かっちゃんのクマと仲良し

クリス院長のブログ

お盆休み

2018年08月13日 | 日記
お盆休みに入り、ちょっとゆったりしてます。
日頃の気になっているお掃除もできました。
でもネクちゃんは邪魔をしながら、静かになったと思ったら頂いた果物の箱の中でキッチリと気持ちよく梱包されてます。

日曜日は少しの時間ドライブして多分いっぱいだろうと予想しながらの環水公園スタバへ。
ラッキーな事に駐車も一台出たところへ入り、お店も10分待ちで。
待ってる間に気に入った白のタンブラーを見つけて購入し、注文のゆずシトラスティをその中へ。
私のスタバタンブラーは三本になりました。
保温保冷抜群なので、重宝使い分けしてます。

今日は早朝墓まいり。伏木から櫛田、その後串田の塚田家へと回って一年ぶりのお参りしました。
帰りはコメダ珈琲で朝食して満足の「お盆イベント」でした。

富山市保育研究部会

2018年08月08日 | 日記
7日午後、富山市総合体育館研修室に於いて、
2歳児部会の保育士さん45名が参加されました。富山市の保育所から一人から二人の参加で初めてお会いする方も多く、ご挨拶の時は皆さん何が始まるんだろう?と硬い表情。
まずは参加した皆さんのコミュニケーションから始め、みんなが笑顔になったところで、リトミックってなぁに?「リトミックで育つ感性」についての講義を 入れながら、現場ですぐに使う内容を実践。受けるだけでは身にならないので、受講者の先生達を2歳児に見立てての模擬レッスンを、ドンドンやって頂きました。
たくさんの項目の中で、先ずはこれなら直ぐに出来そうと思った事を、忘れない内に実践するのが一番です。明日直ぐに子どもたちの前でやってみて下さいね、とお約束して終わりました。

こどものためのピアノフェスティバル2018

2018年08月06日 | 日記
それぞれの支部予選で入賞した子どもたちが、この日のために頑張って来たファイナルが、今年は福井県の県民ホール〔AOSS A)で開催されました。私は朝6時に出て車で、他の講師はチャーターバスでセンター発7時半出発。一部は小学生A部門 B部門 C部門と中学生 高校生部門に分かれ、富山支部からは13名が出場しました。そして今年は皆さん頑張って下さり、入賞者が8名。残念ながら入賞できなかった皆さんも難しい曲をよく頑張って演奏してくれました。
審査員の講評も、皆さんの演奏は 甲乙付け難く、審査に頭を悩ます状態だったとの事でした。

二部では審査もして下さった福井市出身でドイツ在住のピアニスト山本純子ピアノコンサート」があり、更にここで、ステキな癒しの音色と子どもたちに学びの時間を頂きました。
ご家族の皆さんも長い間応援下さり有難うございました。
「最優秀賞」小学生A部門 北林来幸
小学生B部門 向山笑顔
「優秀賞」 小学生C部門 向山素直
「特別賞」 小学生A部門 田中彩陽
小学生B部門 立野井希佳
小学生C部門 山崎野々花・筏井渚月
中学生部門 高橋鴻介
おめでとうございます。

高岡子育て支援センター

2018年08月05日 | 日記
8月4日土曜日。
子育て支援センター高岡から依頼のミュージック・ワークショップですが、今年4年目になります。今回は時期が秋から夏休みに変わり、しかも七夕まつり、納涼祭、花火大会の日でもあり、予定人数が下回りましたが、来て下さった親子24組の皆さんは、「フィンガータップに挑戦!」をテーマでたくさんのアイデアを出し、ステキな手袋を作っていました。
マイ手袋が出来たところで、リズム遊びやリトミックに挑戦。初めてのお子さんもリズムステップや、基礎リズムの即時反応も上手で、楽しんで下さってました。最後は3グループに分けて「南の島のハメハメハ大王」の曲に合わせて歌いながらリズムアンサンブルをして終わりました。

富山市保育士研究0.1歳部会研修会

2018年08月03日 | 日記
富山市保育研究部会からの要請で「0.1歳児の音楽あそび」をテーマの研修会講師として、子育て支援活動のベテラン藤井先生と一緒に会場の婦中ふれあい館へ伺いました。

相変わらず暑さ厳しい日でしたが、富山市の保育所63カ所から70名の保育士の方が参加され、保育の中ですぐに出来る内容を、熱心にメモを取りながら受講されました。
実践でも0.1歳の子どもたちと出来る内容を沢山ご紹介しましたので、翌日からひとつでも子ども達におろせるよう参考になったら、と思います。