万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

日本産農林水産物1兆円輸出プロジェクトの問題点

2018-09-21 11:01:52 | 日本政治
 貿易自由化の波は農業分野にも押し寄せ、国際競争力に乏しい日本国の農業は、常に守勢とならざるを得ない状況にありました。その一方で、日本産の農林水産物の品質は高く、また、日本米、日本酒、醤油、味噌など、和食ブームによる料理素材に対する海外需要は、近年、著しく伸びています。この側面からしますと、日本国政府が進めている農林水産物・食品輸出拡大方針は、自国の強みや特性を活かすのですから、政策の方向性としては間違ってはいないように思えます。しかしながら、問題点が全くないわけでもなさそうなのです。

 第1の問題点は、日本国の食糧自給率が極めて低い点です。日本政府が打ち出している輸出拡大政策には、明確な目標が設定されています。それは、2019年までに輸出総額1兆円を達成すると言うものです。2016年の輸出実績は、既に7502億円に達していますので、冒険的とも見える1兆円という数字も夢物語ではありません。その一方で、日本国の食糧自給率は2017年度のカロリーベースで38%であり、1961年度の78%から一貫して低下し続けています。余剰生産力を有する国が輸出に熱心となるのは当然ですが、日本国の場合、自国の食糧生産が十分ではないにも拘わらず、輸出を拡大させますと、食料自給率の低下に拍車をかけることとなります。

 第1の問題に関連して第2に挙げられる点は、日本国内の食料品価格の上昇リスクです。食糧が不足する状態で輸出を増やしますと、国内市場に出回る農林水産物の供給量が減少しますので、価格の決定要因の一つである需給バランスが崩れます。つまり、日本国内では品薄状態となり、国産品の価格が上がる可能性があるのです。物価の全般的な上昇は、その原因が何であれ日銀としては歓迎なのでしょうが、国民の家計を直撃します。

 第3の問題点は、第2の問題点の解決策として安価な外国産の輸入を増やした場合、第一の問題点が悪化すると同時に、‘安全で高品質な国内産は海外富裕層向けに、安全性が低く低品質な外国産は日本国民向けに’という、一種の‘国際分業’が成立してしまうことです。この状態に至りますと、土壌や大気がクリーンな日本国内の農村は、ブランド化された輸出向け農産物の生産地となる一方で、日本の一般家庭の食卓には、新鮮で安全な食材が上らなくなります。今日、健康ブームで国産品の需要が高まっている折、日本国で実る海や山の幸は、一般の国民にはさらに手の届かない高級品となりましょう。数年前のまぐろの初セリで、香港の事業者が法外な値で日本人事業者に競り勝ちましたが、資金力に優る海外勢力の手にかかれば、国産の農林水産物、否、日本の農業は、海外勢力に押さえられてしまうかもしれないのです。

 以上に主要な問題点を3点ほど指摘しましたが、政府が、目標数値の達成を最優先事項と見なし、さらなる輸出拡大策を推し進めますと、この政策は、家計のエンゲル係数を上昇させ、食の豊かさを失うという意味において望ましいとは思えません。この点を踏まえれば、まずは国内の食料供給、農業の高付加価値化、農地の有効利用等を第一とし、その上で、日本国民にマイナス影響を与えない範囲において輸出拡大政策を採るべきなのではないでしょうか。日本国中に輸出向けプランテーションが乱立する光景が、未来の日本国の姿であってはならないと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 金正恩委員長訪韓のジレンマ―... | トップ | ナチス政権誕生は‘普通の人’... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
エンゲル係数高めです。 (mobile)
2018-09-21 12:31:21
すでにして『安価な外国産野菜』は日本に浸透してきています。家計重視の家庭では買う野菜はすべて中国産なあんて家の多いンぢゃないかと思います。
私は『子供の健康が心配ぢゃないンか?』と問いたい。ちゃんとした基準もなく催奇形性のある殺虫剤をバンバン使う国の作物が恐ろしくないンでしょうか?
私は食品に関しては『チャイナ・フリー』です。結果エンゲル係数は高めですが『本当に豊かな生活はエンゲル係数高め』ぢゃないか、と思っているのです。
ブログ主様は、いつも鋭い視線で盲点をついていらっしゃいますね。 (櫻井結奈(さくらい・ユ-ナ))
2018-09-21 18:51:28
今回、先生のブログを拝見して、いろいろ考えさせられました。
一般の人は、「『日本の農林水産物』が国際競争力をつけて、輸出プロジェクトに乗ることは結構なことじゃないか」と思ってるようですが、必ずしもそうとは言えないことが、わかりました。
 特にブログ主様は、現状の日本においては、食料時給率が極めて低い事を指摘しておられます。
これは、多くの人が知っていることですが、さらにそれに加えて、重要で深刻な御指摘がありました。

それは、食料の貿易自由化により、
★【安全で高品質な国内産は、海外富裕層向けに、安全性が低く低品質な外国産は日本国民向けに、、、、】★という事を述べておられましたが、これは、極めて深刻な【盲点】をついていらっしゃると思います。
 農業者や消費者に意識していただきたい、と思いました。

☆何よりも食料自給率をあげることが、最優先の課題だと思います。!!
mobileさま (kuranishi masako)
2018-09-21 20:16:39
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 本来、日本国政府は、日本国民が、安価で安全な食材が購入でき、健康で豊かな生活を送れることを、基本方針とすべきではないかと思います。政策に軸が輸出拡大に傾斜しますと、日本国民が不利益を被ることになりましょう。ここは、賢明な判断をお願いしたいと思うのです。
櫻井結奈さま (kuranishi masako)
2018-09-21 20:31:55
 コメントをお寄せくださいまして、ありがとうございました。

 工業製品とは違い、農産物は、土地利用や農村風景といった国家領域の空間と関わっておりますし、国民の生活や健康とも密接に結びついております。安易に輸出拡大を推進しますと、自国民が不利となる’国際分業’が固定化され、日本国は、高級品の生産地とはなっても消費地ではなくなるかもしれません。こうした側面も、グローバル化の負の部分ではないかと考えております。
mobileさんへ (Unknown)
2018-09-23 03:31:48
アリババやアマゾンが2、3日で届くようになっているので流通の問題はなくなっています。すると農家は出荷日を決めやすい。出荷一月前で農薬停止が国際的な暗黙のルールですから、日本に研修に来た人も多いし守っていると思います。それと農薬がかつてはメタミドホスのような劇薬だったけど、今はオルトランも特許が切れていると思うので安く手に入ると思います。効き目が良くてかつ毒性が消えやすい優れものです。主婦が野菜を懸命に洗っている映像が流されなくなったでしょう?コンビニ弁当のような規格内の野菜を大量に使う場合は中国野菜を使っているかも。
日本は従来、農家が廃棄処分をしていた規格外の野菜が直販市で売れるようになったので家庭はほぼ全量、日本農家の産物を買っていると思います。大きすぎるキャベツ、白菜とか二股になった大根とか大きすぎたり小さすぎるジャガイモ、さつまいもとか曲がったキュウリとか風で擦れて皮が汚れた茄子とか。
さつまいものくずは残り飯とともに芋粥にするとおなかに良いし栄養価もあります。子供の頭ぐらいのイモはリビングなどで放っておけばよく春芽が出てプランターに植えれば苗が作れます。5節で苗を切って土に植えれば秋には豊作です。
櫻井さんへ (Unknown)
2018-09-24 04:18:36
安倍政権は、自分の功績であるふりをするのがとても上手なのですよ。一兆円、農産物輸出など自分では何もしなくても、勝手に達成されるでしょう。
チャイニーズが日本に来てデパートでシャインマスカットの試食をする。そのあまりのおいしさに驚いて帰国すると日系のデパート,スーパーで購入するのですよ。すると現地のデパート、スーパーもマスカットを取り寄せる。
日本人は工夫好きで最初は種が邪魔、次は皮が邪魔でついに皮ごと食べるシャインマスカットの誕生です。岡山、香川産なら3千円近くする。これをお土産に買って帰ってもスーパーに買いに行く。
もうすぐ国慶節の休暇ですが、また食いしん坊のチャイニーズがどんと来ます。今度は梨でしょうか?豊水,新高と美味しいものがずらり。もう少し経つと、今度は一こ四〇〇円もするミカン、紅マドンナの季節です。また試食して,絶叫して、買って、帰国したら日系のスーパーへとなります。
カツオの藁焼き体験にもどっと来ていましたね。帰国してカツオのたたきを購入です。
キーウィもニュージーランド産より香川産、愛媛産のほうがおいしい。デーニッシュというパンもきっとデンマークより日本のほうが美味しい。フランスパンも日本産のほうが美味しいのだろうと思いますよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本政治」カテゴリの最新記事