ビスクドール・雛人形店・五月人形 佐久市 ヤナギダ店長ブログ

明治28年創業で,ブリュ・ジュモー64体他お節句雛人形をフランスへ輸出123年、軽井沢方面がお店の場所。

お茶と寿司

2018年11月16日 09時04分12秒 | owarai
【コラム:旨い握り寿司を
楽しむために、】

前に食べた握りの味と
脂、それに匂いをガリの
刺激で消して、

粉茶で作るうんと熱いア
ガリで口中を洗う。これが
江戸前の流儀という。

ぬるめに入れた方が旨い
煎茶は、味と香りがいいん
でいが、ぬるい温度そのも
のが、

かえって魚の生臭さを強調
しかねない。

アガリは熱くないといけま
せん。

だから鮨屋の小僧さんは、
お客さまがアガリを飲むスピ
ードに気を配って、

湯呑が空になりそうになった
らば、直に入れ換えに行く。

普通のお茶っ葉を使うと時間
がかかるし、新茶や玉露を入
れても旨くも何ともありません。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 人間になれるかな。 | トップ | :明かりの違いで女のコが生... »
最近の画像もっと見る

owarai」カテゴリの最新記事