クロボン日記

野良タル黒魔('Д' )のFF11・ヴァナ・ディールとことこ旅歩記(たびあるき)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウィンダス戦国絵巻・その二

2008年03月21日 16時40分39秒 | FFXI
ここからは、3月のバージョンアップで追加された新クエストです('Д')ノ
※今回はネタバレそのものですので要注意!(・◇・)b
["Wings of the Goddess" Quest:Knot Quite There]


『憂国の使者』[Knot Quite There]

先ずは、ウィンダス水の区[S](北・K-5)耳の院奥にあるDoor:Acolyte Hostelを調べてイベント。

すると、前回大活躍だったちびアジドが出迎えてくれます。


またおまえか…(´ー`)
This quest starts from reunion with Ajido-Marujido. (Windurst Waters[S](North/K-5) Door:Acolyte Hostel


いっちょ前に魔戦士気取りのちびアジドは、情報収集と称して、ウィンダス戦闘魔道団の秘密会議を覗きに行くつもりです。

「なんだ? オマエ、いっしょにいきたいのか?」

と問われれば、ハイと答えるしかないですよね(´・ω・`)

魔道団の秘密会議は、天の塔内部で行われていました。


大魔元帥の前に居並ぶ各部隊の団長たち
In "Heavens Tower", the closed-door session of War Warlocks was done.


白羊のルテテ、天蠍のガリリ、磨羯のゾンパジッパ、天秤のゾルクアゾルクなどなど…カンパニエバトルの各戦場では、個性溢れる戦いっぷりを披露してくれるお馴染みの面々がそろっています。

大魔元帥・ロベルアクベルは、かねてから魔法防御にのみ頼り切るウィンダスの方針には危機感を抱いていました。

特にウィンダス防衛の要となるカルゴナルゴ城砦において、万が一その魔法防壁が破られた場合、それは即ウィンダスの滅亡を意味するからです。

そこでロベルアクベルは、魔法のみに頼らない戦力として、サンドリアに援軍を要請する事を決めました。

しかし、サンドリアとウィンダスは仇敵同士…このロベルアクベルの独断が面白くない団長も中にはいましたが、ロベルアクベルは、サンドリアとは既に連合軍である事、礼を尽くし相手の騎士道精神に訴えれば必ずや要請に応えてくれるだろうという事を主張して、不満の声を抑えます。

サンドリアへの特使には、金牛戦闘魔導師団のパットナオットナが選ばれましたが…果たしてサンドリアは、ウィンダスの要請に応えてくれるのでしょうか?


大魔元帥と密談する謎の人物は、果たして?
Warlock Warlord was talked secretly with the inscrutable person.


一方、覗きが見つかって魔法学校に連れ戻されたちびアジドは、食糧増産の研究のためジュノに旅立つ恩師・コルモルの見送りをすることになりました。

コルモルの護衛のため、コブラ傭兵団からはティルとミルという二人のミスラが同行することになったのですが…どうもあまり頼りにされていないらしく、ロマー団長より、ボクも後から追いかけて彼らのジュノ入りを見届けてほしいという要請がありました。

そこで、ソロムグ原野[S](F-6)にあるジュノの入り口(Bulwark Gate)まで、追いかけて行くと…


ジュノの入り口を調べるべし
I arrived at the entrance of Jeuno that existed in Sauromugue Champaign[S](F-6).


ジュノへの入国に際してはひと悶着はあったものの、何とか無事にコルモルをジュノ入りさせました。

しかし、ホッとしたのも束の間…今度はイケメン好きのティルさんのおかげで、大サソリに襲われていたサンドリアの偵察員ラシュマスさん(Rachemace)を助ける羽目に…


イケメンのピンチ!
Mithras that went with me rescued "hawt guy" Elvaan.


まぁ確かに、ウィンダスにはいないタイプのイケメン・エルヴァーンですがね(´・ω・`)


道草くわずに城砦へ行くよう言われてたのに…
The Elvaan looked for "108-Knot Quipu" of Yagudo. "108- Knot Quipu" is a ciphertext of Yagudo.


しかし、ティルさんがラシュマスさんを助けたのは、なにも不純な動機からばかりではないようです。

ラシュマスさんの話によると、彼はヤグードの縄密書【百八結節のキープス】を入手したのですが、追っ手のヤグードに襲われ奪い返されてしまったのだとか。

その縄密書を解読すれば、おそらくこれからの戦況を有利に進められるであろう情報が手に入るかも知れないと言うのです。

「ここはクビ突っ込んでおくべきだと思うんだよね。ま、野生のカンってやつ?」

ティルさんは、解読された情報を共有させてもらうという条件付きで、ラシュマス氏の【百八結節のキープス】奪還の手伝いを引き受けました。

でも実際に奪還するのは、もちろんボクですけどね(´・ω・`)

【百八結節のキープス】(だいじなもの)は、ソロムグ原野[S]東崖上の砦にいるヤグードたちが持っています。(ガルレージュ要塞[S]のヤグードも落とすという情報アリ)

東崖上の各砦の中には3体ずつほどのヤグード(侍、詩、召など)がいるのですが、狭い中に固まっているのでなかなか釣り難い…その上、同目的のライバルさんたちが、思ったよりもたくさんいて、かなり厳しい状況でした。

ヤグードを求めて広いソロムグを走り回っていると、フレのエバさんが救援に来てくれました。

一人より、二人の方が見つける確率も上がりますし、安全に狩りができるので大助かりです。


早速エバさんが侍ヤグードを発見!
I also look for "108-Knot Quipu" by the help of the friend.


ボクとエバさんは、古代2を交互に撃ち合い、侍ヤグードのヘイトを上手くピンポンしながら倒しました。


キーブス出しやがれ!ヽ(`Д´)ノ
Yagudo that exists in Sauromugue Champaign[S] has "108-Knot Quipu".


すると、なんとこの一体めが見事【百八結節のキープス】をドロップ!Σヽ(゜∀゜ )ノ

数体倒してやっとドロップさせた別のフレに言わせると、とても運がよかったのだそうです('∇')

獲得した【百八結節のキープス】を持って、再びジュノの入り口(F-6)へ。

Bulwark Gateに【百八結節のキープス】をトレードすると、イベントが始まります。


ティルさんの下心を知ってか知らずか…
Gratitude was expressed by him for us.


ボクたちは、ラシュマスさんからとても感謝されました。

しかし、ヤグードの縄密書を解読するには、一度サンドリアへ行かねばなりません。

遠回りにも程がある(´・ω・`)

でも確かにこの密書の内容には興味がありますよね。

ボクたちは、ティルさんの野生のカンを信じてサンドリアまで同行する事になりました。


南サンドリア[S]へ
We went to Southern San d'Oria [S] with him.


南サンドリア[S]へ入るとイベント。

先ずは、大魔元帥の特命を受けてサンドリアまで救援要請に来ていたパットナオットナ一行と鉢合わせになりました。


どうやら救援要請をうけてもらえなかったらしい
It seems to have a rough going the negotiation that Windurst begs the rescue of San d 'Oria.


救援に行きたくても、その余裕がない…というのが、サンドリア側の言い分です。

「…ふぅん。それで、おめおめと戻ってきたわけ?」
「まあ、そういうことだ。取りつく島がないとはこのことだな」


そのやり取りを傍らで聞いていたラシュマスさんは、複雑な表情を浮かべていましたが、とりあえずは縄密書を解読してくれる僧侶の家へと、ボクたちを案内してくれました。


あの赤い旗の下がっている家の扉へ
Southern San d'Oria [S](M-8) Door:House


南サンドリア[S]従者横丁(M-8)の扉Door:Houseを調べてイベント。

出てきたのは、これまたイケメンの河童エル修道士ジョゼ様(Joseaneaut)でした。


ティルさん、またもやよろめく…
Please decipher "108- Knot Quipu".


修道士ジョゼ様は、ゴブリンの通訳リーダ(Leadavox)と契約していて、どうやら"彼女"に縄密書を解読してもらうようです。


ゴブリンのオス・メスの見分けは難しい…(´・ω・)?
The ruin of Windurst was prophesied to it.


それによると、ヤグードは既に魔法を無効化する「耐魔装備」を実用化していて、それを用いてウィンダスを攻める準備があるとの事…

「…カミサマ…都へ道しめし…ウィンダス…滅亡」

これは、一大事です!!ヽ(;´Д`)ノ

大魔元帥は、恐らくこういう事態を想定してサンドリアに援軍を要請したのでしょうが、大半のウィンダス人は、まだこの事実を知りません。

魔法にのみ頼っていては、それこそウィンダスが滅ぼされかねないのです。

今回の一件で、ウィンダスに親しみを寄せてくれたラシュマスさんも、このままでは取り返しのつかない事になると、危機感を募らせています。

「僕は命の恩人のため、ウィンダスへ馳せ参じる覚悟があります。たとえ騎士団を除名され、一騎となりても…」

なんという義に厚きお言葉…(つД`)

ジョゼ様も、サンドリアがウィンダスへ援軍を派遣してくれるよう、一肌脱ぐと言ってくれています。

ヤグードが最初に狙うとすれば、やはりカルゴナルゴ城砦…これは、一刻の猶予もなりません!

ボクたちも急いでカルゴナルゴ城砦へ戻り、この事を団長たちに報告せねば…

※クエストの流れ
1.『禍つ闇、襲来』のクリア及びアルタナミッション3『ケット・シー、馳せる』オファー済みの状態でクエスト発生。ウィンダス水の区[S](北・K-5)Door:Acolyte Hostelを調べてイベント。→2.ソロムグ原野[S](F-6)にあるジュノの入り口(Bulwark Gate)を調べてイベント。→3.ソロムグ原野[S]にいるヤグードを倒して【百八結節のキープス】を入手する。→4.ソロムグ原野[S](F-6)のジュノ入り口(Bulwark Gate)に【百八結節のキープス】をトレードしてイベント。→5.南サンドリア[S]へ入るとイベント。→6.南サンドリア[S]従者横丁(M-8)の扉Door:Houseを調べてクエストクリア。
報酬:【獣人白金貨】


※ジョゼ様とリーダが活躍する『修道士ジョゼの巡歴』は、「ヴァナ・ディール・トリビューン:過去の記事」でご覧ください。
Travel diary "Joseaneaut's Mission" of Joseaneaut and Leadavox that appears in this quest can be read with [Vana 'diel tribune previous Issues].



つづく
to be continued

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ウィンダス戦国絵巻・その一 | トップ | 決戦! 黒魔 vs 50体のヤグ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (馬車)
2008-03-22 20:29:18
まさかジョゼ様が登場するとは思わなかったな。
やっぱりいい人だねぇ(´ー`)
ラシュマスさんもカッコイイぞ。

ゴブリンの性別は名前で判別するしかないね。
Unknown (クロボン)
2008-03-24 04:00:14
>馬車さん

ジョゼ様といえば、ヴァナ・ディール・トリビューンで連載していた『修道士ジョゼの巡歴』の主人公ですよね。
ゴブリンで通訳のリーダと共に、獣人の各種族のもとへ布教しに巡っていた…あの連載は面白かったなぁ。
ボクも大好きでした(´∀`)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

FFXI」カテゴリの最新記事