ひたきのつぶやき(8年ぶりの再開)

山野草、樹木、虫、鳥、魚 などなど 身近な自然についてのつぶやきです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

巣で動くもの ブドウハマキチョッキリ (他エビヅル害虫)

2005-07-04 13:50:22 | 巣で動くもの

落とし文(オトシブミ)なんて、優雅な名前の科に属します(葉っぱを丸めて落とすから、そんな名前のようです)。でも、クロの庭を暴走するエビヅルにつくこやつは大敵です。葉っぱをご覧のように、食害し、丸めて幼虫の巣(こいつはオトシブミのように下に落としません)にしたりします。オイ、蜘蛛君、見張りばかりでなくて、ちょっとは退治してくれよ。綺麗なまま残った葉は、秋にそれなりに(ヤマブドウほどではないにしても)紅葉してくれるのですが、毎年、無残な姿になってます。秋のおいしい実を当てにしているので、あまり農薬も使いたくないし、困った困った。分けのわかんない見るからに害虫ぽいものも(左下)もくっついてるし。以前紹介したアカガネサルハムシ(下)も健在です。ブドウの害虫とわかってから、注意してみるようになったら、いるわ、いるわ。あんまりすごいと、薬かけちゃうぞ。どうして、ブドウの仲間ってこんなに害虫多いんだろう?葉っぱが美味なんだろうか?

以前の紹介記事はこちら
コメント (3)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 巣の実り フタリシズカ | トップ | 巣の実り エビヅル »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オトシブミの揺籃 (ぴょんぴょん)
2005-07-04 14:48:44
腐るほど草木のある鄙びた温泉場のあるような山奥で、これを見つけたというのなら、風流でしょうが、都会の家の庭でこれを落とされても嬉しくありませんね。そのため、わが家では、蜘蛛君、蟷螂君、蜥蜴君などの眷属も大いに可愛がっています。
害虫 (春ちゃん@和歌山)
2005-07-04 17:19:39
害虫といえば、マツムシソウの茎に大きな穴を開け、そこに卵を産みつけたやつ!!カキランの蕾を全滅にしたやつ…許せん!!

ナスの葉を穴だらけにするカナブンの仲間、これはまだ大目に見よう。

ところで、

>見るからに害虫ぽいものも(左下)

この虫はアブラムシ(アリマキ)の天敵!!てんとう虫さんの幼虫ですぞ!!

といっても、てんとう虫さんにも色々あって、星の多いやつはナスなどの葉をせっせと食い漁る害虫だ!!

テントウムシですか (クロ)
2005-07-04 18:04:48
春ちゃん、どーも。

テントウムシなら、20星じゃなければ、歓迎です。

ウーン、頑張ってアブラムシ食べてほしい。

コメントを投稿

巣で動くもの」カテゴリの最新記事