万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

IRを阻止する新たな方法はある?

2019-09-19 15:04:18 | 日本政治
 横浜市では、先日、林文子市長が突然のIR誘致を発表し、同計画に反対してきた横浜市民をいたく落胆させました。市議会でも、IR予算が審議されるそうですが、既成事実だけが独り歩きしかねない状況が続いています。それでは、IRに反対する有効な方法はあるのでしょうか。

 もちろん、公約違反を根拠とした市長のリコール、IR誘致を問うために市議会の解散、あるいは、直接に市民に判断を仰ぐ住民投票の実施を求めるといった方法もありましょう。その一方で、別の全く違った方面からの反対方法もあるように思えます。例えば、権力分立における司法の独立を活用する方法です。司法的な反対には、まずは以下の3つの方法が考えられます。

 第一の方法とは、「カジノ法」とも称される「特定複合観光施設区域整備法」の違法性を問うことです。刑法第185条及び186条では、常習的な賭博行為並びに賭博場の開帳が禁じられています。そもそも、内閣法制局が内閣に対して刑法との整合性から同法案の国会への上程を見送るべきと提言をすべきであったのですが、どうしたことか、不問に付されてしまいました。この刑法違反の件については、政府によるカジノ解禁方針公表の当初から、メディアのみならず、多くの国民からも疑問の声が寄せられてきました。残念ながら、立法手続きにあっては事前チェックが働かなかったのですが、権力分立の仕組みにあっては事後的な軌道修正が可能です。つまり、国民が同法の違法性、あるいは、刑法との不整合性を問う集団訴訟を起せばよいのです。

 第2の方法は、カジノの顧客による民間のIR事業者に対する集団訴訟です。アメリカでは、麻薬作用のある「オピオイド」を製造した大手医薬品メーカーに対して、一般市民が損害賠償を求める訴訟が起こされています。賭博にも麻薬と同様に脳内においてドーパミン等の神経伝達物質の分泌を促す作用があり、常連者は、自己管理能力を失い、中毒症状を来すようになります。麻薬も賭博もその作用が同じであれば、ギャンブル依存症に罹った顧客は、IR事業者に対して損害賠償を求めることができるはずです。

 第3の方法は、民間のIR事業者を相手取った費用返還訴訟です。地方自治体が麻薬対策として費やした予算分の金額を支払うように求める訴訟が起こされているそうです。この事例を参考とすれば、日本国のIRを誘致した地方自治体も、ギャンブル依存症等の対策をIR事業者に要求することができるかもしれません。横浜市では、専門的な調査分析やギャンブル依存症の実態調査費として2億6千万円ほどの補正予算案が定例市議会に提出されましたが、この費用、何故、一般の横浜市民が負担しなければならないのでしょうか。そもそも、上述したように日本国では、賭博場の開帳が刑法で禁じられていますので、カジノに関するノウハウや実績を有する日本企業が存在するはずもなく、IRの運営事業者は海外企業が予測されます。1兆円以上ともされる経済効果も、その大半は海外に流出することとなりましょう。特定の民間事業者のビジネス、しかも、反対者多数のプロジェクトに公費を支出するでは、受益と負担がバランスしません。アメリカでは地方自治体が原告となりますが、各都市が積極的にIR誘致に乗り出している日本国では、真の負担者である住民の側が、地方自治体を訴えるべきかもしれません。

 以上に3つほどの司法的手段について述べてきましたが、突然の横浜市によるIR誘致の公表の背景には、神奈川2区を地盤とする菅官房長官が暗躍していたとする情報もあり、悪しき政治的利益誘導も疑われます。政治家が率先して日本国の悪徳と退廃を招いているとすれば、世も末ではないかと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« ‘米中アヘン戦争’の行方-「... | トップ | 天皇をとりまく宗教事情の問題 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自分たちの選んだ市長、知事、国会議員が悪いなら (Unknown)
2019-09-20 03:10:31
 神奈川県民、横浜市民、千葉県民などはおバカさんと言うことになる。経済効率とかGDPとかばかり言う人物を選んでいるのだから。
 千葉の惨状を空撮してみれば、すぐわかることは東京湾には防風林がないことだ。台風銀座の高知や徳島、和歌山などには防風林がある。自然の山も残っている。
 防風林を作ろうという考えは、首都圏の人たちの思想、経済効率と言う考えで捨てられるのだろう。カジノを作る代わりに防風林を含む公園を作ればよいのだ。木が大きくなれば湾岸の道路の電信柱を守り、信号機を守り住居を守る。
 福島の災難も経済効率を重んじ、安全を軽んじた報いだが、首都圏の人々が考えを変えない限り、毎年、千葉の惨状が繰り返される時代が来るかもしれない。東京湾岸には人は住めない時代が来るかもしれない。あれぐらいの台風なら毎年、千葉、神奈川を襲うようになるだろう。
Unknownさま (kuranishi masako)
2019-09-20 09:20:17
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 横浜市の場合には、林市長はIRについて白紙に戻して考えるとしながら、突然に誘致を発表したのですから、横浜市民が’おバカ’というわけではないと思います。仮に、選挙の争点となっていたならば、多くの市民が反対の意思表示を示したことでしょう。

 なお、首都圏における台風対策の強化には賛同いたします。防風林のみならず、大規模停電といったインフラの麻痺を防ぐための措置は必要なように思えます。
ギャンプルはIR内限定に! (北極熊)
2019-09-20 14:43:47
横浜でも千葉でも東京お台場でも、IR作ってカジノを開くのは賛成です。IR地域内では、種々のギャンブルが可能となりますから、一方で、3店方式のグレーな部分ははっきりとブラックであると、法務省が認定をして、街のパチンコ屋から特殊景品による両替という実質ギャンブルを無くす。IRカジノができても、ギャンブル依存症の人数は、こうした方が、むしろ減るのではないかと思うのです。 
大規模停電はコルホーズ農業と同じ (Unknown)
2019-09-21 04:11:10
過ちの結果。豚を大量にケージの中で飼育すれば、ひとたび病が生じれば大量殺害。発電も大規模発電、中規模発電、小規模発電、自家発電とミックスすれば、あんな大規模停電など生じない。千葉は天然ガスが採れるが、その天然ガスで発電していた施設の人は大規模な停電に気づいていなかった。
 神社などに残るクスノキなどの大木を大事にしなければならない。防風林にもなるし、地崩れ予防にもなる。電線に絡んできたのは杉ばかりだった。
 大成、清水、鹿島などの関東の超ゼネコン、どうしたのかな?こんな時こそ、ブルーシートを張るボランティアを下請け企業へ命令一下でやればよいのに。どんなにコマーシャルを撃つより、名声、評判を勝ちとるのにね。スーパーボランティアになれるよ。
北極熊さま (kuranishi masako)
2019-09-21 09:31:53
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 そもそも、人類は、真にギャンブルなるものを必要としているのか、考えて見る必要があるようにも思えます。実のところ、このビジネス、麻薬と同様に、人々の精神を狂わせる作用があらこそ、刑法で禁止されているのではないでしょうか。ですから、場所を限定したとしても、刑法に反してまでその害悪を認める訳にはいかないのではないかと思うのです。
Unknownさま (kuranishi masako)
2019-09-21 09:39:34
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 電源の多様化による大規模停電の防止は、他のあらゆる分野にも言えることではないかと思います。例えば、今日のIT大手やグローバル企業による独占問題にも通じるようにも思えます(ビジネスも、グローバル、ナショナル、ローカル、個人…など、様々なレベルの活動主体が調和し、併存する生態系に近い方が良いのでは…)。なお、大手ゼネコンに対するご批判につきましては、これらの企業は、インフラや倒壊建物等の修復等に全力を尽くしているのではないでしょうか。
別に大手ゼネコンを批判しているのじゃないよ (Unknown)
2019-09-21 10:18:58
 千葉の困っている人をボランティアで助けてあげれば、困っている人たちは感謝し、ファンになるよと言っているだけ。
Unknownさま (kuranishi masako)
2019-09-21 12:16:50
 誤った解釈してしまい、申し訳ありませんでした。困っている人々に手を差し伸べるボランティアの人々の姿は、まことに人の心を打つように思えます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本政治」カテゴリの最新記事