ビスクドール・雛人形店・五月人形 佐久市 ヤナギダ店長ブログ

明治28年創業で,ブリュ・ジュモー64体他お節句雛人形をフランスへ輸出123年、軽井沢方面がお店の場所。

"日本一の下足番]"ブリュー・ミュージアム 軽井沢/佐久:ヤナギダ店長コラム

2016年02月23日 05時51分34秒 | owarai
【コラム:】
下足番を命じられたら、
日本一の下足番になってみろ。
そうしたら、
誰も君を下足番にしておかぬ。
  小林一三

この言葉が好きだ。
もちろん、身分制度のある
戦国時代の豊臣秀吉のことだ。

下足番を「使い走り」や「電話
番号」に置き換えて読めば、
わかりやすいだろう。

たとえ雑用でも、努力や創意工
夫を惜しんではならない。

一生懸命にまい進していれば、
いずれ道は開ける。

商社時代、小売店200店舗の管
理を手伝ったとき、朝、新入社員
が知らないおじさんが雨の中を
ほうきで掃いていると報告してき
た、

それを聞いた総本店の店長が一瞬
青ざめて、ドシャブリの中、傘も
ささずにスーツ姿で、「社長、
スミマセン、私がやります」と
懸命に掃除をした。

その社長は、会長になってからも
毎日、お菓子の差し入れを各お店
に回りながらするのが有名だった。


会長が生きている限りお店は潰れ
ないと・・・。

話は戻るが、
小林一三は、阪急東宝グループを
一代で築いた稀代の財界人である。

鉄道、ホテル、デパート、不動産、
電力会社など、さまざまな事業を
手がけ、「今太閤」とまで称された
小林はしかし、

顧客へのきめ細やかな配慮を終生
忘れることがなかった。

一流の方々のそれとなりを噛みし
めるばかりです
野沢93番地十二町
ぴんころ地蔵通側
~柳田二助商店~
℡0267-62-0220

『創業121年』
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 「春隣 はるとなり」ブリュ... | トップ | 「人間の内臓は五千年前のま... »
最近の画像もっと見る

owarai」カテゴリの最新記事