万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

天皇の靖国神社参拝こそ正論では-日本国民に対する慰霊

2018-10-12 11:12:36 | 日本政治
靖国神社につきましては、小堀邦夫宮司が週刊誌に掲載された自身の発言の責をとり、その職を辞されたことで俄かに関心が高まっております。辞任の理由となった発言とは、“天皇陛下は靖国を潰そうとしている”というものであり、現状を憂いた同宮司の積年の思いが、厳しい言葉として口を衝いて出たのでしょう。

 靖国神社の問題を考えるに当たって、まず優先的に考慮すべきは、同施設が、戦場で自らの命を国に捧げられた日本国民の魂を慰める場として創建されたと言うことです。一神教の神と日本国の多神教の神との間ではその性質において違いがあり、靖国神社に対する誤解の元となったり、あるいは、中国や韓国などからは戦争の記憶や国民の反日感情を理由に公人の参拝が常々批判されますが、その原点に立ち返れば、人類普遍の慰霊行為に他なりません。

そして、とりわけ戦死者に対する厚い慰霊が何故必要になるのか、と申しますと、それは、戦地に赴き戦場で武器を手にとって戦うと言うことは、人にとりましてあまりにも過酷で苦悩に満ちた行為であるからです。自らが殺されるか、相手を殺すかの選択を常に迫られるのですから。戦地にあって、真の心の安らぎなど、あろうはずもありません。

 凄惨を極める戦場に臨む人々の心情を慮りますと、靖国神社の存在意義を無碍に否定はできないように思えます。この点に関連して、昨日、NHKのテレビの番組で、現代の日本社会で広がりつつある興味深い埋葬方法を紹介しておりました。それは、‘骨仏’と称される埋葬方法であり、遺骨をお寺の御堂に安置された仏像の体内に納めて供養してもらうという方法です。この方法であれば、身寄りのない人でも、自と一緒に納骨されている誰かの縁者がお参りに来て拝んでもらうことができます。多神教の日本国ならではの発想なのですが、同番組は、‘骨仏’を選択した人は、死後に自らの魂が永遠に慰霊されるという安心感を得て、残された命を前向きに生きてゆく自信を得ることができると報告しています。死後にあって安らぎの場が予め用意されていることは、直面している精神的な不安や苦痛を取り除き、死への恐怖を和らげる作用が認められるのです。

 おそらく、戦前・戦中にあって靖国神社は、現代の‘骨仏’と同様に、その魂の鎮まる先をしつらえるという役割において、明日の命も知れず、また、遠い戦場にあって死と向き合った将兵の方々に対して、大きな心に安らぎと慰めを与えたことでしょう。そして、遺族も含めた多くの人々が靖国神社を訪れ、慰霊のために祈りを捧げることこそを、自らがこの世で精一杯に生きた証としたかったのかもしれません。戦争自体は無いに越したことはありませんが、当時にあって、多くの日本国民が、大義を信じて国のために命を捧げています。‘天皇陛下万歳’と叫んで散華された方も少なくないはずなのです。

国のために自らの命を犠牲にした日本国民の魂に対して、国が背を向けてもよいのか、と申しますと、これは、人類の普遍的な道義的に照らしても国家の責務に反しているように思えます。この文脈においては、天皇の靖国神社参拝こそ正論なのではないでしょうか。左翼の人々は、天皇の戦争責任については激しく糾弾しますが、天皇の国民に対する責任を問うならば、歴史的な天皇の存在意義である国家祭祀の長として、国民慰霊のための靖国参拝こそ強く主張すべきなのではなかと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 古色だったビットコインの発... | トップ | 天皇慰霊の旅が抱える霊魂観... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
問題は・・・。 (mobile)
2018-10-12 14:51:02
靖国神社が問題となるのは後に合祀されたA級戦犯の存在が大きいと思います。今こそ靖国神社はA級戦犯の合祀を取りやめ、真に戦争の犠牲となった無名の英霊の鎮魂に徹するべきなのです。そうすれば誰も、どの国も文句は言わないでありましょう。
今上天皇は昭和天皇の戦争に対する責任を詫びて『謝るだけの人生』だったのです。そうして戦争で亡くなった人々のことを想って心を痛められているのです。
いま、憲法改正を声高に叫ぶ輩の跋扈にはさぞやお悩みのことと存じます。陛下のお気持ちを考えれば平和憲法の維持がいかに大切か分かるはずなのです。
靖国神社と皇室 (櫻井結奈(さくらい・ユ-ナ))
2018-10-12 16:36:37
靖国神社の小堀邦夫宮司が、天皇陛下に対して『批判めいた発言?』をされたとか云うことで、辞任を余儀なくされたというニュースは、お聞きしております。
小堀邦夫様の御発言が事実としますと、確かに『一線を越えており』、辞職もやむを得ないかも知れません。
私は天皇陛下をたいへん尊敬しておりますし、また靖国神社にも参拝したことがあります。
国民の多くも、たぶん同じでしょう。
天皇陛下を尊敬し、靖国神社を尊ぶ国民に取りましては、今回のことは胸苦しいことです。
皇室と靖国神社の両者を崇敬する善良な国民をジレンマに陥れるような事態は、決してあってはならないことです。
天皇陛下は靖国神社の祭典には、必ず勅使を派遣しておられます。
また、三笠宮家の彬子女王殿下と瑤子女王殿下は、皇室を代表して、大祭には御参拝を賜っています。
ですから、小堀宮司の「天皇陛下が靖国神社を軽視されている」という批判は、必ずしも正しくありません。

しかし、私は小堀邦夫宮司様の気持ちも、少しは理解できます。

☆畏れ多いことですが、天皇皇后両陛下は、自ら、靖国神社を御参拝なさるべきです。!
靖国神社に祭られてるいる英霊は、皇国日本と天皇陛下を、御守りするために、生命をかけて戦ったのではありませんか?
そういう英霊がいらっしゃったからこそ今の日本の平和と繁栄があるのではないでしょうか?

もちろん、私は天皇皇后両陛下が、日本内外の戦跡を訪ねられ、慰霊供養されてる、お姿には頭の下がる思いがします。
しかし、それは、戦死者を、「戦争の犠牲者」として憐れみ同情するだけの話です。
英霊は、憐れみや同情を求めているのではなく、「祖国日本のために命を捧げた聖戦士」として顕彰されることを求めているはずです。そういう英霊の前で「二度とあんな間違った戦争は有ってはなりません。」と、おっしゃったのでは、英霊の名誉を重んじることにはなりません。
 また、いわゆる「戦犯」の濡れ衣を着せられて処刑されたかたも、「天皇陛下の身替わりになれるのなら本望だ!」と、思って死刑台に潔く堂々とのぼられたのです。
 それを、「A級戦犯が合祀されてるから靖国神社には行かない」と、おつしゃっては、英霊や戦犯冤罪者の立つ瀬がありません。!
 「戦犯?」のかたが、天皇陛下の身替わりとして刑場で命を捧げられたからこそ、皇室制度は維持され、皇族のかたは今のような裕福でお幸せな御生活ができるのではありませんか!!!

こういう事を、天皇陛下は御認識いただき、靖国神社にも、御高配をいただきたいです。! 
もちろん、私は天皇皇后両陛下を限りなく尊敬いたしております。
尊敬いたしておりますからこそ、靖国神社にも御親祭を賜りたいです。
靖国神社の神職のかたがたも、そう思っていらっしゃるでしょう。
先日の小堀邦夫宮司様の発言は、確かに「行き過ぎ」はあったかと思いますが、天皇皇后両陛下に靖国神社に御来訪賜りたいとの思いが高ぶって、ああいう言い方になったのでしょう。
また、それは【英霊の声】に他なりません。
mobileさま (kuranishi masako)
2018-10-12 21:04:22
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 東京裁判につきましては、当時は、列強諸国によるアジア・アフリカの植民地支配もあったわけですし、背後には陰謀も渦巻いていたのですから、第二次世界大戦に関する国際軍事法廷につきましては、A級戦犯に戦争の全責任があるとは言い切れない側面があります。にも拘らず、東京裁判の判決を受け入れたのは、昭和天皇に罪が及ぶことを怖れた日本国側と、何としても日本国のみに戦争の罪を追わせたい連合国側の妥協の産物であり、しかも、国際法秩序の発展へと礎と認識されてもいました。侵略の罪であるならば、A級戦犯の合祀を批判している中国の方が、チベットやウイグル等を武力で併合しておりますので、余程、申し開きの余地のない戦犯国でもあります。何れにいたしましても、戦争とは、相手国あってのことですので、日本国一国が戦争を放棄したところで、平和が到来するわけではありません。中国の軍事的脅威を考慮すれば、日本国民を護るためにこそ、私は、憲法は改正すべきと考えております。
櫻井結奈さま (kuranishi masako)
2018-10-12 21:15:59
 コメントをお寄せくださいまして、ありがとうございました。

 数年前のアンケート調査によりますと、天皇陛下を尊敬しているとする回答が多数を占めていたように記憶しております。しかしながら、近年にあってはこうした意識調査は実施されておらず、実際のところは分からないのですが、尊敬の回答率は低下しているのではないかと推測しております。その理由としては、東宮問題、皇室の隠し財産問題、生前譲位問題をはじめ、常識では考えられないような問題が相次いで表沙汰になっているからです。今般の事件も、仮に、皇室や宮内庁が圧力をかけた結果の辞任であるならば、皇室に対する国民の崇敬心はさらに薄れてゆくことでしょう。そして、今日の混乱の根本的な要因は、皇室を日本国内のみの視点から理解しようとしていることに求められるのではないかと思うのです。明治維新の背後関係を含め、歴史の真実が明らかになる時、その時こそ、日本国民は、真正面から皇室という存在を見つめ直すこととなりましょう。
神様がお哀しみ (万葉集)
2018-10-12 21:53:03
初めてコメント致します。

私は母校が近くでしたので、靖國神社を学生の頃からとても身近に感じて来ました。
ですから今回の突然の辞任劇はとても胸が痛みました。
靖國神社は、明治天皇が御霊安かれと創設された日本の大切な神社です。
小堀宮司さまは、伊勢神宮で修行を積まれた博学で立派な方です。
高い志をもたれ、今年の3月に赴任されました。
今回漏洩された音声は、来年迎える創設150周年式典に、両陛下に御親拝頂きたいという大きな願いの元、うちうちの会議の席での会話です。
常識で言えば、辞任すべきはリークした輩な筈です。
うちうちの会議ですから、言葉に難があった点は致し方無いですが、仰っている内容は、誠に真っ当です。
誰もが言えなかった真実の話です。
よくぞ仰って下さったと私は嬉しかったです。
今時、こんな一生懸命な宮司さんがいらっしゃるなんて、日本の神様はお慶びだと思いました。
それが、この辞任劇です。
悲しくて胸が痛みました。

今回は、うちうちの腹を割った会議です。
誰でも本音を言う場なはずです。
それをリークした輩が、本当は不敬な筈です。

佳き宮司様を迎えて、より良い改革が出来る筈が、頓挫しました。
宮司様の辞任は、靖國神社にとって、大きな損失でした。
万葉集さま (kuranishi masako)
2018-10-13 07:21:34
 本ブログにご訪問くださり、また、コメントをいただきましたこと、厚く御礼申し上げます。

 本事件の発端が、神社内部の会議における発言のリークであったことは、国民が事の真相を知る上で大変重要な点であるように思えます。何故ならば、会議に先立って、何者かが失言を狙って盗聴を計画していたことが分かるからです。小堀宮司を辞任に追い込むために巧妙に仕組まれた策略であった可能性さえあります。おそらく、その人物は、反日組織から靖国神社内部に送り込まれ’工作員’であったのではないでしょうか。靖国神社も、この件については、内部調査を行うべきなのではないかと思います(もっとも、既に、靖国神社、そして、皇室や宮内庁も乗っ取られている可能性もあります…)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本政治」カテゴリの最新記事