万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

国会議員は帰化の公表を

2010-04-18 15:32:11 | 日本政治
外国人参政権「先祖へ義理立てか」 石原知事が与党批判(朝日新聞) - goo ニュース
 朝日新聞が、石原知事の”先祖への義理立て”発言を紙面に載せた理由は、おそらく、この発言を外国人差別として非難する意図があったのかもしれません。しかしながら、国会議員が、個人的な背景によって特定の法案を支持する傾向にあることを考えますと、国民には、その背景を知る権利があると思うのです。

 国会議員とは、国家と国民のために法律を制定する立場にありますので、本来、個人的な事情が、立法活動に影響を与えてはならないはずです。しかしながら、現実はそうではなく、特に帰化して日本国籍を取得した議員、もしくは、先祖が外国人であった議員の多くは、出身国の利益が関わる法案となりますと、自国の国益よりも、出身国の利益、あるいは、個人益を優先させがちなのです。これでは、本人、または、祖先が帰化した事実を知らずに投票した国民は、いわば、裏切られる形となり、国民一般の利益に反する法律が制定されることになります。しかも、日本国籍取得者の数が増加傾向にあるそうですので、個人的に外国を背景に持つ議員が増加しますと、外国政府の間接支配をも懸念しなければならなくなります。

 アメリカの大統領選挙を見てみますと、数世代にわたって驚くほど詳しく家系や血縁関係が調査され、それが国民に公表されています。全てが分かった上で投票する場合には、国民を裏切ることにはなりませんが、国政に重大な影響を与える情報を隠している場合には、国民を欺くことにもなります。帰化、または、先祖が帰化している議員は、その事実を、国民に正直に公表すべきと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (41)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 救出難航―異民族支配が望まし... | トップ | 帰化増加と国民の政治家に対... »
最近の画像もっと見る

41 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
それはどうかな? (坂東平家)
2010-04-18 20:25:01
氏より育ち・・と言う格言がある。
家系を何世代にもわたって調べ上げても、それが現在の人物とどう関係するのかな?
長年日本にいて生活をしていれば、出身国、個人益を優先させる・・とはあまり考えられないような気がする。何世代もとなれば尚更である。明治以降の日本は出自にはあまりこだわらない自由な社会である。だから国が発展してきた、とも言える。あまり血統にこだわるとナチスのユダヤ人狩りに通じる可能性が出てくる。調査の上、1%でもユダヤの血が流れていると連行され、収容所に入れられた・・と言う話がある。
それはさておき、何処の国の人間だろうが、日本に帰化した以上は日本人である。
日の丸と皇室に敬意を示せばそれでOKである。つまらぬ血統・DNAにこだわり、まるで犯人探しのような事を行ってはせっかくの有能な人間を生かせないのでは?。


Unknown (Unknown)
2010-04-19 03:00:49
>坂東平家さん

その育ちを知る為の一つのツールという事でしょう。

この場合問題なのは血統やDNAではなく過去の所属についてです。
DNAは本文にも出ていない関係ないことですが
血統は過去の所属を知る為の道具です。

日系アメリカ人が帰化した場合を考えれば
血統やDNAの問題ではない事が理解できると思います。

なぜ過去の所属を知るべきなのかは
民主主義の政治家は有能さも大切ですが
有能さ以上に考え方、政治的思想や主張が問われます。
過去の所属はそれを判断する為の重要な情報になるからです。

それに帰化においても、出馬においても
日の丸と皇室に敬意を示す必要はありません。

帰化の際に「憲法と法律の尊重と遵守」と
「外国の忠誠、外国の称号を放棄」くらいは宣誓させるべきだと思います
難しいでしょうが「日本への忠誠」も宣誓してほしいですね。

公表してほしいのは三世代くらいの帰化の有無くらいですが
アメリカが細かいのはそれによってどのような政治グループに所属しているかをある程度把握できるからでしょう。
しかしあくまで帰化の話題に集中して過去の所属としました。
坂東平家さん (kuranishi masako)
2010-04-19 14:56:43
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 帰化議員が問題視されるのは、それが、国民全員を拘束する法律の制定権が、国会にあるからです。万が一、帰化議員が、出身国の利益を優先し、それを我が国の法律に反映させるとしますと、内政干渉や主権侵害の問題が発生してしまいます。
 全人口における帰化のパーセンテージより、国会議員に占める帰化議員の%が上回っているとしますと、そこには、何らかの一般の国民とは違った意図があるはずです(出身国と関わる組織的な背景?)。何処の誰かも分からない人物を国会に送り出すことには、国家的な危険が伴うのです。
Unknownさん (kuranishi masako)
2010-04-19 15:04:21
 コメントをお寄せ下さいまして、ありがとうございました。
 小沢氏のご両親は韓国・北朝鮮出身との根強い噂がありますが、日本人でありながら、自国の国益を蔑にする議員が多いことが、この問題を深刻にしているのではないかと思うのです。一度、帰化議員と法案との関係を調査してみる必要があるかもしれません。例えば、外国人地方参政権を賛成する議員には、本人、または、祖先が帰化した事実がある人物が高い確率で含まれる場合には、個人的な”過去の所属”は、明らかに政治活動に影響を与えていることになります。あえて国益を損ねようとする国会議員に対する国民の不信感の表れであり、情報公開を義務付けない限り、この問題は、解決しないと思うのです。
帰化議員は公表すべき; (木村)
2010-04-25 13:39:18
国民は投票する権利があり、その権利にまつわる事実は絶対国民に知らせるべきでしょう。帰化議員が与党に多いとは知りませんでした。
木村さん (kuranishi masako)
2010-04-25 20:20:45
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 帰化という事実が分かって、国民は、はじめて政策の裏にある本当の意図が理解できるとなりますと、民主主義の原則に照らしても、これは大問題です。国民には、政治家の帰化の事実を知る権利があると思うのです。
帰化議員について (木村)
2010-05-08 16:30:26
国民は投票する権利があります。その国民は投票する相手について知る権利があります。知る権利とはその方についてです。年齢、学歴以前の問題である帰化人かどうかを知る権利があります、また、公表すべきです。国民は騙されていませんか。確かに、日本人が韓国の国会議員になったら、日本有利の為に仕事すると思います。やはり、帰化は公表すべきです。
木村さん (kuranishi masako)
2010-05-08 20:00:09
 ご返事をいただきまして、ありがとうございました。
 アジア諸国では、特にネポティズムが強いと言います。そうであるからこそ、政治家の帰化の事実は公表すべきと思うのです。帰化の公表は、政治上のリスクを管理し、抑制する一つの手段なのではないでしょうか。
帰化問題; (木村)
2010-05-09 09:28:43
なぜ、帰化国会議員を考えるようになったのかは、普天間問題です。沖縄の負担軽減も必要でしょう。しかし、沖縄に米軍がいるからこそ抑止力になっていると思います。フィリピン国は米軍を追い出しました。途端に中国が南沙諸島を侵略しています。フィリピンは米軍へ戻ってほしいことを伝えてるそうですね。沖縄から米軍が引き上げたら、突然、チベット、フィリピンみたいになると思います。しかも、フィリピン国会での多数決には、中国系議員の働きがあったと聞きました。日本だって、帰化国会議員の行動を見ると、中国、朝鮮半島の人々が喜ぶような感じがします。それで、気が付いたのです。まずは、帰化国会議員は出自を明らかにしてほしいです。
木村さん (kuranishi masako)
2010-05-09 20:11:18
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 諸外国のケースから見ますと、やはり、帰化議員の出身国寄りの政治行動が、安全保障上のリスクとなることは、確かなようです。実例があるのですから、リスクに対処することは、当然のことと思うのです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

【ルーピー鳩山】 国会議員は帰化の公表を by 万国時事周覧 (『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu )
アメリカの大統領選挙を見てみますと、数世代にわたって驚くほど詳しく家系や血縁関係が調査され、それが国民に公表されています。全てが分かった上で投票する場合には、国民を裏切ることにはなりませんが、国政に重大な影響を与える情報を隠している場合には、国民を...