万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

財務次官セクハラ辞任事件―侃々諤々の日本の言論空間は健全なのかも

2018-04-25 15:11:19 | 日本政治
竹下氏「財務相辞めるのも一つ」 次官のセクハラ疑惑で責任論言及
 週刊新潮に報じられた財務事務次官のセクハラ発言は、次官の辞任によって幕引きとはならず、現在、マスメディアやネットにおいて議論が続いております。同次官は名誉棄損の廉で訴訟を起こす準備中とのことですが、この事件、様々な憶測や推理が飛び交っているところを見ますと、日本国の言論空間が、案外、健全であることを示しているのかもしれません。

 第一の主張は、この事件は、純粋に個人間の問題であり、財務次官の発言は、女性に対する差別的なセクハラであり、かつ、その地位を利用したパワハラである、とするものです。この説では、被害者は、同次官を取材したテレビ朝日の女性記者であり、加害者の立場にあるのは、同次官と対処を怠ったテレビ朝日の両者です。被害者の女性は、自らの判断によって世に被害を訴えるべく、週刊新潮社に情報をリークしたことになります。

 第二の推測は、テレビ朝日が意図的に女性に取材を命じることで、同次官に対してハニートラップを仕掛けたのではないか、とする疑いです。この推測は、しばしば財務次官擁護論と称されますが、同事件を冷静に眺めて見ますと、確かに、不審な点を見出すことができます。男性記者を担当とせずに女性記者を選んでいますし(容姿端麗のきれいな方なのでは…)、セクハラ被害を訴えても適切な対応を採っておりません。この説に従えば、被害者は同次官(もっとも、国民のために国家の財務を預かる財務次官が易々とハニートラップに嵌められたのは大問題…)、並びに、社からハニートラップを強要された女性記者であり、加害者は、テレビ朝日となります。あるいは、テレビ朝日は、自らの手を汚すことなく同次官を辞任に追い込むために、女性記者に対して他者への情報リークを指示した可能性も否定はできません。

 第三にあり得るシナリオは、世界大で拡大中のMe Too運動の起爆剤として、同事件が仕組まれた、あるいは、利用されたとするものです。近年、アメリカの映画界やイギリスの政界などにおいて同様の事件が発生しており、同様の被害を受けた女性達が名乗りを上げる運動が広がっています。日本国では、海外での出来事として報じられつつも、然したる関心は寄せられておりませんでしたが、本事件を切っ掛けとして、Me Too運動に参加する女性達が続々と登場しています。この見立てでは、Me Too運動に共鳴した女性記者が個人的、あるいは、組織の支援を受けて行動したこととなり、自らが勤めるテレビ朝日ではなく、週刊新潮にリークした理由も説明がつきます。このシナリオですと、次官、朝日新聞社、並びに、女性記者の三者にあって被害者と加害者の立場が判然とせず、三者とも被害者であって加害者である三つ巴の構図ともなります。

 以上にネット上などで散見される主要な意見を述べてきましたが(第三のシナリオについてはオリジナル…)、何れの見解にも一長一短があり、真相は未だに藪の中です。様々な可能性がある段階にあって、一つの意見に流されることなく、また、糾弾一辺倒となることもなく、議論が湧くのは日本国の言論空間が比較的自由である証でもあります。そして、これらの他にも、(1)取材のモラル、(2)政府高官の品位、(3)主観に基づくセクハラ認定の是非、(4)罪刑法定主義からの逸脱(退職金等を懲罰として不払いとするならば法的根拠が必要…)、(5)セクハラ等を利用した政治的粛清のリスク、(6)セクハラ防止策としての女性の活動制限の是非、(7)デリカシーのない無自覚な男性の問題…等々、本事件が提起する問題は数限りがありません。本事件は、男性であれ、女性であれ、より善い日本の社会を築くために議論する契機として活かしてゆくべきなのではないかと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申しあげます。

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« “観光”は対北制裁の抜け道では? | トップ | 米イラン核合意再交渉提案が... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
朝日新聞社ではなくテレ朝なのだけど (Unknown)
2018-04-25 15:50:38
両社,資本関係はあっても別会社ではないのか?こういう基本のことで間違っているから、書き直したら?
Unknownさま (kuranishi masako)
2018-04-25 19:39:03
 本記事中の誤りにつき、ご指摘をいただきまして、ありがとうございました。急ぎ、修正いたします。また、間違いを含む記事を掲載いたしましたこと、Unwnouwさま、並びに、皆様がたに心よりお詫び申し上げます。
「闘将星野に続くことわずか4ヶ月未満で鉄人衣笠選手もガンに倒れる」 !!! (豊岳正彦)
2018-04-26 00:55:37
日本の国家予算100兆円医療費40兆円でそのうち厚労省発表で10兆円がガンの医療費である。
ほんとうは超高価な抗がん剤や遺伝子治療や放射線治療を厚労省に認可させるための莫大な金を使ったロビイ活動がなされており、
これらの高額治療が開発で消費する電力料金(原子力ムラ)その他を補助金で賄っていることを併せて勘案換算すれば実質「国民が全額を負担する」ガン医療費は20兆円弱になっている。

これほどの巨額を毎年治療研究に費やしているとしたら、普通の国ならとっくの昔にガンなど消えうせてしまっているはずだが、
日本厚労省保険医療死因統計では毎年成人のガンによる死亡が激増して昨年はついに死因統計が始まって以来初めてガンが成人死因の第1位となった。
いまや成人国民の3人に1人以上がガンで天寿を全うできずに亡くなってしまうのである。それも、唐突に。

一体世界唯一の被爆国日本の厚労省医政局保険医療のガン治療研究医学界はなにをやっているのか。

恥を知れと思う。

奇跡体験アンビリーバボー!のユーチューブを紹介する。みんな見てね。

https://www.youtube.com/watch?v=NLIGGlboPWo

これは山がもたらした奇蹟などでは無い。
日本の病院の厚労省ガイドライン抗がん治療をすべて止めて日本脱出したら一発で治った実録である。

日本のガン医療は治療と称して毎年18兆円もの医療費を国民から治療費と称して詐取して、ただただガンで死亡する成人を日本国内で激増させている。
日本厚労省医政局役人の言いなりのガン医療に従事して日本中の成人をガンで夭逝させ続けている日本厚労省医師免許医師は、患者の病を治すべきなのに逆に巨額の治療費をかけて匙を投げ余命宣告しているだけではないか。

厚労省が押しつけるガン治療を止めてヒマラヤに登って本当に自力だけでガンをきれいさっぱり治したこの人に日本のガン専門医者は何て言うのか聞きたいものだ。
お偉方は女性をホステス扱いをする (Unknown)
2018-04-26 04:14:46
日本にはホステスと言う職業女性がいて、胸を触らせたぐらいでボッタクリをする。女性記者もホステス扱いをして「秘密情報をやるから胸触らせろ」となる。記者の上司も女性を行かせたほうが秘密情報を取りやすいから送り出す。見方によってはハニートラップに見えるが、本質的にはお偉方の煩悩が原因。次官も東大法のピンなのだろうが、長年、アルコール漬けで煩悩だらけの阿呆と化していたということだろう。
日本男性は歳をとっても未熟なのかもしれない。TOKIOの山口も46歳にもなって女子高生に猥褻とは、なんて阿呆なのだろう。
あなたも未熟なことを仰る。容姿端麗な女性は幼い頃からちやほやされてナッツ姫みたいになっている可能性が高い。しょうゆ顔と言われる和風な顔立ちの女性の方が伴侶にも仕事上の付き合いにもよいのである。
セクハラ:6, パワハラ:3, ハニトラ:! (mobile)
2018-04-26 08:01:23
先日、松本人志が朝の番組で『(次官の)セクハラ:6, (テレ朝の)パワハラ:3, (女性記者の)ハニトラ:!ってところじゃないですか』と言ってました。ナカナカの分析かと思います。
これの再発防止策は、本来カンタンなことなのです。
各省庁が『飲食や饗応を伴う取材を受けたものは、基本的に汚職であると判定し戒告処分とする』とのように罰則を定めればイイだけの話なのです。
詳細は拙ブログにて。
https://blog.goo.ne.jp/mobilis-in-mobili/e/a709b590821ac6807ff9c53d1ebb0b6b
豊岳正彦さま (kuranishi masako)
2018-04-26 08:44:26
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 本記事とは関係はないようなのですが、抗がん剤治療につきましては、高額のみならず、その効果に疑いがあることは存じております。実際に、同治療を試みながら亡くなられる方も多いのですが、その一方で、完治した、あるいは、転移や増殖の抑制に成功したとする報告もあります。抗がん剤のみならず、他の治療方法も開発されてきておりますので、一概に、”癌治療はヒマラヤへ”とも言い切れないようにも思えます(がん患者全員がヒマラヤへ向かうのは不可能…)。となりますと、やはり、治療が高額であり、財政負担も大きいことが問題となるのでしょうから、予防や低価格治療の研究(もちろん、自然治癒力の促進等も含めて…)にシフトするのも一案ではないかと思います。
Unknownさま (kuranishi masako)
2018-04-26 08:50:02
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 この問題につきましては、コメントとしていただきましたmobileさまのご意見が解決策になるように思えます。なお、私が”容姿端麗”と申しましたのは、ハニートラップが目的であるならば、その要員としては、容姿は重要な要件となるのではないかと考えたからです。
mobileさま (kuranishi masako)
2018-04-26 09:00:19
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 ご紹介くださいましたmobileさまのブログ、拝見いたしました。全く、ご指摘の通りであると思います。この問題の背景には、”悪しき慣行”があるのですから、この慣行を法律を以って律しない限り、同様の問題が今後とも起きることとなりましょう。なお、罰則につきましては、賄賂を提供した贈賄側にも設けるべきなのかもしれません・・・(なお、仮に、次官が女性記者に国家機密を漏らしていれば、刑法上の汚職となりますので、記者との会食は相当に危険な行為なのでは・・・)。
Unknown (竹槍)
2018-04-28 05:12:06
以下は私の自分勝手な推測であり事実ではありません。

次官と女性記者は次官と記者として取材の場で出会ったのではなく、男女がセックスフレンドを求める場であるハプニングバーで一般の男女として出会った。

より正確には、次官がいかがわしい風俗店に出入りしているという情報を掴んだ女性記者の直属の上司が、次官から機密事項を聞きだすために、ハニートラップを仕掛けるべく、女性記者を潜入取材させた。

女性記者は次官とのコンタクトに成功し、連絡先を交換し、後日、ハプニングバーではない普通のバーで何度か会った。

次官は、ハプニングバーでおっさんである自分と連絡先を交換し、呼び出しに応じた女性記者のことを、おじさん好きのヤリマンと認識しており、セックス目的で口説いた。

次官は女性記者が記者だと知らず、取材を受けたという認識はなかった。

女性記者は身分を明かさない状態で次官から森友学園問題等の機密事項を聞き出そうと試みるも失敗し、直属の上司と共謀し、次官をセクハラで失脚させることで安倍政権にダメージを負わす方向に戦略を転換し、実行に移した。

もともとどちらに転んでもいい戦略だった。

ちゃんと保険をかけていた。

次官ははめられたことを悟ったが、いかがわしい風俗店に出入りしていたこと、既婚者であるにもかかわらず若い女性をセックス目的で口説いていたこと、ハニトラにひっかかったこと等、恥ずかしかったので真相を公言できなかった。

女性記者と彼女の直属の上司は、次官に対し、公務員法第100条違反をそそのかした教唆犯の疑いがあり、しかも政権転覆を狙ったものであるからして、それは中立公平をうたうテレビメディアとして致命的であるため、テレビ朝日としては、それを揉み消すのに十分な理由があったか、もしくは上層部は、作戦の主犯である女性記者の直属の上司から何も聞かされておらず知らなかった。

次官が口を閉ざすため、財務省には真相がわからず、事態の早期収拾を図るため、セクハラを認定し、退職金の一部返還を求めることで、世論の沈静化を図った。
竹槍さま (kuranishi masako)
2018-04-28 06:50:27
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 お見事な推理、拝読いたしました。この事件、巧妙に仕掛けられた政局絡みの陰謀とする見立ては、あり得るように思えます。マスメディアが騒ぐ事件の背景には、必ずといってよい程、別の意図が隠されているものですので、国民も、賢く見抜く術を身につけるべき時なのかもしれません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本政治」カテゴリの最新記事