万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

元安政策―”インフレ”という名のブーメラン

2011-01-06 15:54:51 | 国際経済
リンク: 北京・上海など大都市の分譲住宅価格、10年は20%以上の上昇―中国 - 速報:@niftyニュース.

 中国の不動産バブルの凄まじさは、”農民工ならば、1000年働いても家が買えない”という国民の嘆きからも伺えます。中国政府は、輸出競争力を高めるために、頑なに元安政策を堅持してきましたが、この政策には、インフレという副作用があります。

 当局による度重なる元売りドル買い介入の結果、国際金融市場には、大量の元が供給されることになりました。まだまだ経済に対する統制が強い中国では、為替取引に制限を加えたり、金融市場の開放を渋ることで、何とか、この大量の元が国内に逆流することを防ごうとしているようです。それでも、規制の網をかいくぐって、元は中国国内に流れ込んでおり、住宅価格の高騰にみられるようなバブル型のインフレを引き起こしているのです。防波堤を破られた中国は、国内の政策金利を引き上げることで事後的に対処しようとしていますが、中央銀行の利上げは、さらなる元の流入の誘因となりますので、インフレ抑止にどれほど効果があるのかも未知数です(逆効果になる可能性も・・・)。

 価格上昇が一部の不動産バブルに留まらず、食料品や生活必需品にまで及ぶとしますと、国民の不満が一気に高まりますので、その影響は図りしれません(政府批判、賃上げ要求の激化、バブル崩壊…)。遅れてやってくるインフレという怪物に、果たして、中国は、太刀打ちすることができるのでしょうか。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (29)   この記事についてブログを書く
« 日本国が目指すべきアジアの... | トップ | 夫婦別姓訴訟―夫婦同姓は憲法... »
最近の画像もっと見る

29 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
少しはまともになったね。 (Unknown)
2011-01-07 19:27:46
元安政策は”通貨ダンピング”
2010-09-28 15:54:51 | 国際経済人民元の安定、米国の圧力に屈せず維持=中国政府系エコノミスト(トムソンロイター) - goo ニュース

 急激な経済成長を踏み台にして大国の地位に上り詰めながら、国際ルールを守らない中国の存在は、他の諸国にとりましては、いつ何時、牙をむくか分からない、リスキーな怪物です。この怪物を育てたのが元安政策なのですから、再三の元高要求をはねのけて、中国政府が、この政策をあくまでも維持すると言い張るわけです。

 ところで、元安政策とは、一種のダンピング=”通貨ダンピング”なのではないでしょうか。価格競争上の優位を得るために、製品価格を意図的に国内価格よりも引き下げて輸出することは、輸出先の国の経済に深刻な打撃を与えるダンピング行為として、WTOや通商法で禁じられています。通貨についても、意図的な通貨安は同様なマイナス効果が及ぶのですから、ダンピングに列してもよいと思うのです。実体経済を反映させた適正な為替レートから、政府が意図的な操作で自国通貨安政策を行った場合には、ダンピングとして認定すれば、被害を受けた国は、相手国への是正要求、相殺関税などの対抗措置、罰金などの制裁措置…が採れるようになります。中国の場合には、廉価な労働力という”ソシアル・ダンピング”も加わりますので、ダブル・ダンピングの状態です。

 自分で書いた記事が「おかしい」ことがわかるね。

 でも、今回も間違っているよ。

 当局による度重なる元売りドル買い介入の結果、国際金融市場には、大量の元が供給されることになりました。まだまだ経済に対する統制が強い中国では、為替取引に制限を加えたり、金融市場の開放を渋ることで、何とか、この大量の元が国内に逆流することを防ごうとしているようです。

 あのね、中国は為替制限しているから、「国際金融市場に大量の元」なんか、絶対に流れないの。

 輸出の代金は、「元」で支払われるから、中国国内市場で、「大量のドル売り元買い」なの。
 市場で企業が「元」を受け取るんだけど、それだと「元高=ドル安」になるの。それを防ぐため、中国政府と一応中央銀行が「市中」のドルを購入するの。いわゆる、元安政策ね。

 大量の元が国内市場に提供されるから、「インフレ」なの。

 元安は「いいも悪い」もないの。あなたの言うとおり、「ブーメラン」だから。
Unknownさん (kuranishi masako)
2011-01-07 20:53:32
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 中国政府は、貿易決済の支払い手段としての為替取引だけは認めているようです。しかしながら、中国政府自身が、実体を伴わない為替介入を行っているのですから、貿易決済に際して中国市場に還流する元以上の元が金融市場に供給されることになるのです。しかも、貿易決済は、元建てあるとは限らず、大量の外貨準備の積み上げでも分かるように、ドル建ての場合もあります。大量に供給された元を中国政府が自国に還流しないように規制をかけているとしますと、金融市場を開放している諸外国にとりましては、不公平なことにもなります。
 以上から考えますと、元安政策は、諸外国の経済にマイナス影響を与える上に、自国ではインフレが国民を苦しめる”悪い政策”と言えるのではないでしょうか。
わかってないのかな? (Unknown)
2011-01-08 11:57:33
中国政府自身が、実体を伴わない為替介入を行っているのですから、貿易決済に際して中国市場に還流する元以上の元が金融市場に供給されることになるのです。しかも、貿易決済は、元建てあるとは限らず、大量の外貨準備の積み上げでも分かるように、ドル建ての場合もあります。大量に供給された元を中国政府が自国に還流しないように規制をかけているとしますと、金融市場を開放している諸外国にとりましては、不公平なことにもなります。

について、解説するね。

「大量に供給された元を中国政府が自国に還流しないように規制をかけている」

 ちがうの。取引は、ドル決済なの。中国輸出企業が、輸出代金を、「元」で受け取るでしょう?
 そのドルを買って、「元」を供給するのが、中国政府と、中国の中銀の役割なの。

 だから、「貿易黒字」分、必ず、中国政府と中銀の「ドル資産」が増えるの。そのかわり、市場には、同額の「元」があふれるの。「貿易黒字分」の「元」が国内に還流するの。だから、インフレなの。

 貿易黒字額=元の量増なの。中国は資本取引の自由化をしていない(元は国外には流通しない)から、こうなるの。だから「ブーメラン」なの。

 インフレ抑えるために、預金準備率上げたり、政策金利上げたり、中国政府や、中国人民も、結局はコスト払うの。だから、「いいも悪い」もなく、ブーメランなの。勝手にどうぞなの。

 それから、経常収支黒字(貿易+所得収支+経常移転収支)=広義資本収支(狭義資本収支+外貨準備+誤差脱漏)だから、中国が貿易黒字を出せば出すほど、広義資本収支は、赤字になるの。

 中国は経常資本収支黒字(プラス)で、狭義資本収支も黒字(外国からの資本流入が大)(プラス)だから、その分、外貨準備が赤(マイナス)になって、バランスしているの。

 国際収支表は、複式簿記だから、絶対に経常収支黒字(貿易+所得収支+経常移転収支)=広義資本収支(狭義資本収支+外貨準備+誤差脱漏)になるの。

 外貨準備増大は、中国の場合、「必然」なの。

 わかったかなあ?
 
Unknownさん (kuranishi masako)
2011-01-08 16:11:04
 Unknownさん自身が、先のコメントにおいて、輸出は「元」で支払われると書いているではありませんか。ですから、もし、先のコメントと今回のコメントとの間に整合性をもたせたいならば、”中国の輸出企業は、輸出代金を「ドル」で受けとり、その「ドル」を中国政府、あるいは、中国中央銀行が「元」と交換するので、インフレになる”が正しいはずです。

 さらに、元相場を決めている為替市場における中国当局の元売ドル買介入については無視してるようです。

 中国の金融・経済政策は不透明ですので、情報を豊富に入手できる内部の人でない限り、かの国の状況を正確に分析することは不可能です。しかしながら、おそらく、中国のインフレと外貨準備の積み上がりには、(1)輸出超過と(2)為替介入の二つのルートがありそうです。

 わかったかな。

 とここで私が申しますと、不愉快に思われることでしょう。他人なのですから、礼儀正しくコメントは書くようにお願いします。

 何れにしましても、元安政策は、タイム・ラグを利用した「悪い政策」なのです。
何を言っているのかな? (Unknown)
2011-01-08 22:02:10
『中国の輸出企業は、輸出代金を「ドル」で受けとり、その「ドル」を中国政府、あるいは、中国中央銀行が「元」と交換するので、インフレになる』

『輸出代金をドルで受け取る』なんてことは、ありえません。為替の仕組みを分かっていないのでは? 会社のの仕組みを知らないで、為替を語っていけません。

 為替の仕組みを、高校教科書でいいから、読んでみてね。為替手形すら、分かっていない人が、経済語っても・・・・

『元相場を決めている為替市場における中国当局の元売ドル買介入』

 って、だから、国際収支表上、「為替介入」をしないと、バランスできないの。バランス・シート=企業の貸借対照表も知らないんでしょう? 複式簿記の原則なの。

『(1)輸出超過と(2)為替介入の二つのルート』て、必然なの。人為的なものではないの。

『悪い』とか、『いい』とか、経済学を知っていれば、絶対に出てこないの。事実論(国際収支表原則=ブーメラン)だから、価値判断はしないでね。
Unknownさん (kuranishi masako)
2011-01-09 09:54:32
 中国国務院が、人民元を貿易決済に使用することを認めたのは、2009年4月のことのようです。以後、人民元決済の量は増加しているようですが、ドル決済がなくなったわけではありません。なお、為替手形の仕組みと会社の仕組み=会計とは、基本的には別物です(為替リスクによる損益は、輸出入にかかわる企業にのみ関係する)。

 Unknownさんは、価値判断を避けたいようですが、少なくとも”経済政策”には、良し悪しがあります。身勝手な元安政策は、フェアな貿易を歪め、自国にもマイナス効果が返ってくるのですから、”悪い政策”なのです。
屁理屈はたくさん (Unknown)
2011-01-09 21:15:51
「為替手形の仕組みと会社の仕組み=会計とは、基本的には別物です」

違うの。

言っている事は、

(1)「会社の仕組み」=輸出している会社の仕組み=決済は円で受け取る。

(2)「為替手形の仕組み」=(1)をするための仕組み。

両者を混同なんてしていませんから。


「中国国務院が、人民元を貿易決済に使用することを認めたのは、2009年4月のことのようです。以後、人民元決済の量は増加しているようですが、ドル決済がなくなったわけではありません。」

 そんなことは百も承知。元決済は、ドル決済の1960分の1(20010年予測)。

 元は、外国には出さないの。

「身勝手な元安政策は、フェアな貿易を歪め、自国にもマイナス効果が返ってくるのですから、”悪い政策”なのです。」

 だから、ブーメランだからさあ。

「円高政策は、フェアな貿易で、自国にもプラス効果が返ってくるのですから、”良い政策”なのです。」

 ってなるの?

 もう止めようよ。論破されているんだから。

Unknownさん (kuranishi masako)
2011-01-10 16:15:54
 論破はされてはおりません。ここで、これまでの議論を整理しながら反論しますと、以下のようになります。

・中国が巨額の貿易黒字と外貨準備を積み上げ、インフレを起こしている主要な要因は、(1)輸出超過(2)為替介入(3)元取引の増加、の3つ、あるいは、これらの相乗効果と考えられる。本記事では、(2)の元安政策に焦点を当ててブーメラン現象を指摘したが、Unknownさんは、(1)の貿易決済を根拠に反論している。つまり、この議論は、最初からかみ合っていない。

・(1)の基本的なメカニズムとは、公開されている情報から推測しますと、1.「ドル建て」の契約⇒2.中国銀行…による中国の輸出企業からの「ドル建て手形」の買い取りと元供給⇒3.中国銀行による「ドル建て手形」の輸入国の銀行への送付⇒4.輸入国による手形決済とドルの回収(船積み書類や信用状については省略)となる。2の段階で、(2)により相場が元安に設定されていると、当然に、通貨供給量も増加し、インフレの加速要因となる。

(2)の場合には、上海為替市場における中国当局の市場介入が確認されている。外国為替市場における元売り介入は、元の海外流出の一因となる。

 (3)については、香港オフショア市場でも元取引は行われているし、元建て決済も増加傾向にある。因みに、2010年10月に、中国商聘銀行の幹部が、海外の人民元保有者が中国市場に資金を還流できるよう、より一層の規制緩和を求めている。当局の規制に拘わらず、人民元は、中国の国外に流出しており、これらの元が還流されると、中国国内のインフレはさらに亢進される。

・複式簿記では、貸方と借方が一致するのは当たり前であり、元安政策の正当化の根拠とはならない。

・元安政策が”悪い政策”である理由は、フェアであるべき競争を歪め、他国に被害を与えるからである(輸出競争力の不当な低下、生産拠点の移転、失業…)。しかも、自国にも、時間差でインフレが襲いかかるので、内外両面において問題がある。

 なお、見も知らない相手に対して、たたみかけるように終助詞の”の”を使いますと、相手に不快感を与えますし、ご自身の説の説得力も失われると思います。
Unknownさん (kuranishi masako)
2011-01-10 16:46:47
追加です。

先のコメントで貿易決済の基本的なメカニズムについて書きましたが、5.の輸入国銀行から中国銀行…へのドルの送金を書き忘れました。悪しからずです。
だから (Unknown)
2011-01-10 21:19:11
「元安政策の正当化」なんて、誰も言っていないから。

最初から最後まで、下に書いた一点のみ。

 それから、経常収支黒字(貿易+所得収支+経常移転収支)=広義資本収支(狭義資本収支+外貨準備+誤差脱漏)だから、中国が貿易黒字を出せば出すほど、広義資本収支は、赤字になるの。

 中国は経常資本収支黒字(プラス)で、狭義資本収支も黒字(外国からの資本流入が大)(プラス)だから、その分、外貨準備が赤(マイナス)になって、バランスしているの。

「元」安=「中国国内に元増量」=「インフレ」

 は、必然(メカニズム)であり、「人為」ではないの。

<・複式簿記では、貸方と借方が一致するのは当たり前であり、元安政策の正当化の根拠とはならない。>

 じゃあ、あなたの言う「元安」政策?なるものしないで、中国の国際収支表を作成してよ。

 それができるなら、人為的な「元安」政策?なるものがあると認めるからさあ。
 
 あと、ISバランスでもいいよ。中国は「貯蓄超過」=「貿易黒字」でしょう?「貿易黒字」=資本赤字(海外投資+外貨準備増)だからさあ。

 中国の場合、海外投資<中国国内への海外からの投資で黒字だよ。

 どうやって、バランス(複式簿記)とるの?

証明してね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際経済」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事