きまぐれパラダイス

たどたどしい日常ですが

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NO車から納車へ

2014年06月13日 | 日記

いよいよ車のない生活からお別れですっ!

いくら代車があっても 借り物。

やはり自分の車でないと落ち着きません。

ようやく 待ちに待った 納車の運びと 合い成りましたで候~! (1カ月半ですが^^;)


なんとラッキーなことに? 

同じような乗り換えの古い軽自動車が掃き出されてきて

気の毒に思ってくれた社長さんが

2台まとめてお買い上げなら少し安くしてくれると言うので

やぶれかぶれで買ってしまいました~


モト助用のはブルーのekワゴン、私のは赤のラパンで~す^^

いずれも10年落ちですが このさい動けば恩の字ですっ


車屋のおじさんが言うことには

「古いですがまだまだ乗れますよ~。車検もたっぷりついてます(ek)

だそうで、ラパンに関しては

「もうじき車検が切れてしまいますが、まだ5万キロなのでまだまだ乗れますよ~

とのことです。


外側はきれいに磨いてくださるそうですが、内側は自分たちで掃除する約束でした(安くしてもらうんだからイイのです)


実際、モト助の車はキレイでした。

外側は。

で、内側は、というと これがひどく汚れています

シート全部に 大小様々の真黒なシミが水玉模様のように散らばっているではありませんか


いいえ、安くしてもらったんですっ お掃除がんばるぞっ!


というわけで 重層、セスキ、住宅用洗剤、色々試しましたが

一体 誰が 何を こんなに こぼしたのでしょうかっ?

長年染み付いてしまった汚れは なかなかとれなくて

何時間も何日もかけてようやく薄くなってきたのでした。


聞けば、この持ち主さんには ちょうど今年就職したばかりの息子さんがいて

10年前、お子さんが小学生だった頃から 女手ひとつで子育てをしてきた車だったようです。

このシミは 女の汗と涙の結晶というわけだったのですね。


オンナのシワにも歴史あり、ですからね。

車にも歴史があるんですよね。

これからはモト助が大切に乗らせていただきますね





さて、ラパンちゃんですが、事前にネットで調べたら にゃんとまあかわいらしいクルマ!

おんにゃのこ ごころをくすぐるような 細かな細工があちこちに…^^

さすが若い女の子に大人気のようです。

楽しみにしていたので納車前日に支払いがてら見に行きました~!




       
 



ところが なんとまあ 残念なお色… 


赤と聞いていたのですが ツートン?と見間違えるような退色

バンパーは真っ赤なのに ボディが朱色からピンクがかったような

明らかに古さがにじんでしまった感 ハンパない…

いくら安くするったって それなりの金額払うわけですからね…


それとな~く社長に言ってみたら


「ああこれね、磨けば きれ~になっちゃいますよ~


え~っ?ほんとかいな


騙された感 満載で翌日行ってみると どうでしょう。。。



見違えるようなかわいい真っ赤なラパンちゃんが 


ようこそ…


待っていてくれたではありませんか



昨日遅くまで頑張って整備士さんが磨きをかけてくださったんだそうですよ!

ありがとごいす!!


ピッカピカの新車のようです。(ちょっと言い過ぎですね^^;)

さすがにあれほど退色がひどいと またすぐ色あせてしまうようですが

まめに手入れをしてあげることによって また元気なお色になってくれそうです^^


中の方はどうでしょう。

今度は子育てが終わったママさんが乗っていたので 車内は綺麗でした!

けれどはじめは免許取りたての若い娘さんが乗っていたので

あちこちぶつけたらしく 前後のバンパーを交換してるのに

さらにキズ 凹み 歪みが。。。^^;


それは せいしゅんの軌跡 っていうのでしょうね


以前私が乗っていたBJが地味だったので 座布団はヒョウ柄のキティを使っていました。

今度のクルマに使ってみたら… ヤバい、ハマりすぎ!

まるでギャル仕様に見えてしまいまして

オバサンのクルマなんだからっと息子に叱られそうなので 見えない後座席にしました

ヤンママ じゃないんだからねぇ~

あ、だれ?今 ヤンババ ってつっ込んだのっ (こわっ)



なにはともあれ



♪今夜からは~ どうぞよろし~くね~♪



新しく我が家にまた仲間が増えました~ ^^





コメント

しんのすけの話の続き

2014年06月05日 | 日記

ここでちょっと 最近の クレハとしんのすけ の様子をおさらい…


10月から家族になって以来、大変仲の悪い2匹でしたが、だんだんとケンカの回数も減り

春になるころには 私の膝にしんのすけ、おなかにクレハ といった

至近距離で一緒に昼寝ができるまでに至ったのであります。(まだ団子にはなれませんが^^;)


1日に何度かはプロレスのような取っ組み合いが行われますが

これはクレハがしんのすけをダイエットさせるために行っている運動プログラムみたいな?

私達にとってはケンカには見えないコミュニケーションのような展開といいますか。

(時々ガチ入りますが^^;)


この冬 寝る時は クレハと私。

しんのすけは モト助か夫の 布団のどこかで寝てました。

(一度だけ、私の左にクレハ、右にしんのすけ、で一緒に寝られた嬉しい夜がありました


ただ、しんのすけが来てからクレハの食欲が落ちて、痩せて軽~く小さくなってしまいました。

でも機敏な動きは相変わらず冴えていますよ。

クレハの見た目は永遠に子猫のようでして、可愛いのですが、ストレスがたまっていないか心配です。


激しくケンカをするわりには クレハは意外とお世話好き。

しんのすけが嫌がるのに 体やおしりを舐めてくれるのです。




…そんな日常だったのですが…


。。。ではようやく 前の記事の続きにまいります。。。




数日間 去勢手術のために家を留守にしていたしんのすけが帰ってきました。


「クレハ~、しんのすけが帰って来たよ~!」


私の声に、2階からいつものようにぴょんぴょんとクレハが下りてきました。

すかさずキャリーバックを見つけて くんくんにおいを嗅ぎます。


「ほらね~、あんなに探しまわっていた しんちゃんが帰ってきたよ~。よかったねぇ」


するとクレハの体がぴたっと止まりました。


しんのすけも 小さくなって縮こまっています。


目と目が合いました。


お互いもう一度においを嗅ぐと しっぽと背中を逆立てて唸りはじめたのです。



最初はしんのすけも小さくなっていましたが、キャリーバックから出ると




うぎゃぎゃぎゃぎゃ~~~!!!




と猛烈な勢いで取っ組み合いが始まってしまったのです。まじガチです!




えっ、なんで?なんで?




私はまったく理解できず、とにかく二匹を隔離させなければ とリビングのドアを閉めました。


白黒の毛が 飛び散ってふわふわと舞っている 


この惨状は一体どうしたことなんでしょうか。


ドアの向こうにはクレハが怒り狂って唸っています。


まるで初めて会ったかのようです。




ねえ おまえたち、一体どうしちゃったの???


あんた達あんなに仲良くなったのに、たった数日でお互い忘れちゃったの?



上になり下になり かじり合い、叫び合い、唸り合い…


あちこちに無残に浮遊している毛玉を見ながら、私は


手術を受けさせたことは間違っていたのかと 大変ブルーになりました





隔離作戦を開始し2日。


インターネットで調べてみると「そういうことがあるけれど、飼い主があまり神経質にならない方が良い」とのこと。

ならばと思って隔離をやめて自然に仲良くなるのを待つことにしました。

けれどお互い視界に入ると戦わずにはいられないらしく 

とにかく時の経つのを そっと見守っていることしかできませんでした。



そんな状態が1週間続き、2週間がたつ頃には


ようやく落ち着きを取り戻してきた くれ&しん でありました


やれやれ


コメント (2)

しんのすけの話

2014年06月03日 | 日記
納車待ちのモトママです。


(古~い中古車の納車待ちですが



さて、たまくれの くれは&しんのすけ こと くれしん はどうしているかと申しますと

毎日毎晩、でっぷり太ったしんのすけがクレハを襲っております。(まるでおっさんか トド のようです)


…なんと、しんのすけにも 春がやってきてしまったのでございます


男の子は去勢しなくてもやっていけるか 様子をみていましたが

やはりおしっこをかけるようになってきてしまい

手術決定。


車の件もあり、我が家にとっては いた~い出費となりますが

そんなことは言ってられません。



予約の日、キャリーバックに でっぷり太ったしんちゃんを詰め込んで

病院の門をくぐると…


「あら~、重たいわねえ。まあ、4.8キロもあるわあ」


さっそく体重をはかったら 注射です。


「あら~、ここにも脂肪がたっぷり」


…^^; だ、ダイエットさせた方がいいのでしょうか?


「猫はそんなに気にしなくても大丈夫でしょう。ただ、去勢するともっと太るわよ~^^」


お、おどかされてしまいました^^;


「足も犬みたいに太いわねえ。まだ1歳にならないのにねぇ。まだまだ大きくなるわよ~」


そ、そうっすか^^;

ではよろしくお願いいたします^^;



そんなやりとりを終えて家に帰ってきますと

待っていたクレハがすっとんできて 

すごい勢いで、にゃあにゃあにゃあにゃあ報告するのです。


「おかあさん、たいへんたいへん! しんちゃんがどこにもいないの! においもしないの!」


…うん、しんのすけはね、病院行ったのよ。クレハも行ったでしょう?いたいいたいの、ちっくん(注射)さられて…


「だ・か・ら~、しんちゃんがいないんだってば! おかしいでしょ? ねえってば!」


…うん、だからね…


何度説明してもわかってくれなかったようで、ついにはつかれてどこかへいってしまいました。





そうして なにごともなかったかのような 久々にまったりした平和な数日がすぎて

いよいよ お迎えの日となりました。


たとえ何日かでありますが、離れてみるとさびしいもので

一刻もはやく迎えにいきました。


「たいへんおりこうさんでしたよ^^ おとなしい子ですね~」


お、おとなしい?

どうやら内弁慶のようですね。驚きました。

いまだに夫は 悪魔ちゃん と呼ぶくらい、家では猛威をふるっているのに


「神経質なのかしら、丸2日間何も食べなかったですよ。おしっこと う○ちも昼間はガマンしてるみたいで朝になるとしてあるの」


神経質~?ありえなぁ~い!


しかも、あの 食いしん坊のしんのすけが絶食できるなんて!


自分の分が残っていたって、クレハのごはんを横取りしてまで、1日に何度も食べる、あのしんのすけが~!



(家ではかなり 自由気まま我がまま三昧なんですけどね~ ^^;)




先生と看護師さんから そんなお話をいただいて ほくほくしながら家に帰ってきました。




…よろしかったら続きを…



コメント (2)