20:56:13
>Galefordさん

ほほぉ、そんな助っ人もいるんですねぇ…

これは見に行かねばなりません!(;`・ω・´)ノ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

FFXI」カテゴリの最新記事