くらも天狗 第二巻

世の中の出来事全般に意見を申す

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

米国では盗聴問題で議会が荒れている

2017-03-21 12:56:15 | 盗聴
米国では先の選挙でロシヤからの盗聴があったかの問題で荒れているようである。我が国には外国からの盗聴問題はないとは言えない。むしろ子の問題に無関心すぎるのではないか?尖閣問題を協議すべきという当時のクリントン国務長官あての通信は中国により盗聴されていたと考えるのが自然である。と言うのはこのことの後から中国が尖閣問題を言い出したからである。中国は明らかに我が国に謀略をかけている。米軍基地は明らかに中国の侵略に不利な状態を作っている。当然あらゆる手段を使ってその阻止に働きかけている。沖縄の辺野古移転に暴力的反対運動を陰で指導していることであろう。多分に我が国の選挙にも間接的に介入している可能性はある。この問題ばかりでなくあらゆる所で盗聴が行われていなければ不思議である。これについて国会で議論されたことはない。余りにも情報漏れに無関心すぎるように思える。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どうして東京都の知事はまと... | トップ | 安全だけど不安、対象外でも不安 »

コメントを投稿

盗聴」カテゴリの最新記事