声明カウンセラー 釋 真聴 《日乗》

チマタの声明カウンセラー・釋真聴の《日乗》。
『親鸞和讃』をご一緒にうたいましょう。



『仏説無量寿経』を読誦します。

2019年01月08日 11時05分06秒 | 『歎異抄』うたと語りあいIn願海庵

明日から、毎週一回、水曜日の夜(6時30分~8時30分)開催の、
願海庵の学習会がスタートします。

昨年の前半は、『仏説阿弥陀経』。
後半は、『仏説無量寿経』(昭和法要式)を読誦してきました。
新年からは、『仏説無量寿経』の上巻と下巻を拝読します。
普通の速度で読誦しますと、おおよそ2時間位でしょうか!

最近では、『仏説無量寿経』の講演・学習会、書籍の発行等はありますが、
(読誦)を大事にしていない気がします。

仏道は、頭(分別)ではなく、行(読誦)でしょう!

親鸞さまは、『懸浄土真実教行証文類・教巻』の最初で、
「それ、真実の教を顕さば、すなわち『大無量寿経』これなり」
と宣べられています。

このお言葉をいただいたならば、
生きているうちに、『大無量寿経』の拝読をしたくなるというものですヨ。(笑)

マア、晩学のボクですが、
親鸞さまも慶んでくださるでしょう。

ご一緒に、『仏説無量寿経』の拝読をしましょう!

付け足しですが、
昨今の現代人は、読経・念仏…と聞きますと、
(通夜・葬式・法事・お寺)を連想します。
中には、(縁起が悪い)等と、おバカな発言をする輩に接します。
チョット考えれば分かりますようネー!
世尊、お釈迦様に対して、失礼・申し訳ないでしょう。(笑)

読経も念仏も、ニコニコですヨ!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 親鸞『高僧和讃』のノート作り | トップ | 読経&お念仏は… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

『歎異抄』うたと語りあいIn願海庵」カテゴリの最新記事