万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

第二次朝鮮戦争では保守が戦争反対・左翼が戦争支持

2013-11-21 15:27:57 | アジア
朴大統領は「優れた指導者」=韓国に対話呼び掛け―安倍首相(時事通信) - goo ニュース
 日本国に対して、常に威圧的で高飛車な態度をとっている韓国は、集団的自衛権についても、朝鮮半島で行使する場合には、韓国の要請が必須であると注文を付けてきたそうです。もちろん、国際ルールでは、当事国の承認なく軍隊を派遣することはできませんので、この発言自体は常識の範囲なのですが、韓国側が、日本国が要請に応えると見なしているとしますと、それは、甘すぎると思うのです。

 世論調査によりますと、7割ほどの国民が、”韓国を信頼できない”と回答したそうです。日本国は、官民問わず、何度となく韓国に裏切られてきたわけですから、”韓国を信頼せよ”と言われても、それは、所詮、無理というものです。そして、仮に、朝鮮半島で第二次朝鮮戦争が発生し、韓国が、日本国に対して軍事的な支援を求めてきた場合、日本国は、疑心暗鬼に陥ることになります。例えば、散々に背信行為や迷惑行為を働き、町中に悪口を言いふらし、理由を見つけては脅迫してきた隣人が、そのまた隣に住む親戚から暴力を振るわれたといって、援けを求めてきた場合を想定してみることにします。こうした場合、隣人を助けることに二の足を踏む人の方が多いのではないでしょうか。何故ならば、支援の要請は、必ずしも、言葉通りではないかもしれないからです。暴力を振るっているのは、他人ではなく隣人の親族であり、この親族もまた隣人と同様に、日頃は恨みを募らせ敵視してきました。この状況下で、迂闊に助けますと、隣人が親族側に寝返り、両者から袋叩きになるシナリオも予測されます。しかも、この隣人一族の後ろには、評判の悪い町のボスが付いているとなりますと、余計に警戒が必要となります。つまり、韓国の支援要請は、純粋な防衛目的ではなく、日本国を謀略に巻き込むための罠であるかもしれないのです。

 韓国は、自国が要請さえすれば、日本国が軍事的な支援を二つ返事で承諾すると考えているようですが、何れにしても、日本国には、韓国からの支援の拒絶する自由があります。そして、第二次朝鮮戦争に際しては、一般の日本国民を含む保守が戦争に反対し、平和主義の仮面をかなぐり捨てた左翼が戦争に賛成する構図となるのではないでしょうか。前者の方が、圧倒的に多数ですので、たとえ韓国が要請しても、日本国の軍事支援は見送られる公算が高いと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村


コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 日本のスマホ事業者は暴利では? | トップ | 秘密保護法-”外国政府が知っ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大筋はそう思いますが (keitan)
2013-11-21 17:04:46
 大筋はそう思います。
 そのような場合は当事国が韓国であるからとの問題ではなく日本海・東シナ海の周辺の安全保障の問題です。或いは韓国の防衛のためと言ってもそうであるならば差し支えはないでしょう。
 然し韓国の要請がなくてはとは如何なものなのでしょうか。要請があってはならないのではありませんが、そうでも日本は断る場合はあり得ます。

 然しながら、そのような意味における保守は本当に圧倒的に多数なのでしょうか? 一概には反対であっても理由は掛け離れているのではないでしょうか? 明確な反対ではなく『韓国のためならば厭だが参戦が決まれば容認』になるのが昨今にメディアなどの言う「保守」なのではないかと思われます。

 但し、私が場合によっては賛成もと思うのはお話の『第二次朝鮮戦争』を念頭に置いてではなく韓国に対する侵略の全般であり、北朝鮮が国を挙げて韓国と戦争をするのは今やあり得ないと思います。停戦合意の破棄も成立してはいませんし、『戦争状態宣言』は朝鮮戦争をフェードアウトするための或る種の修辞であると見ています。
Unknown (ねむ太)
2013-11-21 20:01:20
こんばんは。第二次朝鮮戦争は実質上終わっております。
ベトナム戦争の時は南ベトナム解放戦線が、北ベトナムの指示で組織され、北ベトナム軍の兵士が国境を越え北ベトナム軍の軍服を脱ぎ捨て南ベトナムの人間を装い、南ベトナム解放戦線に合流し南ベトナムで破壊活動を行った為南ベトナムは北ベトナムに負けたわけですが、韓国は政府や国の中枢にまで北韓の勢力が入り込み事実上乗っ取られています。
これは、我が国に巣食う北韓シンパ(岩波書店・社会党・朝日新聞・進歩的文化人等)に重大な責任があるのですが。
南朝鮮は軍事独裁政権である。
共産主義諸国は平和主義である。
米国の核は戦争を起こし世界征服のためにあり、ソ連の核は平和の為にある、と言っていましたね。
岩波書店の「世界」で連載されていた「韓国からの通信、TK生」(捏造の可能性が指摘されています)は韓国を徹底的に貶めて北韓を持ち上げる内容でしたね。
当時の韓国の若い層に主思想「北韓のチュチェ思想と同じ思想です」が少しずつ支持されかけていた時代ですので進歩的文化人の言葉は、韓国からの留学生に多大な影響を与え洗脳する役割を果たしたのです。
その世代が現在の韓国の中枢にいるのですから、反日が暴走はしても沈静化しないわけです。
北韓の軍事的な攻撃と、内部からの破壊工作・・・韓国が逆立ちしてもてるはずはありません。
米国の動向は2015年に韓国軍の指揮権を返還する予定でいます。
在韓米軍の司令部は横田基地に統合されますし。
韓国に駐留している米軍は陸軍だけで、空軍・海軍は、我が国にいます。
米軍も徐々に韓国からの撤退をはじめる計画のようです。
ケビンメア氏も「韓国は日米同盟によって守られている」と批判しています。
自衛隊が半島に行く必要があるとするなら邦人救出・北韓による拉致被害者の救出くらいでしょう。
未だに韓国へ修学旅行に行ったり、韓国の学生との交流などと寝言を言う県知事がいる状態ですので、その事に注意を払わなくてはなりません。
政府は韓国からの邦人の帰国を呼びかけ渡航制限を掛けるべきです。
第二次朝鮮戦争が勃発しなくても、このまま反日が進めば人質にされ、拉致問題と同じような禍根を残しかねません。

keitanさま (kuranishi masako)
2013-11-21 21:21:20
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 朝鮮戦争の休戦協定が破られ、南北間での戦闘の再開という形態での第二次朝鮮戦争の勃発であるならば、日本海・東シナ海までは拡大せず、主たる戦闘は朝鮮半島における陸戦となるのではないでしょうか。
 本記事で保守に”一般的な国民を含む”と書き加えた理由は、保守の中には、統一教会といった朝鮮系カルト集団をバックとした勢力があるからです。マスメディアの言う”保守”とはこうした勢力であり、ごく一般の日本人-韓国を信用しないと回答した7割-は、とは異質の存在です。こうした人々は、韓国の支援には反対でしょうし、謀略のリスクがあるとなれば、なおさらのことではないかと思うのです。
ねむ太さま (kuranishi masako)
2013-11-21 21:32:36
 コメントをお寄せくださいまして、ありがとうございました。
 ねむ太さまのおっしゃる通り、第二次朝鮮戦争は既に戦わずして韓国は北朝鮮の手に落ちており、仮に、次に戦争が起きるとすれば、中国をバックに南北が一体となった日本国に戦争を仕掛けてくる可能性の方が高いかもしれません。もっとも、その前に、中国の一党独裁体制と北朝鮮の金王朝が崩壊するかもしれませんし、北朝鮮主導で南北を再統一したものの、旧韓国領で反乱が発生するか、政権内部でクーデタが起きて体制が崩壊するシナリオも考えられます。先日、モンゴル大統領が北朝鮮の大学で自由と民主主義を謳った演説を行ったところ、会場では、拍手が鳴りやまなかったそうです。何れにしましても、日本国は、朝鮮半島とは、関わらないに越したことはありません。たとえ韓国を助けたとしても恩を仇で返されることなるのですから…。
ソウルに首都があるけれど (第二次朝鮮戦争などないと思っている人)
2013-11-22 19:01:46
 ソウルは休戦ラインから何キロ?大砲の砲撃で壊滅じゃない?核など要らないでしょう?アメリカがバンカーバスターで攻撃しても間に合わない。
 こんなところに首都を置いている。第二次朝鮮戦争などないと思っているからでしょう。北のほうもチャイナからのトリクルダウンで繁栄への道を歩んでいる。こんなんで戦争する?するわけがない。
 第二次朝鮮戦争などの心配をするより、自分の生活の質の向上のほうが大切。自分の衣食住を向上させるのに知恵を使う方がよい。
第二次朝鮮戦争などないと思っている人さま (kuranishi masako)
2013-11-22 20:29:54
 そのアドバイスは、韓国と北朝鮮におっしゃてください。
戦争の危機など言い募るのは一種の霊感商法 (第二次朝鮮戦争などないと思っている人)
2013-11-23 19:03:01
 大戦を起こしたのはヒトラー。元浮浪者の無頼。朝鮮戦争を起こしたのは金日成。元馬賊。無頼。ま、こんな者じゃないと戦争など起こせない。
 ブッシュ親子は戦争をしたけど、ま、ライオン(米)が猫(イラク、アフガン、リビア)をいたぶっただけ。熊(ロシア)やチャイナ(龍いや虎いやカバぐらいか)とは戦争をする胆力はないね。自分からはしなくても挑戦されれば大戦もやりかねない胆力を持つのはプーチンぐらいなもの。
 北も三代目、もはや失うものが多すぎる。祖父とは違う。南の国民は失うものが多すぎる。で、大統領が独断で戦争などできるはずもない。
 チャイナも、もはや、貧乏国ではない。失うものが多すぎる。コケオドシはするけど、ただの芝居、歌舞伎。元の木阿弥になる大戦などやるはずもない。
 そんなわけで、第二次朝鮮戦争も日中戦争も米中戦争もない。戦争の脅威を言い募るのは、血圧140以上で脳梗塞の危険を叫んで降圧剤をすぐ処方する阿呆な医者と同じ。一種の霊感商法。
第二次朝鮮戦争などないと思っている人さま (kuranishi masako)
2013-11-23 20:51:50
 戦争が起きないに越したことはありませんが、最悪のシナリオに備えるのも、政治家の仕事であると思うのです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アジア」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事