万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

日本人は‘狂った民族’だったのか?-天皇中心の政教一致体制は外来では?

2018-10-15 13:52:50 | 日本政治
第二次世界大戦において、連合国諸国は敵国であった日本国の国民性についての調査・分析を行っております。その際の報告として知られるのが、日本人狂信者論です。日本人は、天皇のためならば命をも投げ出す狂った民族であるとする…。

 この説は、‘日本人は合理的精神に欠けている危険な民族’とする連合国側の共通認識へと繋がり、日本民族抹殺の容認をも含意しかねない危うさをも秘めたのですが(民間人をも対象とした全国的な空襲…)、そもそも、宗教的最高権威にして政治権力の頂点に立つ天皇の姿は江戸末から明治期において海外から導入されたのであって、伝統的な天皇と国民との関係とは異質なものであったように思うのです。

 戦国期や江戸期に日本国を訪れた宣教師、旅行家、貿易商等の日記や記録を読みますと、日本人に対する見方は上記のものとは著しく違っています。戦国期のキリスト教布教にあって、多くの宣教師はキリスト教の奇跡や秘蹟を安易に信じようとしない日本人の‘合理性’に悪戦苦闘しましたし、高僧との宗論に敗北して棄教や転向をしてしまう宣教師も少なくありませんでした。戦国期に一大勢力となったキリシタン大名の登場も、キリスト教の教義に感銘を受けて同教に帰依したというよりも、あるいはイエズス会士と同様に武器弾薬を得るための合意的判断であったのかもしれません。また、市井の人々の生活ものんびりとしており、正直で朗らかな民族であったそうです。天皇に対する信仰も、遠き都にて御簾の内におわします尊いお方とする漠然としたものに過ぎず、世俗の世界と切り離されていたからこそ、その神聖で高貴なイメージが保たれていたのでしょう。

日本国の歴史的な国家体制を見ましても、建国の祖である神武天皇は、即位以前にあっては自ら兵を率いて東征に向かい、即位に際して善き国造りを誓いますものの、即位後にあっては凡そ天神地祇を祀った記録しか記紀には残されておりません。鎌倉幕府の成立以前に遡っても、摂関政治や院政のみならず、聖徳太子が推古天皇の摂政であったように、古代からして祭政分離の傾向が強く見られるのです。津田左右吉も指摘しておりますように、今日に至るまでの日本国の国家体制は、祭政分離が基本原則であって、建武の親政など天皇親政の期間は数えるばかりしかないのです。

ところが、明治の時代の到来とともに、国家体制は、‘王政復古の大号令’を以って明治の代となり、明治憲法が天皇を統治権を総攬する間接的な立場に置きつつも、祭政一致へと大きく転換します。ここで云う‘王政復古’とは、述べてきた‘祭祀長’としての‘天皇’ではなく、7世紀末に唐に倣って導入されたとされる律令体制下の‘天皇’を意味するとされ、いわば、中央集権的な帝国スタイルへと‘回帰’したのです。

もっとも、帝国型の国家体制は中国大陸の専売特許ではなく、その多くは、宗教的権威と政治権力との皇帝を頂点とした一致が見られます。ローマ帝国の系譜をひくヨーロッパ近世の絶対王政も然りです。近代以降は、宗教に加えて共産主義といったイデオロギーが加わりますが、政教一致体制に対する強い志向性は、むしろ、西欧諸国の政治体制の特色と言えるのかもしれません。政教分離の原則を打ち立てたフランス革命でさえ、カトリックに替って別の思想を国家イデオロギーの座に据えたに過ぎないかもしれないのです。

明治期における日本国の近代国家化が、天皇を中心とした政教一致体制と共に誕生した点には注意を要するように思えます。この時にこそ、神の系譜に由来する天皇の権威が世俗の統治権と結びつけられる形で成立し、天皇は国家の唯一の頂点として、全国民からの忠誠と信仰を一身に集める存在となったからです。そして、日本人の元よりの気質が純朴で信仰心に厚かったからこそ、天皇の発言や行動が一夜にして日本国の慣習を一変させるほどの威力を発揮したのでしょう。そして、これらの変革は、日本国民の要望に応えたというよりも、明治維新を背後から支えた国際勢力の意向に沿ったものであったと推測されるのです。

このように考えますと、戦時における連合国の日本人狂信者論は、実のところ、自らが自らを批判するような側面を持ちます。宗教や思想に起因する狂信的な行動は、フランス革命時の大虐殺にも見られますし、そして今日でさえ、行き過ぎたグローバリズムを含め、権力志向の強い宗教やイデオロギーは、信者や信奉者を思考停止状態の‘狂信者’にしながら、自覚なきまま既存の国家や社会を容赦なく破壊し続けています。皇族の行動が伝統破壊的である理由も、その行動原理が、日本固有の神道ではなく、国際性を有する別の宗教やイデオロギーに基づいているからなのかもしれません。そして、目下、皇室の存在が社会的混乱を引き起こし、日本国を不安定化している現状に鑑みれば、日本国は、本来の自国の伝統的な祭政分離の国家体制に立ち返り、天皇を政治から完全に切り離し、国家祭祀を専らとする公の地位とすべきなのではないかと思うのです。

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (16)   この記事についてブログを書く
« 靖国神社から日本国全体に広... | トップ | 日米の自己矛盾が交差する為... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カルトのような自称「ホシュ」政治家の弊害も (ベッラ)
2018-10-15 15:53:03
実は朔日私のブログに書いたのですがhttps://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/7b1b0614724a16e4a2189d1ef669ea92
「天皇陛下バンザイ」
と言って前線で戦っていた兵士がそう言いながら亡くなったなど、
一方「お母さん」と言って亡くなったという説は「後方の病院」でなくなった兵士・・・この一種の威圧、
事実とは違うことを押し付け、それ以外のことを排除するような姿勢に私は怒りを禁じ得ません。
その他にも「皇室に側室を」などたわけた寝言を言っていました。
・・・どこに自分の娘を今時「側室」に出す親がいるでしょうか。それを「貴い」と賛同する勢力もあります。

こういう偏狭な自称ホシュが問題です。
そして決して日本のことや皇室の心配をしていることではない、ということです。

今回の「靖国神社宮司の発言」には何も言わない、
こういう偽善が平気で横行し、「日本国民はみんな特高になる」など・・・もうこれはわざと言っているとしか
思えません。

ローマカトリックも偽善ですが、似たところがあります。
Unknown (北極熊)
2018-10-15 16:40:42
教育勅語を悪だという人も、国家のために死ねると言う考え方だから駄目だと言うわけですが、そういう人たちだって、自分の親や子供、兄弟姉妹のために死ねないのでしょうかね? 見殺しにするんでしょうか? 一般的には、「津波、てんでんこ」以外は、身内や友達の窮地には庇おうとするものだし、結果として自分が死ぬ事も厭わないでしょう。 戦前の日本人の感覚は、この家族感覚がもっと広がっていて、日本人全体と親戚であり、天皇陛下の存在は、本家の主人と言うぐらいの感覚だったのでしょうから、それなら自然と分かりそうなものだが、日本人じゃない人には分からないんだろうな、、、と思います。
Unknown (掛けまくも畏し)
2018-10-15 16:50:30
本日の「祭政一致 vs 祭政分離」の記事、僭越ながら、事の本質に迫る考察であると感服致しました。
私も、この視点から靖国神社について思索してみようと思った次第です。

最近ふと目に留まった、某ブログのあるくだりが気に掛かっております。
大意は「神社本庁の機関紙 ”神社新報” には、とんでもない主張がしばしば登場する。それは「祭政一致」・・・大日本帝国憲法で明文化されていたものだが、神社本庁はそれを復活すべきだという・・・新憲法では軍の「統帥権」を天皇に帰属させるべきだという主張もたびたび行っている。・・・」

私は神社新報に直接あたっておりませんので、この件の真偽は定かではないのですが、他にも神社本庁には、地方の有力神社の人事に介入して本庁からトップを送り込む、はたまた有力神社が神社本庁の傘下から離脱する、さらには本庁自体が不明瞭な不動産取引によって使途不明の利益をあげる、などの奇妙な動きがあるようです。

これらの状況証拠だけから何かを断定するのは性急に過ぎるでしょうが、神道を「ツール」として国民をあらぬ方向へ誘導する企みがあるかもしれないと危惧しています。

神社や神道、更には天皇・皇室という「言葉」には、日本人をエモーショナルに動かす力がある様に思います。それを見抜いて悪用しようとする輩がいても不思議ではありません。ですから、これらの事柄についてはとりわけ冷静な(=覚めた)スタンスが必要だと思う者です。
ベッラさま (kuranishi masako)
2018-10-15 19:29:53
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 我が国の保守派につきましては、大きくは明治期の祭政一致体制への回帰を目標とする派と、明治以前の伝統的な祭政分離体制への復活を願う派とに分かれているのではないかと思います。そして、前者につきましては、カトリックをも含む国際勢力が背後に控えているのではないかと推測しております。特にイエズス会には改宗ユダヤ人も多く、戦国時代にキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルも同派に属しており、同時期から、我が国対して何らかの工作活動を仕掛けていた可能性も否定はできないように思えます。これまで伏せられてきた世界の歴史の真実を明らかになるにつれ、我が国もまた、自らの来し方を見直さなければならなくなるのではないかと考えております。
北極熊さま (kuranishi masako)
2018-10-15 19:44:38
 コメントをお寄せくださいまして、ありがとうございました。

 教育勅語を非難する人々は、おそらく、日本国の防衛力を削ぐために、心理戦の工作活動に従事しているのではないかと疑っております。一種の三段論法であり、政府には国民の命、身体、財産等護る責務があり、その国家、並びに、政府を構成しているのが国民自身であることを忘れさせようとしているのでしょう。仮に、’敵国’からの攻撃を受けた場合、個人の力では家族を護ることはできないからです。この点につきましては、より丁寧に説明されて然るべきではないかと思うのです。
掛けまくも畏しさま (kuranishi masako)
2018-10-15 19:54:56
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 表面的には愛国的な保守を装いながら、その実、別の目的の為に行動している人々、あるいは、組織につきましては、現代という時代であるからこそ、真剣に考えてゆく必要があるように思えます。ヒトラーをはじめ、ナチスの幹部にはユダヤ系の人々も多かったとされており、’偽旗’戦略というものも現実に存在しております。かつては、陰謀論として一笑に付されていたのですが、こうした存在を想定いたしませんと、説明できない出来事が相次いでおります。それ故に、掛けまくも畏しさまのおっしゃられますように、天皇や皇室に対する日本国の国民感情の悪用には十分に注意しなければならないと考えております。
Unknown (mico)
2018-10-15 20:26:45
保守の人たちが天皇家というだけで、盲目的に尊崇するのが不思議でなりません。国民がしてくれるのは当たり前、自分達の特権はできの悪い息子に譲りたい、そして自分達はありのままの姿を国民は受け入れろ、そんなすがたは威厳も品格もなく醜いです。平和アピールもプロ左翼と同じに見えます。
micoさま (kuranishi masako)
2018-10-15 20:46:46
コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 おそらく、国民の多くが現在の皇室や皇族に落胆しているのではないでしょうか。もしかいたしますと、この傾向は、皇室のみならず、全世界の王室にも言えるのではないかと思います。その理由は、皇室も王室も、何らかの国際勢力の出先機関に過ぎず、その血脈からしましても既にその正統性を失っているからではないかと推測しております。
皇統の見直しが必要 (ありす)
2018-10-15 22:24:37
本当に明治期より天皇の本質が全く変わってしまいました。
孝明天皇から、わずか一世代違うだけの、宮中深く生きて来られたはずの皇子が、あれほどの、強権かつ西洋的な生活、思考の天皇へと変われるものでしょうか?
その不可解な崩御のなさりようから、孝明天皇暗殺説は、単なる捏造と切って捨てることはできないと考えます。
その場合に、皇子だけを温存するのも不自然な感じがします。

そして、突然の南朝正統決議です。

皇室は明治期に外から強制的に変えられたと思います。
果たして現皇室の血脈が、孝明天皇からのものかどうか、疑問を持ちます。

日本が戦国時代からイエズス会などの外国勢力の干渉を受けていたこと・・このころからすでに、少しづつ侵入されていたことは間違いないと思います。



盲目的な信頼 (萬葉集)
2018-10-15 22:41:07
深い見解で、本質を見抜く記事を拝見し、とても勉強になります。

私は、稚拙な意見でお恥ずかしいですが。
天皇陛下を盲目的に尊敬するのは、天皇陛下がそんな可笑しな事をするはず無いという、絶対的で一方的な信頼が国民の側にあるからです。
だから、存在だけで有難いと合掌してしまう。
お逢いしただけで、うれし涙がでる。
これは私たち日本人の中に備わる神聖なもの。
縄文時代から連綿と継がれるものかもしれません。
しかし、平和ボケで御花畑の何も考えない脳が一番の日本の危機ですね。
戦争をする国と戦争が出来る国がイコールだと騒ぐ人と同じお花畑脳。

あれ?おかしくない?
そんな時に立ち止まり、可笑しい点に気がつく、これが大切で、貴ブログがとても重要です。

例えば、
上皇后って変な呼び名、おかしくない?
何故、仙道御所で隠居しないの?
東宮御所に住むって?
テニスもピアノも弾けるのに、なんでティアラは被らないの?変でしょ
なんでいちいち、あたくしは風邪だと女性週刊誌に載せる?
一年半の仮住まいに何で何億も?誰もおかしいと言わないの?

伝統を受け継いでお伝えする側近を排除し、全て皇后が決定するシステム。
巧みにマスコミを操り、着実に日本の弱体化、皇室の王室化を進めている、疑問だらけの皇室。
このシステムを外堀から埋める方法は?
旧宮家の方々のお知恵を拝借するのも一計だと感じますが。
祭祀を排除したら、日本はもたない。

来年の慶次は立食形式だそうで。
もう驚いて気絶しそうです。笑

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本政治」カテゴリの最新記事