万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

中国の輸入拡大は罠では?

2019-11-08 18:59:52 | 国際政治
 中国の習近平国家主席は、11月5日から10日にかけての日程で上海にて開催されていた第2回中国国際輸入博覧会において、「保護主義や一国主義に断固として反対し、継続して貿易障壁を取り除く」と述べたと伝わります。続いて‘国際社会は壁を作るのではなく、壊し続ける’必要があるとも主張しており、北方遊牧民の侵入を防ぐために万里の長城を建設した時代とは隔世の感があります。

 中国ほどグローバリズムの恩恵を受けた国はなく、鄧小平氏が改革開放路線を選択して以来、中国は、外資導入を梃子とした輸出促進策を強力に推し進め、瞬く間に世界第二位の経済大国にまで成長しました。国策としての輸出拡大は貿易黒字に伴う巨額の外貨準備をももたらし、これを資源として一帯一路構想を打ち上げることができたのですから、中国が自由貿易、あるいは、グローバリズムを死守したい気持ちも分からないでもありません。しかしながら、中国の貿易黒字は他の諸国の対中貿易赤字を意味しますので、全ての諸国にとりまして歓迎すべき状況とは言えません。リカード流の自由貿易論では、自然調和的に相互利益が実現するはずなのですが、理論と現実間には雲泥の差があります。因みに、日本国の対中貿易赤字は、米中貿易戦争による対中輸出の減少が影響したこともあり、2019年上半期のデータでは2兆493億円にも上っています。アメリカの対中赤字のみが注目されていますが、日本国の対中貿易赤字も決して小さな数字ではありません。

 深刻化する対中貿易赤字問題からしますと、冒頭で述べた上海の国際輸入博は、グローバリズムの波に乗った輸出大国としての中国に対する不満を解くための国際社会に対するデモンストレーションなのでしょう。習主席の演説も、‘中国は自国の市場を開放する、すなわち、輸入を増やす用意があるので、諸外国も速やかに関税を撤廃し、中国製品を輸入して欲しい’と解されます。言葉では輸入増を約束していますが、現実は、期待通りとなるのでしょうか。

少なくとも、中国の国家計画である「中国製造2025」を見る限り、中国が、今後、自発的に輸出を減らすつもりは毛頭ないようです。否、同計画が実現されれば、これまで先進諸国から輸入してきた高度先端技術を用いた製品や部品、素材等も内製化され、さらに先進国の上を行くテクノロジーも独自開発されますので、中国製品の輸出競争力を増すと共に、先進諸国からの輸入も減少することが予測されます。最近に至り、アメリカからの強い要請を受けて中国市場に参入した国外企業の知的財産権の保護を強化する方針を示すようになりましたが、この譲歩も、ITやAIといった先端分野においても独自開発の目途がついたからなのかもしれません。

 そして、何よりも中国が輸入拡大に消極的である理由は、輸入の増加が外貨準備の減少を招く点です。先述したように、一帯一路構想は、周辺諸国のインフラ・プロジェクトに対する融資を手段としており、中国は、AIIB等の基金や個別融資に対して膨大な外貨準備を投じています。外貨準備の減少は、中国の覇権主義的な対外戦略のフィナンシャルな基盤を掘り崩しますので、輸入拡大策とは二律背反となるはずのです。

おそらく、輸入拡大に伴う外貨準備の減少問題の打開策こそ、デジタル人民元の発行なのでしょう。人民元の国際基軸通貨化と人民元圏の構築が同時に実現できれば、上述した問題を一気に解決できるからです。人民元が国際基軸通貨となれば、外貨準備の増減やデフォルトのリスクに頭を悩ませる必要はなくなりますし、国境を越えた広域的な人民元圏が実現すれば、貿易収支に関係なく輸入も増やせるのです。そこで推測されるのは、中国は、自国への輸出に際して人民元を決裁通貨として使用するように条件を付すことです。つまり、中国市場への輸出に際して海外企業は人民元の使用を義務付けられるのであり、上記の輸入博は、人民元戦略の一環である可能性が高いのです。ブロックチェーンを用いたデジタル化も手伝って、各国は金融政策の権限を中国に奪われかねないこととなるのですが、中国の輸入拡大方針につきましては、十分な注意を要するように思えるのです。

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
コメント (16)   この記事についてブログを書く
« 国賓は‘天皇陛下のお客様’な... | トップ | 米ドルvs.人民元-注目される... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
突っ込みどころ満載の妄想かな? (Unknown)
2019-11-09 04:29:13
 ま、一つだけ指摘すれば、日本やアメリカのような国は貿易赤字の方が国民は幸せである。中国は途上国なので、貿易黒字が必要だったが、もうそろそろ、それほど黒字は必要がない。貿易は黒字の方が良いと思っているなら、頭が錆びついている。
 輸出企業がドルを手に入れたら、銀行に持ち込む。銀行は窓口に過ぎない。財務省の外為会計でドルと円を交換するわけだ。財務省は国債を発行して円を調達する。政府は財政赤字が進むので財政均衡のため、あろうことか社会保険料を上げたり、税金を上げたりと国民の生活を貧しくする。トヨタなどの貿易企業のため、高齢者の病院の窓口支払いが一割が二割に、二割が三割にと増えるわけだ。経団連はこういう貿易大企業が中心なので、消費税を上げろとか言っている。
 中国の方が貿易黒字が先進国になれば、必ずしも良くないと知っているので輸入拡大を図るのだろう。貿易黒字が良いなどと思っている日本の指導者などより経済学にずっと強いわけだ。アメリカは赤字でよいのだ。いつでも巨大な農業生産物と交換で財政赤字を減らし欲しいものを手に入れられる。実際、ずっと赤字で、そのせいで質の良い輸入品で豊かな生活をすることができている。
Unknownさま (kuranishi masako)
2019-11-09 07:24:46
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 中国の場合、貿易黒字が一帯一路構想といった世界戦略と結びついているからこそ、我が国よりも重要となるではないでしょうか。また、貿易黒字と財政赤字とは無関係でもあります。財務省が国庫短期証券を発行する場合には、主として外国為替操作を目的としておりました。そして、財務省に積みあがった米ドル等の外貨こそ、外貨準備として対外融資の資源ともなるわけですので、中国としましても、その減少は痛手となるのです。なお、アメリカが巨額の貿易赤字を抱えていても、デフォルト危機に見舞われることなく経済が安定している理由は、米ドルが国際基軸通貨であるからではないでしょうか。
Unknown (上海・76号)
2019-11-09 09:33:31
今回の輸入博、食品館にて巨大マグロ(もちろん冷凍)の解体ショー日本の水産会社がやってました(ハッピには「本鮪水産」と)が、この地の人民を飢へさせなくていけない(人口削減)のに、これ以上彼らを肥やさせ、なおかつ日本人が食べるべきものを奴等に食わせてどうすんだよ、と、、、、
※掲載不要!
上海・76号さま (kuranishi masako)
2019-11-09 10:16:25
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 我が国は、食料自給率が極めて低く、必ずしも食料を十分に提供できる状況にはありません。にも拘らず、輸出を増やしますと、食料価格が上昇しますし、国民生活が苦しくなります。政府は、農産物の輸出を拡大させる方針のようですが、私は同政策には反対しております。
ちょっと時代遅れじゃないの? (Unknown)
2019-11-10 04:05:24
 マグロは食物連鎖の頂点だから水銀が集まると思うよ。毎日食べたら、きっと病気になる。
 中国や東南アジアでは所得の向上で、日本製のソース、マヨネーズなどの調味料が買われている。また日本は少子化しているので、輸出に活路を求めて粉ミルクが売れている。また日本食レストランも増えているので米の輸出も増えている。
 植木も売れている。東京や大阪付近ではマンション住まいが多いから植木の需要が減っていたが、東アジアの国では一戸建てが多く、ステータスとして松などが植えられる。
 東アジアは温暖化しているので、災害を少なくできれば食糧に困ることはない。北海道は、ますます食糧庫になる。インド洋から湿気が流れ込むので、チャイナの乾燥地域も草原に黄土高原も樹木が育ち始めている。黄砂が来なくなるかも。米国は中西部は寒冷化している。大統領がパリ協定離脱を決意した理由かな?フロリダは温暖化している。それでハリケーンがでかい。
 そんなわけで日本での食品価格は上がらないでしょう。サツマイモの苗を20本植えていたが怪我をしたので何もせず放っておいたが昨日、収穫した。でかいのが50個ぐらい。日本の気候と土に感謝だ。小麦は困るがアメリカ、カナダがだめならオーストラリア、ロシアがある。ロシアのシベリアも温暖化の影響で食糧庫になる。
Unknownさま (kuranishi masako)
2019-11-10 09:41:59
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 中国の砂漠地帯が黄砂を生じない程に草原化しているならば、中国は、他国、否、世界を支配しようとするよりも、自国の開発に力を注ぐべきではないでしょうか。また、日本国も、その気候が農業に適しているならば、食料自給率を上げると共に、国民生活の向上や健康に資するよう低価格化に努めるべきです。
カロリーベースでは自給率は上がらない (Unknown)
2019-11-10 10:55:14
 占領軍は日本を小麦の売り先にしようとパン食文化を強制しようとしたわけ。それに日本人は適応してパン食が広がった。今では、ほとんどの家庭が一日に一度くらいはパン食となっている。小麦を栽培することは可能だけど、グルテンが足りないのでパンにはむかないだろう。小麦の方が麺類とかお菓子とか餃子の皮とかお好み焼きとかいろいろ用途がある。それにパン食は日本人によって異様に美味しくなった。
 ま、小麦以外は自給率は高い。いざと言うときはサツマイモがある。それに野菜も低価格である。
Unknownさま (kuranishi masako)
2019-11-10 19:11:01
 ご返事をいただきまして、ありがとうございました。

 日本国は、自国民のためにこそ輸出を控えるべきなのです。サツマイモだけでは国民は栄養失調になりましょうし、カロリーベースでは足りるとして中国への輸出を増やすことは、日本国民を犠牲にするに等しいのではないでしょうか。
読み間違いでは? (Unknown)
2019-11-11 04:21:32
 小麦を輸入するのでカロリーベースでは自給できないのよ。小麦の消費が増えたのは敗戦と言う歴史のせいなのよ。わが叔父は復員するとき「これからはパンの時代になる」と思って帰国するとすぐ、パン職人の修行に出たのよ。
 米は日本食レストランが世界中に広がったので輸出が増えている。できすぎるので助かっているのではないかな?米ぐらい人口を養える作物はない。一町歩つまり一ヘクタールぐらいで今の日本人の消費なら百人ぐらいは一年、養える。
 サツマイモばかりでも栄養失調にはならない。完全栄養食品だから。ほら、薩摩の武士が芋ばかり食っているのにめちゃくちゃ強かったでしょうが。
Unknownさま (kuranishi masako)
2019-11-11 09:30:17
 ご返事をいただきまして、ありがとうございました。

 本記事は、中国との貿易関係を扱っております。Unknwnさまは、日本国民は、さつまいもで我慢し、その他の農産物は中国に輸出すればよいとお考えなのでしょうか。仮に日本国政府がその方針で政策をすすめるとしますと、日本国民は、民主的選挙を介して反対の意思を示すこととなりましょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際政治」カテゴリの最新記事