万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

米中バスケ乱闘事件―恐るべきは人民解放軍

2011-08-20 14:37:51 | 国際政治
米中大乱闘のバスケ親善試合…副大統領の訪問中(読売新聞) - goo ニュース
 米中間の親善試合であったはずのバスケットの試合は、思わぬ大乱闘へと発展してしまったようです。この事件において怖れるべきは、中国のチームが、人民解放軍のメンバーであったことなのではないかと思うのです。

 もし、中国のチームが、学生や社会人チーム、あるいは、プロのチームであれば、あるいは、”何時ものこと”で済まされたかもしれません。サッカー界でも、中国チームは、カンフー・サッカーと揶揄されるほど、選手同士や審判を巻き込んだ暴力沙汰が日常茶飯事なそうです。しかしながら、このバスケ・チームが、人民解放軍となりますと、その延長線上には、”戦場”というフィールドが見えてきます。スポーツでは、ルールが明確であり、公平な審判もいますし、大勢の聴衆にも見守られているわけですから、本来、こうした乱闘は起きないはずです。これが、戦争法はあっても、違反を咎める審判もおらず、第三者の視点から見る人もいない戦場での闘いとなりますと、人民解放軍は、どのように行動するのでしょうか。想像できる光景とは、人民解放軍が、戦争法も軍規もかなぐり捨てて、虐殺といった非人道的な行為に走ることです。

 米中のバスケ親善試合は、中国との間に戦争が起きた場合、人民解放軍に国際法やルールの遵守を期待することはできないことを、図らずも示唆することになりました。中国当局は、この事件に関するネット上の批判を必死になって消しているそうですが、その背景には、このチームが人民解放軍によって構成されていたという事実があるからではないかと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (14)   この記事についてブログを書く
« 再生エネ法は”ステルス法案”か | トップ | 超円高対策―円切り下げの非常... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (UNKNOWN)
2011-08-20 19:14:33
 あなたは、中国側が悪いと決め付けているけど、そんなのが”贔屓の引き倒し”と言うのだ。本当は、どっちもどっちの野蛮ぶりだろう?そこから戦場での行為を想像するのは大げさすぎる。
 ま、中国が嫌い、アメリカが好きだから、勝手な判断をしているだけ。好き嫌いなら、カラスの勝手だからね。
 ま、アメリカの選手もチャイナの選手も、虫の居所が悪かったから、やってしまったというだけのことだろう?
UNKNOWNさん (kuranishi masako)
2011-08-21 08:02:23
 You Tubeで流されている映像では、先に中国人選手がアメリカ人選手を取り囲み、殴りかかりおります。正当な根拠を理解できず、好き嫌いでしか判断できないのは、UNKNOWNさんではないでしょうか。
Unknown (UNKNOWN)
2011-08-21 10:48:33
 中国選手が先に手を出したからと言って、アメリカ側に非がないとは言えない。昔から、日本では”喧嘩両成敗”と言うじゃない?どっちにも、そこそこ、非があるもの。
 そんなことより、バイデンが6日も滞在することに気づくべき。日本になら、1日か日帰り。事実上の米中首脳会談で何を話し合ったのか?そう言うことを考えるのが政治学者じゃない?
Unknown (Unknown)
2011-08-22 03:18:06
川島 相手サポーターから「フクシマ」コールに激怒

http://headlines.yohoo.co.jp/hl?a=20110820-00000241-sph-socc

審判は試合に一時中断を決め選手たちはピッチから引き揚げた

どこの国にもマナーの悪い人、悲惨な状況が理解できない人、冗談で済む・済まないの境界が認知出来ない人がいる

先進国は、間違った方向に行きそうな時、周囲が軌道修正してあげる
川島の騒動では審判と選手達が軌道修正
日本人選手も遺恨は残さない

特定国の試合だとそうはいかない
スタジアム全部で反日
日本の選手も、日教組の教育を受けたせいか、子供の頃から罪悪感を育み、抗議しない
かくしてアノ国たちはやりたい放題

ネットには孫ナントカの発言
日本は犯罪者になった
を引用
ヨーロッパの人がフクシマのせいで、どれだけ辛い思いをしているか
川島は、抗議する前に真摯に考えるべきだ、等とのコメントが
フランスが核実験した過去を知らないのか
フクシマの事故とは違う

今後はヨーロッパにも抗議できなくなる?ww
UNKNOWNさん (kuranishi masako)
2011-08-22 08:00:19
 人が、何かに対して”嫌い”という感情をもつ時、それには、善悪の判断を含めた正当な理由があることがあります。犯罪者やマナーの悪い人を好きな人はいません。好悪の背景にある、この正当な理由こそ、問題の本質なのです。注意されても、ストーカー的なコメントを続けているUNKNOWNさんも、胸に手を当てて、よく考えてみてください。
Unknownさん (kuranishi masako)
2011-08-22 08:06:08
 公正な秩序の維持は、軌道修正できるか、できないかにかかっていると思います。人々のマナー意識が低いと、直ぐに乱闘や虐殺が起きますし、制度に制御装置が欠如してますと、システムそのものが崩壊します。中国は、強制力をもって秩序を統制はしますが、一度、崩れ始めると、それを抑えるものがなにもありませんので、際限がなくなっく無秩序になってしまうのではないかと思うのです。
Unknown (UNKNOWN)
2011-08-22 19:23:45
 あのね、予測だけど、アメリカ選手が中国選手のことを”チンク”と言ったのじゃない?わりと差別用語の使用に無頓着なのよ。日本人にもすぐ”ジャップ”と言うのだから。
 ま、そこから喧嘩が始まっただけのことじゃないかと思うよ。だから、どっちもどっちじゃない?
 ワタシも”ジャップ”と言われたら、乱闘してやるよ。ウヨクはしないの?じゃ、愛国ウヨクじゃないね。
UNKNOWNさん (kuranishi masako)
2011-08-25 06:51:15
 一般の日本人は、”ジャップ”と呼ばれても、怒らないのではないでしょうか。”ジャップ”という言葉で、乱闘となったというお話は聞いたことがありません。大概の反応は、”言いたい人には、言わせておく”か、”侮蔑の言葉には、実力で示す”、ではないでしょうか。

 UNKNOWNさんは、自らを日本人と自己申請しておりますが、日本人らしい、礼儀正しさ、相手への思いやり、他人に迷惑をかけない自己抑制、誠実さ・・・が見当たりません。相手方が、嫌がらせやハラスメントであると捉えていることに気付いた時点で、通常の日本人は反省して、こうした行為は止めるものです。
Unknown (Unknown)
2011-08-28 04:08:01
>”チンク”と言ったのじゃない?わりと差別用語の使用に無頓着なのよ。

数年前の反日暴動やサッカーの試合をもう忘れたのでしょうか

日本鬼子
小日本

中国で、衆人皆が日本人に最大の侮蔑用語を吐きかけたのを
中国人は、アメリカ人を非難できるのか

アメリカに行ったことがあるのでしょうか?
アメリカは仕事の面接に来た人に「are you Japanese?」と聞いただけで人種差別になる国
日本人はセクハラというとエッチな事ばかり想像
セクハラとは
例えば、極端に腕力を使う仕事に女性が応募してきた
並の女より屈強だが、筋肉自慢の男は大勢いる
やはりこの仕事は筋肉隆々の男を採用したい
女には無理だ、と採用を断るとセクハラで訴えられる
年齢で差別してもいけない
履歴書に年齢を書かなくても、法律でOK
学校卒業後、10年以上就職せず、いい歳になって就職を考え面接に来た人を、日本企業が連続して不採用にしたとしてアメリカ政府から勧告を受けたこともある
アメリカはシビアに差別に煩い
だが現実に、女性には不向きな仕事がある
本当の不採用の原因は言わず、違う理由で断る
アメリカ人に屁理屈言わせたら右に出る者はいない

尖閣諸島で漁船が日本の船に体当たりした動画が流出した時も、中国人は「中国の小さな漁船が、大きな船に体当たりしたのは日本が先に何かしたからだ。でなきゃ、あんな小さな船で…」と日本が先に酷い事をした部分はカットした、と想像
日本が悪いと言い張る中国人が多かった

アメリカ人がチンクと言ったに違いない、と想像する人はサッカーの川島の報道を無視するのでしょうか
対戦チームのサポーターがフクシマと野次を飛ばしたら日本人選手・川島は審判に抗議
チームメイトも試合を中断してくれた
川島はベルギーリーグ協会にも抗議
対戦チームはHPで日本語の謝罪文を掲載してくれた
どこの国にもバカはいる
問題はバカがしでかした事にどう対処するかだ
対処の仕方で国のレベルが解る
Unknownさん (kuranishi masako)
2011-08-28 08:26:31
 多民族国家であるアメリカでは、あらゆる差別が糾弾される可能性がありますので、米選手が、あからさまに中国人を侮蔑する言葉を投げかけたとは思えないのですが・・。その一方で、平等主義が徹底されたため、アメリカは、逆に、コネ社会になりつつある、との指摘もあるようです。今後のアメリカ社会の行方は、人口構成の変化を含めて、注目すべきことかもしれません。
 今回の乱闘では、中国が、成熟した大国とは程遠い状況にあることを、奇しくも内外に示すことなりました。周辺諸国も、中国がルールを守らず、暴走する可能性があることを念頭に入れた、対中政策を準備する必要があるのではないかと思うのです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事