万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

中国高速鉄道脱線事故―中国を滅ぼすのは中国?

2011-07-24 14:26:38 | 日本政治
「メンツプロジェクト」 脱線で胡指導部に痛手(朝日新聞) - goo ニュース
 わずか数十年の間に急激な経済成長を成し遂げ、世界第二位の経済大国にのし上がった中国。巨大化した軍事力と経済力を背景に、国際社会でも、相手国を力とお金でねじ伏せようとする傲慢な態度が目立つようになりました。向かうところ敵なしのようにも見えるのですが、中国には、弱点はないのでしょうか。

 昨日、怖れられていた通り、中国の高速鉄道が脱線事故を起こし、死傷者の数が多数に上っていると報じられています。この高速鉄道は、従来線を使用しているため、鳴り物入りで登場したいわくつきの”中国版新幹線”と同一の型ではないそうなのですが、それでも、中国高速鉄道の安全性と性能、および、運行管理システムには、大きな疑問符が付くことになりました。そうしてこの事故は、技術レベルの問題のみならず、中国の弱点をも露呈することになったのです。それは、自信過剰と自己過信という弱点です。

 中国の歴代帝国は、中華思想の世界観に漬かり、自国を客観的に評価して危機を管理する能力が麻痺してしまう傾向にありました。この結果、滅亡の憂き目にあうのですが、現在の中国もまた、この歴史を繰り返すのではないかと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
« ノルウェーの乱射事件―偽警察... | トップ | 脱原発の二つのパラドクス »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (UNKNOWN)
2011-07-24 18:47:39
 >>現在の中国もまた、この歴史を繰り返すのではないかと思うのです。<<
 これは、あなたの願望に過ぎない。でも、そうはならないだろう。中国共産党指導部はボンクラではない。こんな風に考えているならチャイナにボロ負けする。こんな風に考える日本人の方がバカだ。
 タイが鉄道運用に関して、国鉄OBを採用したように、日本のJRのOBを採用してくる。
 ”失敗は繰り返さない”これが現在のチャイナの侮れない力だ。
 窓のサッシュで経験したと知人から聞いた。最初、売り込みに来た時、試したら、どこか外気が入ってくる。そこで「ばかやろう、こんなの、使えるか!」と言ったところ、次は改善してきた。トステム(リクシルか?)のほど優秀でなくても安物の家なら十分の品質だそうだ。
Unknown (く)
2011-07-24 19:56:51
事故は、起こるべくして起きたと思いますよ・・。

技術ってのは、技術が進んでいることだけではダメで、その技術が安全性などの観点から検証される必要があります。安全性は、人間が物を使う以上、当然要求されますからね。
ある意味三権分立と似たようなもので、技術の暴走を防ぐためにも、チェックアンドバランスのような仕組みを構築する必要があるでしょう。
しかし中国は、国の仕組みからしてチェックアンドバランスの制度がありません。国自体にそういう考え方が未発達なのに、民間ではなおさらだと思います。今回の事故も、技術の暴走が事故を招いた点が大きいと思いますよ。
今回と似たような事故は、これからも起きると思います。やはり政治の仕組みそのものが変わらない限り、中国の技術発展は進まないと思いますね。
Unknown (ふふふ)
2011-07-24 22:46:43
>この歴史を繰り返すのではないかと思うのです。

 どうぞ思って下さい。思うだけは自由なので。

UNKNOWNさん (kuranishi masako)
2011-07-25 06:50:03
 中国が、失敗を繰り返さないためには、民主化や自由化が必要であり、統治システムに、権力分立を組み込まなければならないのです。現在の中国は、失敗を繰り返さないと申していますが、実際に、役人の腐敗を根絶できず、政府が利権と汚職にまみれ、国民から憎悪されている現状は、歴代帝国と何ら変わりがありません。
 なお、中国の高速鉄道の運用・安全管理システムは、中国製ですので、JRの退職者では対応できないのではないでしょうか。
くさん (kuranishi masako)
2011-07-25 06:57:23
 中国共産党は、一党独裁制そのもにに、脆弱性と崩壊リスクがあることに気づいていないか、あるいは、このリスクを故意に無視しているのです。何故ならば、この欠陥を是正しようとすれば、一党独裁制を放棄せねばならず、それは、共産党員にとりましては、これまで独占してきた権力と利権の喪失を意味するからです。インフレ率も高く、国民の不満が高まってるそうですので、現在の一党独裁体制が、未来永劫にわたって安泰とは思えないのです。
ふふふさん (kuranishi masako)
2011-07-25 07:03:34
 滅亡の歴史を繰り返さないためには、中国は、劉暁波氏が提唱したように、立憲主義を基本に、国民に政治に参加する権利を認め、国民の基本的な自由と権利を保障し、法の支配を確立し、かつ、国際法を順守する必要があります。一体、ふふふさんは、中国の将来像をどのように描いているのでしょうか。
Unknown (UNKNOWN)
2011-07-25 13:59:39
 民主国家と称する日本にも技術のチェック・アンド・バランスはなかった。原子力保安院も安全委員会もチェックするためのものだった。
 しかし、地震の多い日本の風土に会わないGM製の古い原発を東電が使い続けるのをゆるした。結果、鉄道事故などより酷い事故となった。
 他国の事故を笑うより、自らの反省をした方がよい。できなければ猿より劣る。
 民主国家ならチェック・アンド・バランスがあるなんて、思わないことだ。要は為政者がバカなら、どんな体制でもだめだ。
>>役人の腐敗を根絶できず、政府が利権と汚職にまみれ、国民から憎悪されている現状は、歴代帝国と何ら変わりがありません。<<
 これは、あなたの考えにすぎない。前半は日本もさほど違いはない。利権と汚職なら負けない。国民から憎悪されていると言うのは、あなたの空想にすぎない。
Unknown (く)
2011-07-25 19:44:28
事故を起こした列車を、土に埋めるようですね・・
中国共産党は、事故自体を無かったことにするようです。
まあこれで中国では、一件落着のようですね。
UNKNOWNさん (kuranishi masako)
2011-07-26 08:16:10
 制度の改革や改良なくして、あらゆるものが発展しないことは、技術分野も政治分野も同じです。”どのような制度でも人物次第”とは、逃げ口上であり、まずは、制度で治せるものはその努力を怠るべきではないのです。UNKNOWNさんは、現実を直視せず、逃げているだけであり、こうした態度が停滞と腐敗の温床となるのです。
くさん (kuranishi masako)
2011-07-26 08:20:31
 列車を埋めるに際して、当局は、”国家機密が漏れないため”と言い訳したそうです。中国政府の発表では、事故を起こした列車は、最新鋭と宣伝してきた”中国版新幹線”でもなかったはずなのですが・・・。言論統制が厳しいとは言え、中国の国民も、様々な手段で情報を収集できるのですから、都合の悪いことは、なかったことにして隠蔽できる時代は、もう過ぎていると思うのです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事