goo

お洗濯などのもろもろ

2014-04-16 | 妊婦生活を楽しむ

育児日記を探していた時に
こんなかわいい本を見つけました。
書き込み式の本、「ベビー・ダイアリー」






このベビーブックに貼る写真などを探して
久しぶりに写真を現像したりして。
(普段はハードディスクに保存するだけなのですが)
少しだけ母っぽいことを楽しんでいます☆






そして最近はとにかく毎日毎日お洗濯。
肌着、ベビー服、シーツ、タオル、おくるみ、
布おむつにしようと思ってるので、輪おむつたちもお洗濯。
おむつを干す、丸いハンガーみたいな洗濯物干しも買いました。
これはだんなちゃんの実家にもあるのですが、
いつも便利だなぁ、って思っていたのです(笑)
今後もタオル干しなどに使えそうですね♪
そして、小さなベビー服を干すハンガーも。





我が家は長いこと夫婦2人だったので、
こういう色合いの洗濯風景がとても新鮮!
原色の洗濯物干し、ピンクの柄のお洋服。。。
今までありえなかった光景でした(笑)
そしてあまりにも新鮮だったので、思わず写真を(笑)


洗濯は今まで通り、
そして今後のベビーの洗濯物も「海へ」を使う予定です。
布おむつは、布ナプキンの洗濯に使っていた蓋つきバケツ
同じくアルカリウォッシュを入れて洗濯しようと思ってます。

そして、自分のオーガニックコットンアームカバーストールや、
前回のブログでもご紹介した、益久染織研究所で購入した
オーガニックコットンガーゼストールもお洗濯。
これらは肌触りが最高に氣持ち良いので、
きっとベビーのおくるみにもいいに違いない!
と思ったのです。
夏を過ごすベビーにはおくるみがたくさん必要なようで、
お約束のエイデン&アネイの
オーガニックコットンガーゼおくるみなども
買おうかと思っていましたが、
きっと肌触りは、オーガニックコットンアームカバーストールの方が
間違いなく氣持ち良いと思います♪






さて、妊娠に関する本、いろいろ読みました(笑)
この写真には写ってないものも含めて、
またもやオタクなまでにいろいろと(笑)
その中で買って良かったなぁ、
役立ったなぁ、と思ったものは以下の通りです。
くらしのたのしみのお客さまでも妊婦の方が
ちらほらいらっしゃるようので、ご参考まで☆


「シアーズ博士夫妻のマタニティブック」
分厚い参考書のような感じです。
とにかく毎月、月数に合わせてじっくり読んでいました。
何か不安に思ったことがあるとこの本を開いて、
ああ、これが普通なんだ、と安心したり☆
近くにいるお母さん、という感じの本です。
とても参考になり、勇氣づけられたので、
「新編 シアーズ博士夫妻のベビーブック」もすでに買いました♪



「自然派ママの食事と出産・育児」
大森先生の本は、先輩ママさんのお客さまにご紹介いただきました☆
マクロビ界での第一人者でもある大森一慧先生の本。
妊娠後期に読みましたが、もっと早く持っていればよかったなぁ、
と思います。
この本を読んでから、
早速その日のうちに貧血対策の鯉こくを取り寄せました(笑)
「薬にも病院にも頼らない、ナチュラルな子育てのバイブル!」
と帯にあるように、
これから子育てに大活躍しそうです♪
良い本に出会いました☆



「生まれて育つ いのちの気功―幸せなお産と子育てのために」
こちらは男性のお客さまにご紹介いただいた本。
本当はこちらの本ではなくて、
同じ著者の天野泰司さんの「治る力」
という本を教えていただいたのですが、
「治る力」を購入した時に、
出産&子育ての本を出されているということを知り、
再度取り寄せたのです。
妊婦さんに対してもお腹の赤ちゃんに対しても
愛だなぁ。。。と感じる本。
とにかくやさしい氣持ちになれる本です☆

私はもともと野口整体に興味があったのですが、
こちらの本は野口整体の考え方を基盤としているので、
個人的にとても氣に入りました。

ちなみに野口整体の野口晴哉先生の「誕生前後の生活」
も取り寄せて読みましたが、
専門的な技術のことが多かったり、
現代では取り入れにくい方法もあったりするので、
参考に。。。という感じでした。
(よくわからないところがあったので、
野口整体に詳しい整体師さんに質問をしたら、
「それは野口先生の道場に
寝泊りしていた妊婦さんだったからできることで、
現代では不可能」と言われました(笑)
「生まれて育ついのちの気功」にも出てくる、
出産後の起き上がり方なども、病院や産院で出産する方は
不可能かと思われます。。。
代わりに、せめて退院時に、
ベッドから降りてしっかり正座をしてから帰るように、
とアドバイスをもらいました☆


「ナチュラル・ケア マタニティブック―自然な出産のための10か月」
ナチュラルスキンケアで有名なドイツのヴェレダ社から出ている、
マタニティブックです。
こちらは絵本のような感覚で読めますが、
大切なことはしっかりと要所要所に書かれています。
くらしのたのしみの「マタニティページ」にも書きましたが、
この本のマッサージ方法を参考に、
オーラグロウで日々お腹のマッサージをしていましたが、
妊娠線は全くできていません♪
身体だけではなく心のケアのことも書かれていて、
安心できる本でした☆


「赤ちゃんにもママにも本当に大切な 産前産後7週間の過ごし方」
高齢出産ということもあり(笑)
出産はもちろん、
とにかく産後の生活についても氣になって仕方ありません(汗)
この本は産後養生のことがわかりやすく書かれていて
参考になります。
字も大きめ(妊娠中は目が疲れますので。。。)
イラストも多く、余計なことが書かれていないのが良いのです♪


「布おむつで育ててみよう」
布おむつにするということがとても大変なことに感じて、
自信をなくしかけていた時に取り寄せた本です。
この本を読んで、マイペースで出来ればいいかな、
と氣が楽になりました(笑)



そして、いわゆる「なんとかクラブ」という妊婦さん向け雑誌などは
読んでいないのですが(笑)
準備のために「Pre-mo」という雑誌1冊だけ買いました。
この1冊だけを熟読してチェック。
(参考書を1冊だけ買って重点的に受験勉強する感覚です(笑))
ベビーグッズに何が必要かとか、
入院準備に何が便利だったとか、
そういった情報を参考にしました。
いろいろ読むとかえってわからなくなりそうだったので、
一冊だけを☆

また、この「Pre-mo」という雑誌のお姉さん版?高級版?
である「Pre-mo Luxe 2014-2015」も購入。
たまたま、くらしのたのしみで取り扱っている
「小さな森の合唱団」という木琴が、
世界中のママたちが愛用しているベビーアイテムの名品として
和光の写真立てやミキモトの親子パールなどと並んで紹介されていたので、
思わず買ってしまいました☆





この木琴
ページでもご紹介しましたが、
妊娠のことを意識していなかったずっと前から氣になっていたもの☆
いつかくらしのたのしみでベビーグッズをご紹介する日が来たら、
絶対にご紹介しよう♪
と思っていたのでした。
どんなにめちゃくちゃに叩いても、
不思議と和みの童謡風音楽になってしまう、
という、とても面白い木琴なのです☆






ところで、昨日の健診。
14時予約だったのに、なんと3時間待ち!!で
診察室に入ったのは17時過ぎ!
大病院なので、今までも待たされるのは慣れていたのですが、
さすがに3時間はきつかったです。。。
(ちなみに診察時間は5分足らず(笑))
それで、
なんであんなに待たされるんだろう。。。
病院行くだけでヘトヘト。。。
とイライラしながらも
不意に「あっ」とひらめきました(笑)

今日は満月だった!

確かにたくさん診察室があるのに、
2室くらいしか回っておらず、
明らかに医者不足、という感じでした。
満月前後は出産が増えるというので、
お医者さんも助産師さんもみんな出産の方で大忙しだったのでしょうね。
そう考えると、今までイライラしていたのを申し訳なく思い(汗)
後から反省しました。。。
元氣な赤ちゃんがたくさん誕生しているといいな、と思います☆





goo | comment ( 0 ) | trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする