万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

‘平壌裁判’は開かれないのか?-朝鮮戦争は侵略戦争であった

2018-06-15 10:52:15 | 国際政治
 米朝首脳会談において公表された共同声明には、朝鮮戦争の終結を意識した文言を見出すことができます。かねてより、北朝鮮は、アメリカとの直接交渉によって平和条約締結を実現し、米朝関係を正常化する戦略を追求してきました。今般、アメリカも、この方針を受け入れたように見えますが、朝鮮戦争の発端に思い至りますと、この解決方法は、国際社会における法秩序、並びに、人類のモラルの崩壊をもたらしかねません。何故ならば、朝鮮戦争とは、国連安保理でも認定された北朝鮮による侵略戦争であったからです。

 第二次世界大戦にあって、ドイツと日本の両国は、連合軍が設けた国際軍事法廷、即ち、ニュルンベルク裁判と東京裁判によって戦争責任者が厳しく断罪され、裁かれました。当時にあっても、事後法の遡及となるため、刑法の原則に反するとする批判はあったものの、これらの裁判は、国際法秩序形成への一里塚として正当化されたのです。法秩序を尊重するこの基本原則は、朝鮮戦争に際しても貫かれており、国際法において定められた南北境界線である38度線を越えて韓国領に侵入した北朝鮮に対して、国連安保理は明確なる侵略認定を下しています。そして、ソ連邦の欠席による安保理決議成立とはいえ、侵略国家と戦うための軍事組織として‘国連軍’が結成されたのです。

 この経緯を考慮しますと、朝鮮戦争とは、アメリカ・韓国陣営と中国・北朝鮮陣営の間で発生した通常の‘戦争’ではありません。侵略国家対国際社会(国連)の構図で捉えるべき戦争であり、正確に言えば、北朝鮮の侵略戦争を排除するための、軍事制裁としての武力行使であったのです(この意味において、朝鮮戦争とは侵略戦争+軍事制裁の二重戦争である…)。実際に、この当時、米韓同盟は未だ存在せず、アメリカ軍が軍事行動に参加する正当な根拠は、上記の国連安保理決議にありました。つまり、アメリカは、‘世界の警察官’として、法秩序の下で平和を守るという自らの義務を引き受けたのです。軍事介入した中国に至っては、侵略国家の側に加担したのですから、いわば、‘共犯者’の立場にあります。

 ところが、今般の朝鮮戦争終結をめぐる各国の動きを見ますと、朝鮮戦争が、国連が認定した侵略戦争であった事実が忘却されているかのようです。おそらく、その背景には、同戦争において侵略側、即ち、国際軍事法廷の被告席に座るべき北朝鮮、中国、そしてロシアの意向が働いていることは容易に想像できます。これらの諸国は、朝鮮戦争を‘南北戦争’、あるいは、‘米朝戦争’にすり替えることで、自らの侵略行為を誤魔化そうとしているのでしょう。最終的に米朝二国間、あるいは、中国、韓国、あるいはロシア等の諸国による平和条約締結に持ち込めば、戦争責任者の追及や処罰のプロセスをカットできる上、経済支援まで引き出せるからです。

 これまでのところ、アメリカのトランプ政権も、この路線に引き込まれてしまっているかのようです。しかしながら、国際社会の法秩序の観点からしますと、この‘解決策’は、人類を堕落させる怖れがあります。侵略行為が公然と追認され、捕虜虐待といった通常の戦争法における違法行為さえ不問に付されるからです。こうした北朝鮮、並びに、犯罪国家陣営に対するあまりにも寛容な対応には、多数の死刑者を出すなど、厳罰に処されたドイツや日本国には承服できないでしょうし、何よりも、善悪の判断放棄を伴う国際法秩序の崩壊がもたらされます。米朝首脳会談共同声明でも、両国の関係を‘緊張状態’並びに‘敵対関係’と表現し、その克服を記していますが、朝鮮戦争が侵略戦争であった事実に鑑みますと、この表現は、歴史における事実を歪めています。警察官と犯罪者の関係は、対等な者同士の平凡な対立関係に巧妙に置き換えられているのです。

 法的論理一貫性を以って朝鮮戦争を終結させるには、まずもって、侵略の責任を明らかにする必要があるのではないでしょうか。中国やロシアが国際法を踏み躙る行動を繰り返す中、“平壌裁判”なき戦争の終結は、全世界の無法地帯化に拍車をかけかねません。米朝首脳会談が近い将来‘第二のミュンヘンの宥和’とならないためにも、通すべき筋を通し、なし崩し的な対北朝鮮融和策には人類史的な視点に立って歯止めをかけるべきではないかと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« トランプ大統領は‘騙されたふ... | トップ | 日朝平壌宣言は日本国の外交... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
北朝鮮および中国の非人道的なのは今に始まったことではナイ (mobile)
2018-06-15 11:36:54
仁川上陸後、反攻に転じた米韓両軍はたちまち北朝鮮を追い詰め、あと少しというところで、想像を絶する攻撃を受ける。
義勇軍という名目で中国が介入してきたのである。
その部隊は地雷原を突っ切って攻撃してくる、地雷を踏んで爆死しようが、おかまいなしに次々と突撃してくるのである。後から分かったのだが、これは中国の囚人で構成された部隊だった。米韓両軍の中にはこの光景を見て精神に異常をきたした兵士も多かったと聞きまする。
mobileさま (kuranishi masako)
2018-06-15 19:50:56
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 朝鮮戦争において中国が投入した義勇兵は、満州族であったとする説もあるようです。すなわち、満州族の民族性を消し去るためのジェノサイドであったわけですので、あまりの非人道性に言葉もありません…。こうした朝鮮戦争の背景を考えますと、歴史の検証を抜きにしての朝鮮戦争終結には疑問を抱かざるを得ないのです。
誰も触れようとしないか知らないか?の現状 (ベッラ)
2018-06-17 21:24:07
フェイスブックにシェアをさせていただきました。
https://www.facebook.com/chiara.diploma
誰も言わなかったことを大胆に説かれる倉西先生は
女傑です。これは確かにそうです。
いつも憂国の読み応えのある貴文に敬意と感謝を捧げます。
ベッラさま (kuranishi masako)
2018-06-17 21:55:02
過分なお褒めの言葉をいただきまして、ありがとうございました。

 私のみならず、多くの方々が、今日の日本国、否、国際社会の現状に危機感を抱いているのではないかと思います。人類が善き未来を築くことが出来るよう、非力ながら、ブログにて拙い意見を述べさせていただいている次第でございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際政治」カテゴリの最新記事