万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

中国の安定には63年以上かかる覚悟を

2012-10-21 16:01:50 | アジア
「修復に40年以上」=中国大使だった丹羽氏講演―名古屋大学(時事通信) - goo ニュース
 鳴り物入りで民間出身の中国大使として赴任した丹波氏。名古屋大学での講演で、最悪の場合、日中関係の改善には40年以上がかかると、悲観的な観測を示したそうです。

 丹波氏は、日中国交正常化から40年が経過したことを捉えて、修復には、その期間と同じだけの長い年限を要すると警告したかったのでしょう。その一方で、中国の共産党一党独裁体制に対する不満が、国民の間で燻ぶり、かつ、権力闘争が分裂の危機を孕みながら水面下で進行していることを考慮しますと、日本国は、中国の安定には、少なくとも、今後、63年以上の月日がかかることを覚悟しなければならないと思うのです。63年とは、共産主義体制が成立した1949年を起点として数えた年月です。中国の場合、権力分立を基礎とする近代国家ではないこと、民主主義、自由、法の支配、人権の尊重といった諸価値に対する理解が薄いこと、反日教育を始め、国民が長年にわたる洗脳教育を受けていること、領土が広大な多民族国家であり、かつ、チベットや東ウイグルの分離・独立問題が存在していること…といった固有の問題を抱えています。不安定要因が多数ありますので、たとえ共産主義体制が崩壊したとしても、短期間で安定した状態に至るとは、到底、思えないのです。

 日本国政府は、現体制が永続するみなし、現状のまま中国との関係改善を急ぐよりも、近い将来、中国で起きるであろう劇的変化に対して、どのように対処するのか、そして、体制崩壊後において、どのような形で民主的体制の成立を助けるのか…、を考えるべきではないかと思うのです。僅かなりとも、中国の安定化を早めるためにも。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 人権擁護vs.リスク回避―行政... | トップ | 橋下代表、あなたは誰?-独... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ねむ太)
2012-10-21 17:34:28
こんにちは。元中国全権大使の丹羽氏には少しでも恥の概念を持っていただきたいものです。(国旗を奪われても抗議もせず北京で行われた盆踊りに参加して喜んでいました)
経団連といい何を考えている事やら、情けなくて・・
政府が国民に銃口を向けるという悲劇のスーダンに武器を提供し、石油利権確保の為に安保理決議を否決したのは、どこの国か、武器を提供することにより内戦を拡大させているのは、どこの国か・チベット・ウイグル・南モンゴル・満州の地で銃口により人間の尊厳も踏みにじっているのはどこの国か・・人間の生命や尊厳より利益・・こんな連中こそ死の商人、もしくはハイエナと呼ぶべきでしょう。
塩川正十郎氏が「長い時代、民主主義の経験のない中国は、われわれと価値観を共有する国ではない」と書いておられましたが、これが民主主義国日本としては常識的な考え方でしょう。
中国に摺り寄れば擦り寄るほどアメリカと対等の関係になる事は出来ません。日本の電子技術、原子力の技術、造船技術などコアな技術が中国に流出すればアメリカだけでなく東南アジア・太平洋地域の安全保障が脅かされます。
その為にアメリカは地位協定を見なおしもせず、韓国との竹島の領土紛争、拉致問題も形だけの協力に止め、戦闘機や防衛のための船舶などの日本独自の開発を認めないのです。
政界・財界人には、いい加減気がついて欲しいものです。
アジア・太平洋地域における民主主義国としての自覚を持ち毅然とした国家でなければ、いつまでも中・韓・北に頭を下げ続けアメリカに押さえつけられたまま二等国としての地位に甘んじなければならないでしょう。
白鳥は悲しからずや 空の青海の青に 染まず漂う・・若山牧水の詩ですが、極東にある誇り高き弧として何者にも媚びること無く阿ること無く、正道を歩む日本であって欲しいと思います。
100年いや永遠だね (坂東平家)
2012-10-21 17:53:52
正常化に40年とか、安定に63年とか言うが、あの国には徹底した反日教育が行われている。正常化、安定化にはその教育を受けた人間がいなくなってからだね・・。あの国が正しい歴史に教育切り替え、それを学んだ人間が60歳を過ぎるまでだね。そう考えると100年では無理だね?つまり永遠に無理かも知れないが・・。でもそれでいいのだ・。
あの国とはおさらばしましょう。お付き合いしても得るところはありません・・。金、技術、みんな盗まれます。そして真似ばかり・・・、恥とか信用と言う概念が全くない国、国民ですから・・。
ねむ太さま (kuranishi masako)
2012-10-21 20:04:40
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 少なくとも、共産主義一党独裁体制を中国が維持している間は、日本国は、中国とは距離を置くべきと思うのです。習近平体制が成立しますと、主席の一存で、日系企業は人質に取られるか、あるいは、日本製品不買運動を仕掛けるられることになりましょう。日本に対する政治的な脅迫カードをとして。共産主義体制では、日本国の技術や知的所有権が充分に保障されるはずもなく、そもそも、市場経済の基盤となる法制度も未整備な状態です。最後は、政治的な従属と経済的な敗北が待っているのですから、ここは、目先の利益に囚われずに、慎重に判断すべきです。相手を思いやるという日本人の美徳は、中国、韓国、北朝鮮が相手ですと、自らを苦しめる結果しかもたらさないことは、ここ数年来の経験によって、既に、充分に学んだのではないかと思うのです。
坂東平家さま (kuranishi masako)
2012-10-21 20:11:03
 コメントをお寄せくださいまして、ありがとうございました。
 洗脳というものは、プロでもなかなか解くことは難しいそうです。中国国民が、何十年にもわたって徹底した反日教育を受けてきたことを考えますと、確かに、人の一生に当たる100年、あるいは、永遠に無理なのかもしれません・・・。ただしかし、どの国も、過去には野蛮状態があったわけですから、中国が民主化した暁には、心のあり方もまた正常化するかもしれない、という淡い期待は、捨てないでおきたいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アジア」カテゴリの最新記事