ビスクドール・雛人形店・五月人形 佐久市 ヤナギダ店長ブログ

明治28年創業で,ブリュ・ジュモー64体他お節句雛人形をフランスへ輸出123年、軽井沢方面がお店の場所。

「ひと花さかせる前の”努力色”」

2018年10月21日 04時33分02秒 | owarai
草木染をしている志村ふくみ
さんは、「植物が花を咲かせる
ために、根幹にしっかりと養
分を蓄えて開花の時期を待つ
とき、

その蕾と枝をともに炊き出し
て染めると、得も言われない
初々しい、その植物の清かと
思われる色に染まると」と
語る。

その時期を逸すると駄目とか。
一月半ばの真珠粒のような蕾
がびっしりついた梅の新芽を
炊いて糸を染めると、

渋い黄みのある紅色が、古木
を燃やしてつくった灰汁(あく)の
中でボーッと赤みを帯び、
初々しい紅色に生まれ変わる。

桃の場合は、やはり桃の精としか
言いようのない、なんとも清雅な
桃色に染る。

葡萄は炊いて二日ほどつけ込んで
おくと、液はすっかりワイン色
になり、甘い香りがする。
そして、胸にときめくような
色に染るという。

桜についても同じことを聞いた
ことがあります。植物は自分を
最も華やかに飾る準備を私たち
の目に見える前に整えている
わけです。
私たち人間も、自分を輝いて
見せるようにするためには、
その前の鍛錬が欠かせません。

何事も、華やかな裏にある長い
目に見えない努力を見たいもの
です。



YouTube
RADWIMPS/なんでもないや(映画『君の名は。』主題歌)cover by 宇野悠人

https://www.youtube.com/watch?v=EeRwJsjyoZs
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 放念を、「悲しい疑問」 | トップ | 「人間の魅力」 »
最近の画像もっと見る

owarai」カテゴリの最新記事