クロボン日記

野良タル黒魔('Д' )のFF11・ヴァナ・ディールとことこ旅歩記(たびあるき)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハロウィンの魔女の帽子

2007年10月27日 19時30分16秒 | FFXI
ソロで参加できるハロウィンイベント『闇百合の魔女<追憶編>』に行ってきました('Д')ノ
Halloween event:『The Dark Lilies』


先ずは、ご無沙汰しています(;´Д`)ヾ

ここのところ忙しいのと風邪具合がよろしくないのとで、すっかり更新が滞ってしまいました、すみませんm(_ _)m

そんな中、今開催中のハロウィンイベント(~11月1日(木)17:00頃まで開催)に、ちょろっと参加してきました(´ー`)

目的は、伝説の魔女の帽子…【ウィッチハット】。

【ウィッチハット】:防1 Lv1~ All Jobs

まぁ性能的には何のこともありませんが、見た目がいかにも魔法使いの帽子という感じなので、魔道士を生業(なりわい)とする者としては、是非とも一度はかぶってみたいと思ったわけです(`・ω・´)

開催の舞台は、いつものように3国(北サンド、バス商業区、ウィン水の区)で、先ずは各地に駐在しているエクソシストNPCからオファーを受けます。

各国のエクソシストNPC
・北サンドリア(D-8) Gertrude :ロンフォールへの出口付近
・バストゥーク商業区(G-8) Brian :噴水前
・ウィンダス水の区(F-5) Roger :サルタバルタへの出口付近


ボクは、郷里のウィンダスを選びましたので、水の区のRogerからオファーを受けました。


Rogerは、ヒゲのおじさん
I receive a request of the investigation from an exorcist NPC(Roger) in Windurst Waters.


今回、エクソシストより依頼されたのは、街をさまよう"闇百合の魔女"の幽霊についての調査です。

闇百合の魔女についての詳しい事は、公式のトピックス「Dark Lilies -闇百合の魔女- <追憶編>」をご覧ください。

まぁ調査といっても、魔女の幽霊を見つけて、コッソリ後をつけるだけなのですが…

先ずは、同じ水の区内でモンスター(骨、お化け、シャドーなど)に変装しているNPCにお菓子をトレードして、自分もモンスターに変装します。

今回は、手元にあった【メロンパイ】【ジンジャークッキー】【ゴブリンチョコ】を使いました。

そして、調査の対象となる魔女の幽霊(最初は、ミスラのビコ・ロンポッテ(Bikho Ronpotteh))を見つけて、彼女に見つからないよう、前に出ないようにして、コッソリ後をつけます。

ビコ・ロンポッテは、半透明な姿で、「目の院」辺りをウロウロさまよっています。


ボクは、亀獣人に変身
I transformed myself into Quadav.


なんでも、モンスターに変身していれば、後をつけていても、闇の住人同士あまり気にされないのだとか。

ただし、うっかり魔女幽霊の前に出て見つかってしまうと、見破られて変身が解けてしまうので、細心の注意が必要です。


とにかく見つからないように…
I followed her not to be found by the ghost of the witch.


モンスターに変身して、魔女幽霊の後につくと、「魔女の列に加わった…」というメッセージがログに流れるので、そこから調査開始。

以降…

「すぐに戻るわけにはいかなそうだ…」
「まだまだ並びつづける必要がありそうだ…」
「まだ先は長そうだ…」


…などといったメッセージが、一定時間ごとに流れます。


お菓子職人が、道端でお菓子をバザーしていた
A sweets craftsman held a bazaar by the roadside.


そうやって最後に、「もう戻って報告してもいいだろう…」というメッセージが流れたら、調査終了。

最初にオファーを受けたエクソシストNPCに報告すれば、【ウィッチハット】がもらえます。


いやっほ~い! 簡単だったねヽ(´ー`)ノ
I easily obtained Witch Hat unexpectedly.


ただし、敵…魔女もさる者で、時々立ち止まっては、その場でゆっくりと回転しながら辺りを見回してくるので、油断は出来ません。

しかし万が一見つかってしまったとしても、再度変身して後につければ、また続きから再開出来ますので、焦らず慎重に後をつけましょう。


しかしボクは、更に上の帽子が欲しい…
However, it is Coven Hat of HQ to really want me.


上の帽子とは、HQの【コヴンハット】の事です。

見た目は同じですが、性能が多少違います。

【コヴンハット】:防2 潜在能力:HP+3% MP+3% Lv1~ All Jobs ※潜在発動条件:Lv 奇数:HP+3%、偶数:MP+3%

ボクの場合はLv75なので、HPが3%増えるのみですが…まぁ何事も、多少のオマケが付いていた方が、幸せになれるというものです(´ー`)

ヴァナ時間の日付が変わるのを待ってから、再度エクソシストNPCからオファーを受けることにしました。


今度は屍犬に変身だ
I transformed myself into Hound this time.


【コヴンハット】のオファーを受けるためには、【ウィッチハット】を装備した状態で、NPCに話しかけてください。

また最初の時とは、調査対象の魔女幽霊も違いますので注意してください。


今度の調査対象は、タル魔女グワナナ(Guwanana)
This investigation object is a Tarutaru witch (Guwanana).


グワナナは、水の区南の「鼻の院」辺りをウロウロさまよっています。

それにしてもタル魔女は、半透明な上に小さいものですから、後ろだか前だかわかり難い…

更に警戒心が強いらしく、橋の上で回転されたりすると、狭くて動き辛い事もあって、かなり際(きわ)どい状態になります(´・ω・`)


ああ…見つかってしまいそう…(U ´Å`)
Because a body was long, Hound was hard to move and has been found by a witch.


案の定、橋の上でもたもた動いているうちに、見つかってしまいました…Orz

屍犬は体が長いので、尾行には不利のようです。

変身し直して、再度挑戦!(`・ω・´)


やっぱり二本足の方が、動きやすい
I transformed myself into Quadav again and challenged it again.


今度は、うまくいきましたヽ(´ー`)ノ

こうして無事に、【コヴンハット】もGET。

でも、このイベントの特典は、こればかりではありません。

3国にあるイベントの特設店では、ハロウィンにちなんだ調度品を買う事が出来るようになります。

各国の特設店
・北サンドリア(D-8)
・バストゥーク港(L-8)
・ウィンダス水の区(G-10)


先ず、【ウィッチハット】をかぶって特設店へ行くと、それぞれの国の様式に応じた飾り提灯を売ってもらえます。

・サンドリア:【パンプキンランタン】
・バストゥーク:【ボムランタン】
・ウィンダス:【マンドラゴランタン】
性能はどれも共通…<属性:火 収納数:1>


価格は、どれも10000ギル。

ちなみに【コヴンハット】をかぶっていけば、3国全部の飾り提灯を売ってもらえるようになります。


ボクは、ウィンとバスの飾り提灯を購入
I got Coven Hat and purchased the lantern of the Halloween.


早速部屋に飾ってみましたが、なかなかいい感じです。


それにしても、2年ぶりにハロウィンイベントに参加してみましたが…

ウィンダスでは、週末だというのに、閑散として寂しい雰囲気でした(´ω`)

数年前、ハロウィンイベントが初めて導入された頃は、とても賑わっていたんですけどね。

毎年、代わり映えのしない内容だということもあるのでしょうが、それ以上に新規で入ってくる人が少なくなっているという事なのでしょう。

ヴァナ・ディールは、確実に老成に向かっているようです。

次の拡張ディスク『アルタナの神兵』で、また賑わってくれると嬉しいんですけどねぇ…

現実は、なかなか厳しそうです(´・ω・`)

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 蛙(かわず)姫の伝説 | トップ | 緊急告知! »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

FFXI」カテゴリの最新記事