草薫の俳句日誌

日本にしかない変化のある四季の移ろいを肌で感じ取り、日常の生活環境を風刺しながら自分なりの俳句にしていきます。楽しみに!

歳末は始末する時

2017-12-28 13:36:50 | 日常茶飯事
 こんにちは。もう今年も僅かと成りました。早いものですね。それでも、こういう機会です。断捨離や終活を実行するのがよいでしょう。明日は誰にでもあるわけではありません。いざという時何も残された人に対してのメッセージを確実にしましょう。まあ自分が思うにこの言葉がいいと思います。「一日一生」です。今日一日を思う存分生き切る事。生命はひとつです。せめてこの一年の反省と次の一年の為に自己革新しませんか?
今日の一句です。
  「湯豆腐や襟を正して一献す」草薫
コメント