万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

尖閣諸島は中国が倒そうとする最初のドミノ

2013-11-25 14:31:38 | 国際政治
中国、米の本気度試している…防空識別圏に懸念(読売新聞) - goo ニュース
 中国が、尖閣諸島上空を含む東シナ海一帯に防空識別圏を設定したことで、尖閣諸島をめぐる緊張が高まっております。中には、”小さな無人島を守るために日米同盟が発動するはずはない”との意見もありますが、尖閣諸島は、中国が倒そうとしているドミノ倒しの最初のドミノなのではないかと思うのです。

 ”領土的野心を露わにしている国に対しては、決して妥協してはならない”。この国際社会の鉄則は、第二次世界大戦の教訓でもあります。先日、日本国に赴任したキャロライン・ケネディ米大使の父君であるジョン・F.ケネディ大統領は、大学の卒論でミュンヘンの宥和を分析したそうです。キューバ危機に際し、ソ連に対してミサイル基地撤廃要求を貫いた姿勢は、この時に学んだ教訓の実践であったのかもしれません。そして、1975年にソ連邦が、東欧諸国にSS20を配備した時にも、NATOは、米ソ両国に中距離核戦力削減交渉を促しつつも、西欧諸国に、巡航ミサイルおよびパーシングII弾道ミサイルを配備して対抗したのです。一見強硬に見える政策ですが、結果を見れば、相手国に攻撃の一手を打たせないことに成功しています。尖閣諸島の緊張もまた、相手国が、一方的に攻撃の意図を明白にした状況において共通しています。そして、尖閣諸島もまた、ここで宥和策を以って妥協しますと、箍が外れた中国の覇権主義は、留まるところを知らずに四方に膨張するかもしれないのです。”中国の夢”、即ち、19世紀末に消滅した華夷秩序を復活させ、ドミノ倒しの如く、世界大に広げるために…。

 アメリカの本気度を試したともされる中国の挑発に対して、ヘーゲル国防長官は、日米安保条約第5条適用の明言を以って応えております。加えて、ケリー国務長官も、現状を一方的に変更しようとしている中国の行動を批判する声明を公表しました。第二次世界大戦の教訓を堅持したアメリカの決定、そして、日本国の一歩も引かぬ姿勢は、再度、ドミノの最初の一枚が倒れることを防ぐのではないかと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 韓国のF35A選定-アメリカは韓... | トップ | 尖閣問題は安保理プラス戦争... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ねむ太)
2013-11-25 20:53:30
こんばんは。反戦平和主義こそ戦争を呼び寄せる。
中国が防空識別圏を設定し尖閣どころか沖縄までも侵略しようと画策しています。
中国は、我が国にいる中国人に対し、いつでも連絡をつけられるよう指示をだしたそうです。
国防動員法が発令される日が近いのかもしれません。
経団連の狸は「防空識別圏を設定するなど信じられない」と未だに寝惚けた事を言っているようです。
少なくとも、日本軍が遺棄したとされる毒ガス弾の保証問題を持ちだした時点で危機を予測し撤退する準備をはじめていなくてはならないのですが、事務や経理上がりで現場を知らない者には危機管理は出来ないと自白している様なものです。
また、オバマ・ケリーコンビは反戦平和主義であり、米国は世界の警察官でないと発言すれば、中国は武力による侵掠をする危険性が予測できないとは、愚か者はどこまで行っても愚か者でしかありません。
ニューヨーク・タイムスには、国連事務総長はどこへ消えたと題して、何の役にも立たない国連事務総長と皮肉った記事が掲載されました。
中国が武力を持って侵掠を始めれば、反戦平和主義者や九条信者は身を投げ出して守ってくれるのでしょう。
言論の責任だけは、しっかりと取らせたいものです。
この状態で最悪の結果を招きそうなのが韓国です。
中国の味方をすれば、石油や食料が入らなくなり、兵器は動けませんし、日本の味方をすれば中国に蹂躙される・・・
どちらに転んでも亡国以外に道はなさそうです。
中国は党内で権力闘争の最中で習近平は軍を完全に掌握しておりませんので軍が暴走を始めても止める力はありません。
このような状態でも、特定秘密保護法案に反対と、のたまう某民主党の安愚楽万里くんや、共産党・社民党など国会議員としての資質に疑問を抱かずにはいられません。
このまま尖閣で武力衝突が起きれば、鳩ポッポを始め中国の代弁者には外患誘致罪の適用もありえます。
現実的には中国大陸から尖閣まで戦闘機が飛来しても戦闘をする燃料の余裕はないでしょう。
艦隊で押し寄せようとしても、自衛隊の潜水艦を補足しきれていない状態ですので中国は圧倒的に不利な状況の中での戦闘となります。
人民解放軍が負けた場合は、人民の一斉蜂起も考えられ共産党独裁は崩壊に向かう可能性が大きくなります。
この状態で考えられる事は、我が国を挑発し最初の一発を撃たせる事だと考えられます。
それとも、中国国内での人民の暴動が激しく抑えきれなくなり、外に目を向けさせる為だとも考えられます。
我が国は、この状況を利用して国連の解体・国際機関の再編も視野に入れておくべきではないでしょうか。
ねむ太さま (kuranishi masako)
2013-11-25 22:16:18
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 中国もまた、韓国と同様に、戦争となっても、ならなくとも、どちらに転んでも、ひと波瀾もふた波瀾もありそうです。国内を纏めるために戦争を起こしても、敗北する公算は高く(体制の崩壊へ…)、また、戦争を回避しても、国民の不満の噴出は抑え難い状況にあります。どちらの道を選んでも、共産党の一党独裁体制は崩壊するならば、せめて、ソ連邦のように、自己消滅してはどうかと思うのです。日本国とりましても、アメリカ、並びに、国際社会にとりましても、中国共産党一党独裁体制による統治の失敗の巻き添えにされるわけですから、まことに迷惑なことです。
 未だに第二次世界大戦の総決算は済んでおらず、国際組織の在り方も、抜本から見直す時期に来ていると思うのです。
中共を分断し、朝鮮を荒野に戻せ (憂国のZ旗)
2013-11-26 18:51:52
kuranishi masako さん、こんにちは

今回の防空識別圏は、尖閣侵略から続く、自由主義陣営に対する
兇刃であると感じます。

チャイナリスクと言う語句が取り沙汰されたのは、何時頃でしょうか、
オバマの引き篭もりは、世界統治を誤認した。
NO2を叩けとばかりにした結果が、戦乱の風を呼び込んだ。

第一次オバマ政権は何を血迷ったか、G2と言う有り得べからざる
政策に走った。ヘーゲル国防長官は現実的対応です。
国務省の判断が戦乱を誘発する。

決して、習近平とパクのみを原因とする事はできない。

日本国は粛々と法制と軍事の増強に努めなければならない。
習自身が力の信奉者であり、力以外に有効な抑止力は存在しない。

次に行う事は、佐藤守元空将が言う様に、中共を分断する事です。
台湾の独立承認、国交樹立。比国に対したように、
チベット、ウイグル、内蒙古の個別的独立支援、武器、物資の援助、
防衛省と外務省もしくは、総理府などが行動する事です。

また、韓国は経済資本、物資で無力化して、日本国に対する敵対力を
そぎ落とす事です。

安倍晋三首相の国民を守ると言う決意は、積極的平和主義と
なって、世界の人々に貢献する事です。右傾化とか、軍国主義復活とか、
プロバガンダに屈してはなりません。

憂国のZ旗さま (kuranishi masako)
2013-11-26 19:11:48
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 右傾化とか、軍国主義復活といったプロパガンダは、もはや通用しなくなりつつあります。中国の行動は、疑いようもなく覇権主義者、あるいは、暴力主義のものであり、それは、誰の目にも明らかです。アメリカ国内にも怪しい勢力があり、中国の背後で蠢いている可能性はあるのですが、尖閣に関して安易に妥協しますと、その後、領土、並びに、自由と民主主義を取り戻すために、より大きな犠牲を払うことになります。ここは、尖閣諸島を何としても死守すべきです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際政治」カテゴリの最新記事