猿の愛

日々是好日

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

帰省

2006-05-29 22:52:42 | Weblog
週末、親にチヨを会わせるために実家に帰りました。
たまに野生のキジがうろついているような庭。
リビングから外を見ると家が一軒も無い眺め。
湯船につかりながら窓の外を見ると満天の星空。
そんなのどかなところにある実家に帰りました。
夕食はバーベキュー、その場で庭になっているアスパラを折ってきて焼いたら激ウマ。
写真は小さい頃何度も行った群馬サファリのロバ。
小さい頃、祖父に「畑(サファリの近く)に行こう」と言って畑に着くと
「ここまで来たのだからサファリに行こう」と連れていってもらったサファリ。
このあからさまな罠に祖父は笑顔で数え切れないほどだまされてくれたそうです。
そんな可愛がってくれた祖父に、もうチヨを会わせることができない。
また後悔しないように、両親には早く孝行しなければ。
小さいとき母宛てに書いた手紙をうれしそうにチヨに見せる母を見てそう思う。
コメント (1)

緊張の訪問

2006-05-20 20:57:54 | Weblog
明日はついにチヨの親に結婚を認めてもらうための挨拶訪問、緊張。
あらためて、結婚とは何か、どんな家庭にしたいのか、そのためにはどうしたらいいのかetc考えながら、表参道ヒルズで明日もっていくお酒(磯自慢のエメラルド)を購入。一升瓶ではなく720mL、失礼にあたらないのか?、切り出しのタイミングはいつか、どんな質問がくりだされてくるのか、髪少し伸びたけど大丈夫か、落ち着かない。
前回訪問時に貧相に見え健康を心配されたので、高カロリー食事摂取したけど効果なし。今日最終日はカラ揚げとビールでラストスパート。
コメント (7)

アキちゃん壮行会案内

2006-05-18 20:01:59 | Weblog
アキちゃん壮行会の案内です。
日時:2006年5月31日PM8-
店名:Insomnia Lounge Ginza
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-15 西五ビルB1
電話:03-5568-5112
料理内容:
>冷製旬野菜のラタトゥーユ・クラコット添え
>小海老と青森産トマトのアボガドシーザーサラダ
>筍とミートボールのビーンズ煮込み
>鮪と新じゃがフライ・TERIYAKIソース
>牛肩肉のローストと野菜のエチュベ添え
>南瓜とスモークチキンのクリームソースニョッキ
>デザート
+飲み放題

コメント (8)

むーびー

2006-05-18 00:53:56 | Weblog
最近の鑑賞映画。
「インハーシューズ」、「春の雪」、「ランド・オブ・プレンティ」、「旅するジーンズと16歳の夏」(その他忘れた、歳?)
なかでも「ランド・オブ・プレンティ」、「旅するジーンズと16歳の夏」がよかった。共通するのはリアル・美・深さ。
巨匠ヴィムベンダースの「ランド・オブ・プレンティ」、
ヴィムベンダースにしては(初めて?)思ったより政治的なメッセージが強い映画にびっくりする。
アメリカへの憂いがよく伝わってくる、まるでドキュメンタリーを見ているようだった。いつもながら映像は美しい。映画の質と予算は比例しないことがよくわかる。
「旅するジーンズと16歳の夏」、
ベストセラーの映画化、少女の悩みをリアルの描いている。
美しいブルーの海と空と白い壁、ギリシャの美しさに息を飲む。
お気に入りはリーナ役のアレクシス・ブルーデル。

コメント

KARUIZAWA

2006-05-18 00:22:49 | Weblog
先日の軽井沢旅行。
運転竹(ご苦労様)、ナナちゃんの別荘、そしてチヨ。
朝起きて別荘の周りを散歩すると、新緑の中、小鳥のさえずり、湖、小川、リス、そよ風、サイコーです。
軒下にいたのはネズミ?、てんとう虫大繁殖?、リストランテの悪夢などなど。
いろいろあったけどまた行きたいな。
コメント

風邪

2006-05-12 17:47:45 | Weblog
チャオ。 (タケ) 2006-05-10 14:25:50
風邪ひいた…。熱はそんなにないけどのどが痛い。なんだか流行っているみたいなんでみなさんお身体お大事に!
チャオ。 (タケ) 2006-05-12 16:14:53
やっと風邪が治りそう!気づくと1週間やられてた。疲労もあったかもしれないけど回復力が落ちてるのは年のせいなのか!?会社の中でも俺と同じような症状な人たちがちらほら。俺の風邪が飛び火したようです。
コメント

モンドヴィーノ

2006-05-09 00:30:44 | Weblog
「モンドヴィーノ」を観ました(もちろんお供のお酒はワイン)。
好きなワインはオーパスワン、ムートン・ロートシルトのいろんなラベルを揃えたい・・・。
なんて、さっきまでそんなことしか考えていなかった。
この映画を観ると明日選ぶワインが変わりますよ。
ロラン、パーカー、そしてモンダヴィ一族、グローバル化、成功、そして悪意無き欺瞞・・・。
映画の趣旨と少しずれるけど。
合理的行動がかならずしも正しいことに帰結するとは限らない。
売り上げ、利益、シェア、成長、これら経営目標を達成するため、
競争優位性を築き、適切なマーケンティングミックスを実践する。
皆ががんばり経済が活発化し経済的繁栄し、そして豊か?に。
それが悪いとは言わないけど、正しい方向だとも思えない。
多くのワインが誰かさんの好みにあうように画一化され、
拝金主義に成り下がり、
オーパスワンの畑では安い賃金でメキシコ人が働かされ。
弱者の戯言?
そして教養の無い弱者はまた経営コンサルのお勉強。
※そういえば、肉離れした腿が高級ワイン色に。
コメント

エリザベスタウン、イントゥザブルー

2006-05-07 12:57:15 | Weblog
エリザベスタウンとイントゥザブルーを観ました。
エリザベスタウンは後半飽きてしまった、オーランドブルームファンやクリステンファン以外にはオススメしないです。キルステンはキュートでした、行動に引いてしまう男性もいるかもしれないけど。
イントゥザブルーは海がキレイだったなあくらいの感想、アドベンチャーというよりドラック闘争でした。ジェシカアルバのド迫力ボディーといったシーンは以外にすくなく善からぬ期待はしないように。
コメント

USB

2006-05-06 10:51:32 | Weblog
チャオ。 (タケ) 2006-05-05 23:27:34
誰かいます?最近パソコンのUSBが全く機能しなくなってしまいました。updateをほとんどしてないからかな?会社のPCも最近マウスが機能しなくなるんだよね。1回USBをぶち抜いて差し直すと動くんだけど。うちのPCのUSBは全て駄目です…。Windowsでなんか重要な更新あり??誰か同じような人いる?
コメント (2)

シェ松尾

2006-05-04 09:06:20 | Weblog
チヨと式場下見回り。
というか試食巡り。
エノテーカピンキオーリに続き、シェ松尾。
ここも食事はおいしかった。
フルコースでデザート&チーズビュッフェ付き、ワイン等飲み放題。
ほろ酔いで点数アップ。
写真は「和牛サーロインのロースト塩釜仕立て ベルシーソース西洋ワサビ風味」
コメント (3)

プロデューサーズ

2006-05-03 10:59:51 | Weblog
いまだミュージカルを観たことがない黒澤です。
プロヂューサーズ、すごく楽しそう、最高のコケッぷりを観てみたい。
観た人は感想をお願い。

プロデューサーズ


コメント (6)

タケの叫びGW編

2006-05-03 10:50:15 | Weblog
チャオ。 (タケ) 2006-05-03 09:24:33
GW後半の初日。絶好の行楽日和だね!これだけ天気が良いと逃亡して新宿御苑あたりでスタバのコーヒー片手に読書と昼寝といきたいけど悲しいかなそんな人達を横目に今日も仕事…。せめてこの猿の愛を見ている人達が素敵なGWを過ごせるよう願いを込めて!渋滞と人ごみにはまってしまえ~と密かに祈りつつ…。
『プロデューサーズ』観に行きたい!!!
コメント (3)

ガルブレイス死去

2006-05-03 10:47:46 | Weblog
以前紹介した「悪意なき欺瞞」の著者ジョン・K・ガルブレイスが先月二十九日死去した。ガルブレイスはアメリカのリベラル派を代表する経済学者で、新古典派を批判し続けてきた。ドラッカーが昨年十一月に死去し、立て続けにひとつの時代をつくった学者が去ってしまった感がある。世の中が一方向に流れた時に、その危うさに警鐘を鳴らせ、経済の変化が、効率と公正の観点から望ましいのか否かを示せる、ガルブレイスに代わる学者の登場が待たれる。
コメント

楽園の真実

2006-05-02 23:44:58 | Weblog
「ジャマイカ楽園の真実」を観ました(もちろんおとものお酒はRUM)。
楽園の真実は、カリブの楽園ような明るい面だけではない・・・
イギリスから独立したジャマイカがIMFと世界銀行から経済立て直しのために借金をし、その返済で苦しみ続けている。
ジャマイカの悲痛な叫びがレゲイミュージックとともに胸に突き刺さる、
貧しき人々を脅かすバビロンシステム、先進国主導のグローバリゼーションについてあらためて考えさせられる映画だった。
RUMやバナナ等の安いお店を見つけて喜び、新婚旅行は楽園カリブで・・・
自分が恥ずかしくなった。

ジャマイカ楽園の真実
コメント   トラックバック (2)

鬼の爪

2006-05-02 23:07:03 | Weblog
山田洋次監督の「隠し剣鬼の爪」を観ました。
信念に生きる人、愛に生きる人、
「たそがれ清兵衛」を観た後では新鮮味に欠けるところはあるけど
さすが山田洋次監督、またいい日本映画です。

たそがれ清兵衛

鬼の爪
コメント