猿の愛

日々是好日

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ベランダごとのドラマ

2008-05-24 19:21:11 | Weblog
今日はベランダにタイルを敷き詰めました。
朝タイルが48シート届き、まずは仮置き。
位置が決まったらシートをつなぎ合わせながら敷き詰めます。
テーブルとチェアを置いて完成。
所要時間は約1時間。
完成を祝してビールで乾杯。
ベランダで食事をしたり、ガーデニングしたりと楽しみがふくらみます。
保水性のあるタイルなので水撒きもできます。
夏が楽しみ。
写真はその様子。
お隣さんのマンションも32階くらいまで完成しているようです。
400世帯以上のタワーマンションが5本隣接いるということは、
2000以上のベランダがあるということ。
ビールを飲みながらそれらのベランダを想像すると、
それぞれの世帯のドラマを感じられるようです。
コメント

SHEILA E

2008-05-05 18:55:22 | Weblog
先日妻を誘いブルーノートに行きました。
いい席を確保しようと張り切って3時に整理券を取りに行くと、
「受付は5時30分からで、整理券制度はなくなり、
ボックス席は一人3000円追加です」
と言われてしまいました。
いつも一番の整理券を取ってボックス席を確保していたのに残念。
再度5時30分に出直して妻が来るまでマッカランを飲みながらくつろぐ。
今回のアーティストは「SHEILA E」。
SHEILA Eのオフィシャルサイト
ダンサブルなパーカッションやドラムで
とても楽しい夜になりました。
コメント

32の時間感覚

2008-05-02 11:42:31 | Weblog
先日32歳の誕生日を迎えました。
写真は妻が準備した手作りのハンバーグ、EOSのワイン、ケーキ。
プレゼントはエルメスの靴ベラです。
ワインはタンニンは多く感じないのに重量感があり、
バランスもよいのでつまみ無しでも楽しめそうです。
(一緒に表参道ヒルズのビスティーズで試飲して美味しかったのを覚えていたようです。)
”初めて”の香りや味に出会ったときの感動、だからワインは止められません。
ハンバーグは手作りならではの大きさながら、
ソースがワインの芳醇さとトマトの酸味で食欲をそそり、
あっというまに平らげてしまいました。

「31歳はとても短く感じた」と書こうとしてキーボードを打つ手が止まりました。
本当にそうか・・・
思ったよりは長かったような。
楽しいことや変化が多く、時間が短く感じられる要素がある一方で
診断士試験、結婚、引越し等などいろいろことを思い出すと大きな時間の経過を感じます。

時間感覚変化のメカニズムには諸説あるようです。

1.記憶するべきことが多いほど、過去の時間を長かったと感じる
2.1年を年齢で割った時間に感じる。つまり年齢によって1年の重みが違う。
3.楽しいことは短く感じられるなど、心理的な時間は一定ではない。

山口大学時間学研究所の井上教授はL25で
「両耳の奥にある海馬は、記憶を司る器官。ここを損傷すると、時間の感覚や記憶を失います。この海馬が『記憶する』と判断した回数が多いほど、人は過去を振り返って時間を長かったと感じるんです。子どものころは未体験の事柄に直面する機会が多く、より頻繁に海馬が働くため、1年を長く感じるのです」
と言っています。

確かに、診断士に関わる多くの人との新たな出会い、結婚等の初めての体験、引越しによる生活環境の変化と新たな体験が多かった1年でした。
そのため感覚的時間が思ったより長く感じられたのかもしれません。

歳を重ねると経験豊富になる分、未体験の事柄に直面する機会が少なくなります。
しかし、夢や目標をもって新たなことにチャレンジし、
好奇心をもって新たなものに触れ感受性を磨いたり、
新たな情報へのアンテナを高く保つようにすれば、
これからも多くの初体験を得られるはずです。

33歳の誕生日に32歳は長かったと感じられるようできればと思います。
コメント