クロボン日記

野良タル黒魔('Д' )のFF11・ヴァナ・ディールとことこ旅歩記(たびあるき)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

未踏破と書いて「あまりもの」

2007年09月05日 20時53分54秒 | FFXI
未踏破だったアサルトを二つこなしてきました('Д')ノ
Assault : Private First Class [Lebros Supplies] & Sergeant Major [Lost and Found]


…と、いうのも、先のバージョンアップにおいて、「全てのアサルトがコンプリートリストに載ると、【皇国軍認識票】を最大で4枚まで保持できるようになる」という変更が行われたからです。

これは是非とも未踏破のアサルトを全部クリアしなくてはなりません(´ー`)ノ

しかしそれは、どうやら決して楽な道のりではないようです(´・ω・`)

これまで未踏破だったアサルトには、未踏破であったなりの理由があるからです。

それは例えば、報酬(アサルト戦績)に見合わない難易度であったり、単につまらなそうなものであったり…

今回最初に行ったレベロス一等傭兵アサルト『レベロス補給作戦』も、そんなアサルトでした。

作戦内容はといいますと…

「レベロス風穴に向かった先遣部隊が、敵の強固な防衛部隊と遭遇し、現在膠着中との報告が入った。長期戦も想定される。アサルト要員は速やかに兵糧を受領して、風穴に侵入。先遣部隊の全将兵に、糧食を配給せよ」

…と、いうもの。

つまり、スタート地点(H-8)にいるNPC(Yazuhma)から配給糧食を受け取って、エリア内に12人いる先遣部隊の隊員全てのお腹を満腹にさせようという作戦です。

…これだけ見ると、すごく簡単そうにも思えますが、実際やってみると、難易度はかなり高めになっています。

やたらと広いマップに、一度の補給では満腹に成らない隊員たち…更にフィールド上には、凶暴な赤芋虫(Crimson Eruca)がウヨウヨ…

導入当初は、そのあまりの難しさが不評で、あえてこのアサルトを回避して『土竜作戦』を複数回こなすというプレイヤーが続出したほどです。

現在では、いくらか緩和されてはいるそうですが、果たしていかがなものでしょうかねぇ…


このNPCから、糧食が配給される
Food is rationed by this NPC(Yazuhma).


配給される糧食は、【バイソンステーキ】【バイソンジャーキー】【クァールサンド】【豆のスープ】【白パン】(全てテンポラリーアイテム)の中から、ランダムで1つ。

この糧食には、記した順に5~1のポイントがあるらしく、配給された隊員は、それぞれ10~12ポイントも食べないと満腹になりません。

これには確認の方法があって、糧食を所持していない状態で隊員に話しかけると…

まだ空腹なら「食料は…食料の補給はまだですか?」「助かったよ…。そろそろ、糧食が不足し始めていた頃だったのだ」といったコメントが流れ、満腹なら「君のおかげで空腹が満たされ、身体に力が戻ってくるのを感じる…。これで敵とも互角以上に渡り合えるだろう」「まだ、持ってきていたのか?無論、我々も糧食があるに越したことはない。受け取っておこう…」というコメントが流れます。


はらへにゃ~?
Hungry ?


ただ、なにしろ配給のNPCから隊員たちまでの距離が長いですし、満腹になるまで何度も足を運ぶことになりますから、参加者が互いに確認し連絡を取り合って、出来るだけ無駄足を防ぐことが肝要です。

補給を受ける腹ペコ隊員は、配給NPC(Yazuhma)をほぼ中心として、南(G-10)に2人、南西(F-10)に2人、北東(E-6)に3人、北(H-6)に2人、南西(J-9)に3人の計12人。

名前は全てImperial Stormerなので、隊員が装備している盾の形状で見分ける事になります。

彼らが装備している盾には3種類あって、ボクたちはそれぞれ「銀十字」「トゲ」「黒」と呼んでいました。

「銀十字満腹、トゲまだ~」ってな感じです。


この盾は「黒」ね
This shield is "black".


ちなみに、PTの構成は何でもいいと思いますが、出来れば全員【とんずら】の使えるサポシが望ましい…

また、邪魔な赤芋虫を一手に引き受けてマラソンする囮役(忍/シなど)が一人いると、かなり楽になると思います。


忙しい、忙しい…ヘ(;´Д`)ノ
It is busy, and busy…


ボクたちは6人PTで、南から時計回りに糧食を運びましたが、結局制限時間(30分)一杯走らされました。

囮役のシャナたんは、その間ずっと赤芋虫を引っ張りまわしていたわけですから、本当にご苦労な事です(;´ω`)


囮役とすれ違う
It passes each other with the decoy on the road.



後から、赤芋虫がゾロゾロΣ(゜д゜lll)
From her back, Crimson Eruca came over in a stream.


幸いシャナたんには、少しのダメージもありませんでしたが、おそらく二度とこのアサルトをやりたいとは思わないでしょうね。

本当に単調で、時間がかかるだけの、つまらないアサルトでした。

ボクも、もう二度と来ることはないでしょう( ´ω`)


ところで軍隊の糧食といえば、ボクは、かなり以前に一度米軍のCレーション(あるいはMCI)というものを食べたことがあります。

これは、基本的に缶詰の詰め合わせになっていて、中身は、豆とソーセージのシチュー、パン、フルーツのジャム、クラッカー、チョコレートケーキ、インスタントコーヒーなどで、嗜好品としてタバコやガムなんかも付いていました。

沖縄の友人が、米軍放出品の店で買ったものだったので、賞味期限をかなり過ぎてはいましたが…まぁ、なかなかおいしかったですよ(;^ω^)

現在では、レトルト食品が主流になっているようですから、そちらも機会があれば味わってみたいものですね。


さて次は、イルルシの曹長アサルト『指輪捜索指令』です。

作戦内容は…

「お忍びでイルルシ環礁を訪れていた聖皇の叔父君バシャラブ殿下が、大切な指輪「ザッハークの眼」を落とされたそうだ。アサルト要員は、皇宮の雇った蛇の目探偵社の風水探偵と共に環礁に赴き、殿下の指輪を捜索せよ」

…と、いうもの。

つまり、なにやら怪しげな風水探偵とやらの指示に従いながら、広いフィールドの中から小さな指輪を探し出せ…と、いうことです。

スタート地点(I-9)にいる"謎の中国人"風の女性NPCが、風水探偵(Tian Tian)です。

「アナタあるか? ワタシ、護衛する傭兵は?」


「よろしく頼むあるね」
I ask detective feng shui for instructions.


なんと、ベタベタな中国人訛りΣ(・ω・`;)


ところで、この「~アル」という中国人訛り風の表現。

漫画やコントなどでしか見かけないものかと思っていたら、明治期に日本に滞在していた華僑などが実際に使っていた言葉なのだそうです。

中国語では、「私は中国人です」というのを「我是中国人」、「私は日本人ではありません」を「我不是日本人」と言います。

是は日本語で言う「~である」、不是は「~ではない」といった表現ですから、この文法にのっとって、手っ取り早く日本語を話そうとすると、「私、中国人、アル」「私、日本人、ナイ」となったわけです。

また、この言葉は、戦前の満州建国当時に、複数民族から成る満州国内でのコミュニケーション用に考案された簡易な日本語(協和語あるいは興亜語と呼ばれる)だとも伝えられていますが、詳しいことはわかりません。

もちろん現代では、この様な言葉を話す中国人はめったにいないと思いますが、漫画やコントなどで、片言の日本語を話す中国人のイメージの一つとして残ってしまったのでしょうね。

ちなみに「アイヤー」というのも、中国人的表現としてよく見かけますが、これは、中国語圏の人たちが実際に使っている感嘆表現です。(地域によっては、使っていない所もあるようです)

日本語でいうところの「あらら」とか「あちゃ~」とかいった表現なのでしょうか…このブログではお馴染みのシンガポール人、エバさんたちのチャットでも、よく文頭に「Aiya~」と付けているのを見かけます。

シンガポールは、中国語と英語、マレー語が主な公用語ですから、普通に使われているんでしょうね。


まあ、そんなことはともかく…

指輪を見つけるためには、まず???を探さなくてはなりません。

???は、かなり近づかなければ、見つけることもタゲることも出来ませんから、この風水探偵の指示が、唯一の手がかりとなります。

移動しつつ、風水探偵に話しかけましょう。

???が近くにない場合:「ここには…たぶん、なにもないある…」
???に少し近づいた時:「…場所変える、よろし」
???に更に近づいた時:「…たぶん、この辺りのどこかに、なにかあるね…」
???にかなり近づいた:「…間違いないある。この近くになにかあるあるね」
???がすぐ近くにある:「この近く…すぐ近くに、なにかあるね…」


まぁ風水探偵というくらいですから、気の流れかなんかで探知しているのでしょうね。


???は、どこあるか?
Where is the "???"?


しかし、???を見つけたからといって、すぐに指輪が見つかるわけではありません。

まずは、【足跡】【頭髪】【指紋】の3つの手がかりが出てきます。

一つ目の手がかりを見つけると、風水探偵は、PTメンバーの誰の近くに???があるかを指示します。

二つ目の手がかりでは、そのPTメンバーからどの方角に???があるかを指示。

三つ目の手がかりでは、そのPTメンバーからの距離を指示します。


手がかりを見つけたある
I found the clue.


更に、???にはハズレもあって、「吸血海藻がウネウネと足にからみついてきた!」が出ると、見つけたプレイヤーは【へヴィ】状態となり、「突然、モンスターが襲いかかってきた!」だと、その場にカニ(Kelp Crab)が現れて、襲われますΣ('Д')

このカニは、最初にタゲッた相手に高いヘイトを持ちますので、出来れば前衛さんが???を調べた方がいいでしょうね。

また、フィールド上の5ヶ所には、タコ(Kelp Kulshedra)もウネウネ待ち構えています。

このタコは、【スニーク】で回避できますので、出来るだけ無駄な戦闘は避けるようにしましょう。


カニが出てきたら、即叩き潰すあるよヽ(`Д´)ノ
If a crab comes out, we smash it up immediately.


それにしても、この???…

先にも書きましたが、本当にかなり近づかなければ現れないため、6人で手分けしても、なかなか見つける事が出来ません。

風水探偵の指示に散々振りまわされたあげく、せっかく見つけた???がハズレだったりしたら、更にストレスが溜まります(#゜Д゜)y-~~イライラ


アイヤー、またカニあるか!?ヽ(#`Д´)ノ
Aiya, is it a crab again !?


しかも、最後の【指輪】の???は、他の???よりも更に見つけられる範囲が狭くなっているので、「Kurobonの場所から1Ym以内…」と言われても、見つけ出すことは困難です(;´ω`)


やっと見つけたある
At last I found it.


まぁこの時は、制限時間(30分)ギリギリで、何とか指輪を見つける事は出来ましたが…


見つけたら、サッサとゴールに戻るよろし
Go to the goal quickly if we find the ring.


とにかく、回りくどいし、ハズレは多いし…

クリア出来たとしても、ストレスばかりが溜まるアサルトでしたo(`ω´*)o

ここにも、まぁ…二度と来ることはないでしょうね(´ω`)


よく「残り物には福がある」とかいいますが、今回やった二つのアサルトは、本当に単なる「あまりもの」…

導入当初から人気のない理由が、よくわかりました。

ボクの場合、まだ未踏のアサルトが14ほどあるのですが、最初からこれでは、何となく気が重くなってしまいます(´・ω・)~3

でも、頑張ろうっと!ヽ(´ー`)ノ





【ぼろにゃん検診】[Boronyan went to the hospital.]

最近また、ぼろにゃんの目ヤニがひどいのと、もう一度三種混合のワクチンを打つよう動物病院から言われていたので、ぼろにゃんを病院に連れて行きました。
I took Boronyan to the animal Hospital. Eye mucus of Boronyan is bad recently, and it is to let Boronyan get a vaccination again.

診察室に入って、最初にまず体重を測るのですが…
First of all, it weighed oneself when entering consultation room.

ぼろにゃんの体重は、なんと2.4kgにもなっていましたΣ(゜д゜)
The weight of Boronyan became as much as 2.4kg.

これって、もうすぐ5歳になる3番目の猫と、ほぼ同じ体重です。
The weight of this is almost equal to "The third cat" that will become five years old soon.

生まれてから、まだ半年も経っていないはずなのに…
As for Boronyan, half a year has not passed yet since it was born either.

そんなぼろにゃんを待ち構えていた第一の試練は、まず目薬を点眼されて、目ヤニを取る事でした。
The first trial of Boronyan was a thing to take eye mucus by using the eye medicine.


目薬はイヤだにゃあ
The eyewash is unpleasant.


小さい頃から点眼されているので、それほど抵抗はしなかったですが、やっぱり嫌そうです(;^ω^)
Boronyan did not resist it, but after all seems to be unpleasant.

目ヤニがキレイに取れたら、次は聴診器による診察。
The next is the medical examination that used a stethoscope for.


いやにゃ、いやにゃ…
It is unpleasant, and it is unpleasant...


これは、何をされているのかわからないらしく、検診台からの脱出を試みていました。
Boronyan attempted the escape from the consultation seat.

診察が終わると、いよいよ三種混合ワクチンのお注射。
When the medical examination ends, the vaccination is finally received.

これは抵抗しても無駄だと悟ったのか、おとなしく打たれていましたね。
Boronyan obediently received the vaccination.

目ヤニの方は、どうやら慢性の結膜炎を患っているらしく、今後も症状がひどくなれば、点眼を続けていかないといけないようです。
Boronyan suffers from the chronic conjunctivitis. Therefore, it is necessary to keep applying eyewash.


今日は、なんだかひどい目にあったにゃ
I had a hard time today...


ま、でも他に心配な病気は無かったようだし、とりあえずは健康とのことで、よかった、よかった(´∀`)
However, besides, there is no bad disease, and Boronyan is healthy. It was good.

コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 銀海遺構のボスを倒せ! | トップ | 続・未踏破と書いて「あまり... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふぉr)
2007-09-05 22:02:03
チケット7枚じゃなくて5枚になるだけなんじゃないかな?w(カウンターで4枚+プレイヤー1枚)
Unknown (クロボン)
2007-09-05 22:44:28
>ふぉrさん

あれ、4枚保持っていうのは、カウンターで4枚っていう意味だったんですか?
所持ではなく、保持だったんですね(´・ω・`)
とりあえず、その部分の記述は削除させていただきました。
ご指摘、ありがとうございます_(._.)_
Unknown (ゼノラー)
2007-09-06 12:08:46
いいのう補給作戦クリアしたのか。
ゼノラーは中尉アサルト以外だと1等補給とイルルシ
掃海、軍曹のアプカル捕獲と補給物資奪回が残ってる
んだよー。

特に軍曹の2つは実装された当時に行って失敗して
二度といかないと決めてたんですが。

空きがあったら呼んでね。黒しかできません。サポシ
もできませんw。


Unknown (クロボン)
2007-09-11 00:33:41
>ゼノラーさん

ボクがアサルトに行く時は、大概サルベージの後なので、なかなか空きは難しいですが…
お声をかけていただいた時に、自分の認識票があれば、いつでも行きますよ。
またタルタル隊で行きましょう(´∀`)ノ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

FFXI」カテゴリの最新記事