万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

生活保護引下げ-物質的貧困より怖い心の貧困

2013-08-24 16:01:49 | 社会
「生活保護引き下げ反対」は“一部の人”の運動か?元厚生省官僚の弁護士・尾藤廣喜氏の思い(ダイヤモンド・オンライン) - goo ニュース
 今年の8月1日から、生活保護の給付額が引下げられたことから、受給者の中では、訴訟を起こす動きも見られるそうです。おそらくは、”生存権の侵害”ということなのでしょうが、この主張には、どこか説得力が欠けているように思えるのです。

 日本国憲法の第25条は、確かに、「全ての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」と明記しております。しかしながら、どの程度の生活レベルを”最低限度”とみなすのか、という問題については、何も語ってはいません。生活保護の引き下げ反対する人々の声には、”旅行ができない”とか、”外食ができない”といったものもありますが、生存権の定義として、最低年○回旅行できるとか、外食ができる、といった規定はないのです。否、生活保護世帯のみならず、年に一度も旅行できない家庭もあるのです。生活保護の人々の中には、パチンコ等の遊興に保護費を使ってしまう人々も多く、贅沢を言っては限がありません。それよりも、こうした不満ばかりを述べる人々の問題点は、心の貧困が疑われることです。生活保護の増額を求めることは、物質的な豊かさを追求していることに他ならないのですが、貧しい中にも楽しみを見出すことはできます。江戸時代の長屋では、現在よりも物質的にははるかに貧しい生活を送っていましたが、狭い部屋にも一輪の野花を活けて風流を楽しみ、お互いに知恵や知識を持ち寄りながら、和気あいあいと暮らしていたそうです。現在の方が、図書館などの公共サービスも整っていますので、その気になれば、古今東西の文化に触れることはいくらでもできるのです。生活保護の受給者の多くが貧困ビジネスの”鴨”になり、あるいは、保護費の額に口を尖らせている現代の光景は、どこか、寒々しさを感じさせます。

 もちろん、国民の物質的な生活水準は向上すべきですし、皆が、仕事に就き、生き生きと働ける経済を目指すべきです。しかしながら、他者の負担をも、財政の逼迫をも顧みずに、自己の要求を当然の権利とばかりに主張する態度には、違和感を感じざるを得なません(負担者に申し訳ない、という気持ちもない…)。本当に怖いのは、心の貧しさなのではないかと、つい考えてしまうのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« LINE問題―韓国による対日情報... | トップ | 無意味な日韓フォーラムの共... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ねむ太)
2013-08-24 21:01:26
こんばんは。お金以前に自分の始末は自分でつけるという意識が希薄に感じられてなりません。
生活保護が足りない等とマスコミに取り上げられていたようですが、内訳を見てみますと逆効果でしかありません。
生活保護切り捨ては酷いと告発しているつもりなのでしょうが、声を上げるすべを持たない本当の弱者にとって迷惑な行為でしかありません。
旅行や外食は贅沢です。
贅沢は(素)敵です。
そもそも論で恐縮ですが、一時間もしない内に数万円も負ける可能性のあるパチンコに生活保護受給者が本当に行けるのか疑問です。
身寄りがなく経済的に支援してくれる人もいないからこそ生活保護を受給しているはずですが・・
生活保護は生活費だけでパチンコなど遊興費に回す余裕はないはずです。
生活保護は、共産党・公明党などの票集めに使われている現実もあります。
また、在日に支給されている生活保護は国会で法律として成立したものではなく厚生省の役人の通達で始まったものです。
生活保護受給者が、旅行に行きたい、外食したい贅沢以外の何物でもありません。
マスコミは本当の事をいつになったら報道するのでしょう
社会保障費の増大で財政が圧迫されている、消費税増税待ったなし等、大嘘はいけません。
中国・韓国経済のために、円高・デフレを容認したい連中と生活保護の口利きで票を集めたい連中と弱者救済をしているつもりの自己満足に浸る連中の思惑があります。
弱者救済・社会保障の名目のもと国家の最終的なセーフティネットである生活保護を利用し利を得ようとする連中にこれ異常好き勝手にさせてはいけません。


ねむ太さま (kuranishi masako)
2013-08-24 22:26:48
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 最近、大分、流れが変わってきておりますが、生活保護に対して批判をいたしますと、弱者虐めをしているように受け取られますが、実際には、今や、弱者救済の制度は、本来の役割から逸脱し、悪の巣窟の如き状況を呈しております。貧困ビジネス、不正受給、医薬品の横流し、在日利権化、政治家の口利き、パチンコ・マネー化・・・問題点を挙げたらきりがありません。その上、生活保護費引き下げを不服として、集団訴訟まで起こすというのですから、呆れてしまいます。旅行や外食をしたいのであるならば、まずは、何とからして就職し、所得を得ようとするのが、常識的な反応なのではないかと思うのです。生活保護は、どこか、精神的な頽廃を感じさせるのです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事