万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

新幹線殺傷事件と憲法第9条-無抵抗主義は正しいのか?

2018-06-23 15:22:31 | 国際政治
先日、東海道新幹線の車内において、乗客として乗車していた男が突然に凶器を振りかざして隣席の女性に切りかかり、男女3名が死傷するという痛ましい事件が発生しました。被害者の内、男性一人は、女性達を逃がすために犯人を押さえにかかったものの反撃を受け、全身60か所を刺されて命を落とされております。自らの命を賭して他者を護ろうとした勇気には、頭が下がる思いがいたします。この場を借りて、心よりご冥福をお祈り申し上げたいと思います。
 
 同事件に関しては、現場の状況の詳細が明らかになるにつれ、犠牲となられた男性の果敢な行動こそ死傷者の拡大を防いだとするコメントが、ネット上に多数寄せられるようになりました。仮に、誰一人として犯人の凶行を制止せず、全員が逃げるのみであったならば、逃げ遅れた女性や子供たちが次から次へと犯人の刃に掛かっていたことでしょう。犯人に立向かう人があってこそ、多くの人々の命が救われているのです。犯人には精神疾患があったとはされていますが、他者の命を虫けらのように扱うその冷酷さと残忍性には言葉を失います。命に対する感覚は犯人と被害男性とでは正反対であり、両者は全くの対称を成しているかのようです。一方は利己的な動機から他者の命を奪い、もう一方は利他的な心から他者の命を守るために行動したのですから。

そして、こうしたリスクは、一般社会のみならず、国際社会においても見られます。まことに残念なことに、国際社会においても、利己的な理由から他国に一方的に暴力を以って危害を加えようとする国が存在するからです。仮に、他国が軍事侵攻を開始するような事態が発生した場合、攻撃を受ける国々は、果たして、どのように行動すべきなのでしょうか。反撃を一切試みない無抵抗主義こそ、唯一の正しい対処法とすべきなのでしょうか。少なくとも日本国憲法第9条は、平和主義の名の下でこうした態度を肯定しているようにも読めますし、実際に護憲派の人々も、日本国が無防備、かつ、無抵抗であることを望んでいるかのようです。

しかしながら、新幹線殺傷事件は、平和と云う善意を看板にした無抵抗主義こそ、犯人の悪意に満ちた利己的野望を満足させてしまうという、護憲派が認めたくない現実を人々に突き付けています。‘国民が虐殺されても抵抗すべきではない’とする主張は、たとえそれが誰もが希求する平和の名を付していたとしても、善悪が倒錯している、あるいは、間違っているとしか言いようがないのではないでしょうか。戦争に限らず、他者の命を奪うのではなく、他者の命を護るためにこそ命がけで戦わなければならない時、こうした時は、この世にはあるのではないかと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 大麻解禁は人類劣化への道 | トップ | 日朝平壌宣言の事実誤認-‘植... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
その通りです (いぬのしっぽ)
2018-06-23 22:08:36
倉西さまの言う通りです。
私は常日頃から新幹線やその他の交通機関や大型施設などでテロが起きた時にどうするのか考えていました。
今回の犯人もテロだと置き換えることもできると思います。
その時に即座に何が起きているのか鉄道会社の人は知ることができたのだろうか?警官が来なければ取り押さえることもできないとしたら、次の駅まで緊急停車することもできないとしたら、複数犯や爆薬や拳銃の持ち込みも検査なしでは防げないのにどうするのか?
すべての事態において日本は性善説の上でしか考えていないと感じます。
今まではそれで平気だったかもしれませんが、この先は待ったなしの危機的状況が次々と起こってくる世相になってくる気がいたします。
戦争のような事態になった時のことを想定して防衛できる状態にしていくことが何よりも大事だと思います。
アメリカ頼みだけというのは間違った考えだとしか思えません。
アメリカは自国に有利でなければ動かない、それがアメリカファーストの考えだと思います。
いぬのしっぽさま (kuranishi masako)
2018-06-24 07:50:57
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 これから起きる戦争は、正規の軍隊同士による戦闘とテロが同時に発生するハイブリッド型でとなるのではないかとする予測があります。今般、北朝鮮の軟化により政府は警戒レベルを下げておりますが、中国の脅威は北朝鮮に優ります。日本国政府は、今般の殺傷事件に類似する無差別殺人とテロの両対策を兼ねる形で、国民に対して講習会等を開き、対処の仕方を教えるべきではないかと考えております。
Unknown (ROM)
2018-06-25 13:00:14
倉西先生のおっしゃるとおりです。
というか、私は自己犠牲の死を選ばれたあの方も本当はその瞬間は何も考えずただ内なる高い品性の衝動にまかせて動かれたのだと思っています。
だからこそその行為に頭を下げ感謝追悼する気持ちが必要なのですよね。
それこそが日本人のDNAに刻み込まれた高い品性であると。
なのに、メディアや日本貶め工作員によるネットでは「余計なことをした」とでも言わんばかりの発言が跋扈しました。
こいつらは、自己犠牲=義のためにわが身を捨てるという日本人の奥底にある品性(特攻隊精神もあわせて)を貶めたいのです。
この記事にふれてくださって、そして先生の高いご見識に安心いたしました。ありがとうございました。
ROMさま (kuranishi masako)
2018-06-25 18:49:56
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 国民栄誉賞というものがありますが、この方にこそ、授与すべきではないかと思います。良心を失ってしまった一部メディアや工作員を除いては、日本国民の多くが思いを同じくしているのではないでしょうか。人としての真の栄誉とは、そして、真の名誉とは何かを、この事件は問うているような気がいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際政治」カテゴリの最新記事