Thursday Groove

FM上越 本放送・毎週木曜日(21時~22時)再放送・毎週日曜日(22時~23時)の音楽番組のプレイリストです。

Thursday Groove 2015年02月26日 プレイリスト(第282回)

2015-02-26 22:00:00 | 音楽



M-01 Mino Cinelu, Kevin Eubanks & Dave Holland / Seven Rings / World Trio  



M-02 Gov't Mule featuring John Scofield / Sco-Mule /  Sco-Mule  



M-03 Jeff Ballard Trio / Western Wren (A Bird Call) / Time's Tales



 M-04 José James / Tenderly / Yesterday I Had the Blues



M-05 Punch Brothers /Tumbling Tumbleweeds
M-06  Rhiannon Giddens / Waterboy
 / Another Day, Another Time: Celebrating the Music of "Inside Llewyn Davis"



M-07  Rhiannon Giddens / Black is The colour /  Tomorrow Is My Turn


M-08 Sylvester "Sly Stone" Stewart featuring Little Sister / Stanga / I'm Just Like You: Sly's Stone Flower 1969-70



M-09 Lesley Gore / You Don't Own Me / 20th Century Masters - The Millennium Collection: The Best of Lesley Gore
R.I.P.  Lesley Gore
 



M-10 In the Country / Have A Little Faith in Me / Jazz at Berlin Philharmonic II - Norwegian Woods
 


Thursday Groove 2015年02月19日 プレイリスト(第281回)

2015-02-19 22:00:00 | 音楽

ゲスト:渡邊良弘さん



くれないキング                                            渡邊良弘さん               

本日は渡邊良弘さんの選曲でお送りします。



M-01 Jackson Browne/ Leaving Winslow / Standing in the Breach 



M-02  Lucinda Williams/  Walk On / Down Where the Spirit Meets the Bone 



M-03 Richard Thompson / Uninhabited Man / Mock Tudor 



M-04 Bonnie Raitt / Dimming of the Day / Longing in Their Hearts 



M-05 The Waterboys / November Tale / Modern Blues 



M-06 Crosby, Stills & Nash / See the Changes / CSN  



M-07 Keith Jarrett / Country / My Song 



Thursday Groove 2015年02月12日 プレイリスト(第280回)

2015-02-12 22:00:00 | 音楽



M-01 Julie Fowlis / Puirt-à-Beul Set: Ribinnean Rìomhach [Beautiful Ribbons] / Gach Sgeul [Every Story]  



M-02 Harlem River Drive / Seeds of Life /  Harlem River Drive

  


M-03 Michael Franti & Spearhead / Stay Human (All the Freaky People) / Stay Human

 

M-04 Spanky & Our Gang / Lazy Day / Spanky's Greatest Hits



M-05 James Farm / Farms / City Folk

 

M-06 Ray Charles featuring Leela James / Compared to What / Genius & Friends 



M-07 Roberta Flack & Donny Hathaway / Be Real Black for Me / Roberta Flack & Donny Hathaway



 M-08 Punch Brothers / Magnet / The Phosphorescent Blues



M-09 Diana Krall / If I Take You Home Tonight / Wallflower



M-10 Bob Dylan / What'll I Do / Shadows in the Night



M-11 Frank Sinatra / Star Dust / The Best of Frank Sinatra

 


Thursday Groove 2015年02月05日 プレイリスト(第279回)

2015-02-05 22:00:00 | 音楽



M-01 Toots & the Maytals / Funky Kingston / Funky Kingston

  


M-02 Chuck Berry / You Can't Catch Me /  Best of Chuck Berry

  


M-03 The Rolling Stones / You Can't Catch Me / The Rolling Stones, Now! 



M-04 The Who / Boris the Spider / A Quick One



M-05 The Zombies / I Love You / The EP Collection

 

M-06 Ray Charles / Hit the Road Jack / Definitive Ray Charles 



M-07 George Harrison / Let It Down / All Things Must Pass



 M-08 In The Country / Laschia Ch'io Pianga / This Was The Pace Of My Heartbeat

 ノルウェー・サイレント映画 ”Markens Grøde”(「土の恵み」)にノルウェーのバンドIn the Countryがその場で演奏をつけるレアな上映ライヴ。トーキョーノーザンライツフェスティバル2015 参加公演

2015年2月8日(日)14:00 開場 14:30 開演   新宿 Pit Inn 
自由席  前売 4,000 円  当日 5,000 円  ドリンク込  入場時整理番号付

2015年2月10日(火)19:00 開場 19:30 開演  上越市 ラ・ソネ菓寮春日山店
自由席  前売 3,500 円  当日 4,000 円  ケーキ・ドリンク代別

[In the Country ノルウェー・グラミー賞(Spellemann賞)二部門同時ノミネート記念公演 2/9, 2/11 の詳細はこちらへ]

*サイレント映画は日本語字幕入り。
*In the Country はライヴのみ(映画を伴わない通常公演)の時とは異なる曲を演奏する。

In the Countryメンバー
Morten Qvenild - piano, keyboard 
Roger Arntzen - double bass 
Pål Hausken - drums 
専属音響エンジニア帯同

In the Country

「ジャズでないジャズ」
あらゆるジャンルを飛び越え、ある時は爽快な変則グルーヴの上に、
またある時はゆっくりとした静けさの海の中に

「わかりやすさ」をジャズ的地平に持ち込みながらも、怠惰で陳腐なお子様ポップ・ロックからは完全に自由。と思えば、「ノレル」ロック・スタイルのビートとハッとするメロディーラインはお手のもの。ピアノ・トリオの形態をとりながらも、いわゆるジャズ・トリオとは一線を画す。エレクトロニクスを隠し味に、アコースティックの繊細な衣を纏った、「矛盾なき二律背反」。唯一無二のノルウェー・ミュージックここにあり。

Morten Qvenild は Susanna & the Magical Orchestra のキーボード・プレイヤー。これまで Jaga Jazzist, Shining, The National Bank, Solveig Slettahjell (Slow Motion Quintet)でも活躍している。 Roger Arntzenは デュオのBallrogg、Shining のメンバーが参加するChrome Hill、またHåvard Stubø Trioでもベースを弾く。Pål HauskenはSusanna のバックを務めたこともあるが、最近では クルト・ヴァイルの音楽を演奏するバンド Music for a While でFarmers Market のStian Carstensen やJaga Jazzist のMathias Eick とともに活躍中だ。バンドは「2004年ベスト・ノルウェー・若手ジャズ・アーティスト賞」、「2012年第11回 インディペンデント・ミュージック賞 ヴィデオ・長編部門」受賞。2014年度ノルウェー・グラミー賞二部門ノミネート。



M-09 Sharon Jones & the Dap-Kings / Little Boys with Shiny Toys / DL only



M-10 Bettye LaVette / Complicated / Worthy
M-11 Bettye LaVette / Wait / Worthy 



M-12 Don Covay / Mercy Mercy / The Platinum Collection
R.I.P. Don Covay

M-06  ラジオネーム Tsumeさんのリクエストです。
M-07  ラジオネーム ニシザワチャンネルさんからのリクエストです。