万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

国賓は‘天皇陛下のお客様’なのか?

2019-11-07 13:20:16 | 日本政治
 ネット上のニュース記事を読んでおりましたところ、見慣れない表現が目に留まりました。それは、国賓は‘天皇陛下のお客様’というものです(フジテレビ平井文夫上席解説委員)。今まで国賓に対してこうした言い方がされているのを見たことがなく、どこか違和感があったからです。

 令和への改元以来、即位したばかりの新天皇の権威を高めるためなのか、政府やマスメディアなどの対応には、何気ないところで全体主義的な手法が混ぜ込まれているように思えます。天皇を日本国の‘主’と見なす、‘天皇陛下のお客様’という発言もその一環なのかもしれません。さりげなく表現や扱いを同調圧力が働く方向に操作したり、虚飾を施す方法は、マスメディアが世論を誘導する際に用いるステマ的な常套手段でもあります。記事そのものは、横柄、かつ、覇権主義的な中国のトップを、多額の公費を費やし、況してや‘天皇陛下のお客様’として国賓待遇で招くべきではない、という反中的なスタンスで書かれているのですが、同表現には、日本国は天皇のものであるとする、独裁体制擁護に近い家産国家観が潜んでいるようにも思えます。

 そもそも家産国家観とは、国家を、王家といった特定の家族の所有財産と見なす前近代的な考え方です。同国家観は、古今東西を問わず世界各地に散見され、ヨーロッパ中世の封建国家もその典型例です。国家を一つの家族に見立てる家族主義であれば利点もあるのですが、家産国家では、封建君主は、自らの財産でもある領地や領民を剣を以って護る一方で、これらを私的な財産として好きなように処分することができました(‘家’の概念には使用人等も含まれており、国民は‘家族の一員’というよりも使用人に近い…)。そして、外部に対しては、‘家長’として他国の君主とも交際したのです。例えば、現代の家産国家であるサウジアラビアでは、目下、最高実力者となったムハンマド・ビン・サルマーン皇太子の下で国営石油会社サウジアラコムの民営化が進められていますが、中国の国有企業が同社の株主取得に向けて協議中との情報が流れています。家産国家では、天然資源に関する権利も国家の‘主’である王家に独占されているのです。‘天皇陛下のお客様’の発想も、まさにこの前近代的な国家観がその源にあるのかもしれません。

しかしながら、江戸時代までは藩主の治める藩を一国と見なす封建的な家産国家観が幕藩体制等を支えていたとしても、少なくとも天皇については、世俗の‘家長’よりも、国家と国民のために天神地祇に祈るという聖なる領域における役割の方が遥かに国民に馴染んでいたように思えます。天皇を国父に、皇后を国母に擬える皇室像は、むしろ、天皇が世俗の世界に降りてきた明治以降に国民に広められた家族主義的なイメージであるのかもしれません。戦後は、日本国憲法が、象徴という表現を以って位置づけたため、天皇の役割そのもの曖昧模糊になってしまったのですが、何れにしても、何れの時代の天皇像との間にも‘ずれ’があるのが、‘天皇陛下のお客様’という表現が与える違和感の原因なのでしょう。

そして、この表現がさらに深刻となるのは、日本国憲法に定め、今日の日本国民が共有している国民主権の原則や民主主義の価値観との間に齟齬がある点です。同原則や価値に従えば、国家のお客様を招くのは、主権者である国民です。世論調査によれば国民の8割以上が中国を否定的に評価していますので、この時期に日本国民が中国のトップの国賓として招待を望むはずもありません。また、仮に、外国の賓客の訪日に際して天皇の役割があるとすれば、それはおもてなし、すなわち、接待の役割ですが、晩餐会主催でさえ、明治以来の慣例に過ぎないかもしれないのです。(憲法第7条に定める接受の対象は外国の大使や公使であり、厳密に憲法を解釈すれば国事行為であるかどうかも疑わしい…)つまり、国賓を天皇が招く賓客とする見方は国民主権の時代に相応しいはずもなく、この発想は、国家の‘主’が上から国民を束ねるもう一つの現代の家産国家である北朝鮮を思い起こさせます。あるいは、一党独裁制の下で独裁権力を手に入れた国家主席が‘習おじさん’として君臨している中国こそが、世界最大の現代の家産国家なのかもしれません。

細かいことに煩いようにも感じられるかもしれませんが、‘天皇陛下のお客様’という表現にことさら敏感に反応してしまうのは、昨今、現在の皇室を擁護し、パーソナルカルト化を是認する人々の中には、前近代的な家産国家観が染みついている人々が多いように思えるからです。それは、一般的な日本国民の考え方とは異質であり、日本国の歴史に根差しているわけでもありません。否、日本国の全体主義化を志向している勢力が水面下にあって蠢いている証であるかもしれないのです。皇室については、外部勢力による傀儡化、あるいは、政治利用のリスクがあるのですから、わずかな空気の変化にも注意を払うべきように思えます。そして、習主席が国賓として来日した際に開かれる晩餐会において(反対意見も強いので、実現するかどうかは分からない…)、新天皇がどのように日中関係を語るのか、今から憂慮されるところなのです。

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« ‘徴用工問題’で自己崩壊する... | トップ | 中国の輸入拡大は罠では? »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
天皇陛下のお客様でよい (Unknown)
2019-11-08 03:59:00
 家産国家だとかのくだらない議論は不要。確実に訪れる事態は、自衛隊、消防、警察、ボランティア等々をもってしても、どうにもならない災害が来る可能性がある。すでに台風19号の後始末にボランティアが不足している。なぜ日給を支払う作業員を雇わないのか不可解。左翼までボランティア神話に踊っている。預金の利子、配当などへの課税を強めて、日当を確保すればよい。そうすればカネは回る。
 中国への世論は感じなら80%ぐらいが良い感じを持たないかもしれないが、おまんまの問題となれば80%以上が当然、中国経済に期待する。ま、日本は表布は親米だが裏布は中国だよりだ。中国を拒否すればするほど困窮して没落する。
 災害の話に戻すと巨大災害が起これば、頼れる人夫を出せる組織は人民解放軍ぐらいしかない。江東五区250万人、水害で逃げ出した場合、自衛隊などでは間に合わない。
 ま、普段から災害の時はお互いに助け合っておくしかない。
Unknownさま (kuranishi masako)
2019-11-08 07:56:19
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 ’天皇陛下のお客様でよい’理由が何も述べられておりませんので、これでは議論を放棄しているようなものです。Unkonwnさまは熱烈な全体主義、あるいは、独裁支持者ですので、なおさらに皇室に対する警戒感が強まります…。なお、我が国の災害時に中国に救援を頼りますと、人民解放軍によって占領される事態を招きます。東日本大震災に際しても、人民解放軍の不穏な動きが指摘されておりました…。
国賓は「天皇陛下」お客様ではない (ベッラ)
2019-11-09 17:00:25
これを知って元記事を検索して読みました。
私は習近平国家主席を日本の「国賓」として
招くことは、アジア諸国の現政権への疑問と軽蔑を引き起こしていることと思います。
そして安倍首相の大嘘、「日本国民は習主席の国賓としての来訪を心より待ち望んでいる」など、恐ろしいことを言っている。
この大嘘について「野党」は追及しなければならない・・・「野党」の中の目立つ最前線とされる非常識議員など、ただの「あおり運転」にしか過ぎないのに、なぜか何十にも大問題のようにして結局それは安倍の正体を隠すため、「安倍政権に軌道修正」を求めても「安倍を降ろす気か」とハンで押したようなバカな反応。・・・軌道修正すら「安倍降ろし」と言われたらもう「何も言うな」ということです。

こうした人たちにイチイチ反応することもバカバカしい。

ところで「天皇陛下のお客様」というのは、
確かに国賓は特別待遇で皇居での謁見や宴会があるのですが、それは天皇陛下が主な権力でもてなすのではないのは子供でもわかること。

それを仰々しく「天皇陛下のお客様」というのは一種の圧力であり国民を見下した表現です。もちろん「習近平を国賓にというのは反対」というのはわかりますが、これにはその「反対」にのっかってカッコつけしている情けない表題でしかない、
こういうことにはなぜか何も言わないホシュ、
確かにおかしな表現ですね。
ベッラさま (kuranishi masako)
2019-11-09 21:29:56
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 保守には、明治期にヨーロッパの立憲君主に倣って導入された体制への復帰を望む人々と、江戸時代までの天皇の姿に戻す方がよいと考えている人々との二通りがあるように思えます。今般、皇室の権威づけをすすめておりますのは、前者なのではないでしょうか。そして、その先に北朝鮮風味のパーソナルカルトを強要する全体主義体制が待っているのではないかと危惧しております。
米国は安保条約を廃棄したがっている (Unknown)
2019-11-10 16:56:01
 韓国への多額の駐留経費の要求は米韓条約を廃棄したいというのを間接的に要求していると思う。北は何をぐずぐずしているのかとミサイルを撃っている。
 日本でも岩国での戦闘機パイロットのふるまい、三沢基地での模擬弾の投下と、故意に日本人に嫌われる行動をしている。即位式に序列の低い使者を送り、さらに東アジアサミットに補佐官などを送り出している。東アジアから出ていくのだと表明したも同じ。チャイナの情報組織は、これをつかみ、習主席が準同盟である日中協商を提案したという情報がある。で、天皇陛下のお客さんということだろう。安倍ちゃんとしては協商には返事しなかったが、中国とは良い関係でいたいわけだ。日米安保後を考えているわけだろう。ネトウヨさんは時代の変化についていけないかもね。
Unknownさま (kuranishi masako)
2019-11-10 19:15:09
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 日中協商の提案とは、単に中華経済圏に日本国も加わるように要請したということなのではないでしょうか。もしかしますと、RCEPのことであるのかもしれません。なお、安全保障条約や通商条約の如何と’天皇陛下のお客様という表現’とは無関係であると思います。
あなたが無関係と言っても (Unknown)
2019-11-11 04:35:26
 安倍ちゃんは、そのつもりではない?
 アメリカは選挙で選ばれた大統領を言いがかりで弾劾しようとする勢力がいる国だ。もし、トランプさんが弾劾されたら、以後の大統領は、その勢力を恐れ、言うがままになる。つまり民主主義は死滅する。
 内戦になるかもしれない。互いに核を持っているので、核による内戦を防ぐにはロシアの核武力が必要となるかもしれない。中東からも東アジアからもヨーロッパからも撤退を急ぐと思うね。
Unknownさま (kuranishi masako)
2019-11-11 09:33:53
 ご返事をいただきまして、ありがとうございました。

 本記事は、’天皇陛下のお客様’という表現につきまして、それに潜む全体主義化のリスクを指摘しております。安倍政権の対中政策の方針につきましては、論点が’づれ’ますので、別に考えるべきなのではないかと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本政治」カテゴリの最新記事