暗闇検校の埼玉県の城館跡

このブログは、主に、私が1980年代に探訪した中近世城館跡について、当時の写真を交えながらお話しするブログです。

不二洞(群馬県上野村)②

2018-10-23 21:14:40 | 神社仏閣・その他
秩父地域は石灰岩が豊富に産出することで知られ、特にその代表は武甲山です。

武甲山のふもとには橋立鍾乳洞というのがあり、ここも宗教遺跡的な意味合いを持っているのですが、

行ってみるとかなり窮屈で狭いものです。

ところが、不二洞の規模たるや、橋立鍾乳洞とは比較にならぬ有様です。

昨日、紹介の空穴ですが、これが主洞とされるのは、旧入り口から入ると間もなく、

この縦穴が真下に落ちているためです。




わたしたちは、縦穴の壁にあいている枝穴を見学することになります。



不二洞内は完全に調査が済んでいるわけでは無く、洞内には河川もあり怖いです。

らせん階段を上り、大きな枝穴に入ります。

いきなり外に出る穴が見えたりするので驚きますが、枝穴は深く、簡単には出してくれません。






正直、LEDの光が却っておどろおどろしいのですが、当地は近年、ベトナム人旅行客や中国人旅行客が訪れているようで、

こうした効果を使った方が受けるようです。

悠久の滝・・・不二洞内の奇岩・奇石には一つづつこうした名前がついています。



名前の多くは仏教に関連した名前です。

悠久の滝はあまり仏教ではないですが。






しかし、無名の岩々のディテールも味わいがあります。

これも枝穴の一つなのですが、あまり深くないのでしょう。実際、枝穴はいくつもあり、

一つ一つ相手にしていては時間が足らないし、危険でもあります。

足場を設けていない枝がたくさんあるのです。


有名な蝙蝠のグアノ(糞石)です。



ただ、洞内は結構蝙蝠の糞だらけの場所があり、子供たちの「グアノだらけだ~!」という悲鳴が聞こえてきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 不二洞(群馬県上野村)① | トップ | 不二洞(群馬県上野村)③ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

神社仏閣・その他」カテゴリの最新記事