万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

古地図に全てを語らせたメルケル独首相

2014年04月08日 17時16分30秒 | 国際政治
 ドイツを訪問した中国の習近平主席は、思わぬ贈り物に顔が青ざめたかもしれません。”毒入りプレゼント”と称されるぐらいなのですから。

 急速な軍拡を果たした中国の周辺諸国に対する野心は留まるところを知らず、突如として軍事行動を仕掛ける懸念も広がっています。周辺諸国に対する脅威に加えて、中国の版図に組み込まれているチベット、新疆ウイグル、内モンゴルなどでは、未だに中国による過酷な支配が続いており、異民族に対する人権侵害も甚だしい状況にあります。しかしながら、軍事大国化した中国に直言する国はほとんどなく、否、経済重視を言い訳にして、中国の主張に歩み寄る国も見られます。こうした中、ドイツのメルケル首相は、口にはなかなか出せないことを、一枚の古地図に語らせています。18世紀に宣教師がもたらした情報に基づいてフランス人によって作成されたとされるこの地図は、1735年時点の清朝の版図を描いており、その中には、チベットも、新疆も、内モンゴルも、そして、尖閣諸島も含まれていないのです。この古地図からは、(1)チベット、ウイグル、内モンゴルの独立の正当性、(2)中国の異民族に対する人権侵害への批判、(3)中国の歴史的主張の欺瞞性、(4)尖閣諸島に対する武力行使の侵略性、(5)ドイツと中国との歴史共闘の拒否…を容易に読み取ることができます。

 意気揚々と欧州歴訪の旅に出た習主席ですが、贈られた古地図の発するメッセージがドイツの本音であることにおそらく気づいたことでしょう。中国メディアの一部は、地図を改竄して報じたそうですので、古地図が中国の野心を挫くことになれば、中国にとっては毒でも、国際社会にとっては病巣の拡大を抑える良薬となるかもしれません。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 地裁による袴田事件再審決定... | トップ | STAP細胞論文不正問題-万能... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ねむ太)
2014-04-08 22:08:52
こんばんは。メルケル首相も東ドイツの出身であり、冷戦時代には人に言えないような苦労もあったのではないかと思います。
尖閣諸島については1960年代に中国で発行された地図には国境線は尖閣の外側に引かれており、中共も尖閣は日本の領土と認識していたことがわかります。
明確な証拠が残っているにもかかわらず、尖閣は中国の領土と主張する図々しさには呆れるばかりなのですが、自民党や民主党・共産党・公明党などが、中国の言い分にも一理ある、領有を強硬に主張する事で揉め事がおきたり紛争になっては困ると中国の顔色を伺い、福田康夫内閣では、中国が春暁を設置し原油の掘削を始めているにもかかわらず、油田の共同開発などと寝惚けた弱腰に徹し、民主党で600人も引き連れ朝貢した小沢一郎、「東アジア共同体」「日本は日本人だけのものではない」「友愛精神」などと幼稚過ぎる戯言を繰り返したルーピーや、尖閣での漁船体当たり事件で逮捕した中国人船長を検察の判断と偽り、釈放した上にチャーター機で帰国させる愚を犯し「柳腰外交」などと土下座外交をしてきた結果が中国を増長させてしまった原因です。
この親中派や媚中派議員の大半が、自民党田中派に所属していた連中です。
小沢一郎・鳩山由紀夫・藤井裕久・岡田克也などが主なところですが、民主党の実態は自民党田中派と社会党の残党の寄せ集めといったところで、55年体制が崩壊し一つにまとまった結果です。
日中国交回復は「勝手な事をするな」とヘンリー・キッシンジャーが激怒していたとの証言もあります。
現在の中国の軍拡や周辺諸国に対する侵略・軍事力を背景にした圧力などを見るにつけ、キッシンジャー氏が激怒した理由がわかります。
多額の経済援助をした結果が高濃度の汚染と公害、とどまるところを知らない軍拡は領土的な野心をむき出しに周辺諸国を脅かしています。
行き過ぎた軍拡、党幹部の不正蓄財・中途半端な開放経済による回収の見込みの無い不動産投資によって膨らんだバブルが弾けつつあり、国際経済に与える影響はサブプライムローン事件を凌ぐとも言われています。
この事については我が国が猛省し地域社会と国際社会は違うと理解しなければなりません。
また人間は皆同じで礼を持って接すれば礼を持って返すす事を知らない民族もいる事を理解しなくてはなりません。
気候・風土歴史によって民族の性質は変わってくる事に気がつかなくてはなりません。
基本的に外交には裏も表もある事を理解し、必要なところは協力しながら、批判すべきところは批判する、当たり前の事が出来なければ、地域社会の人間関係と混同し同じ過ちを繰り返す事になります。
メルケル首相の意図を習近平が、どこまで理解できるか習近平が本当に軍を完全に掌握してるかどうかが一つの問題でもあります。
我が国の問題は、国内にいる反日日本人が一番の問題なのです。
何しろ、国連という教室があって事務総長という校長先生がいて、常任理事国という先生が存在し生徒である加盟国は先生の言いつけを守らなくてはならない・・
大方の国民のイメージする国際社会の姿ではないでしょうか。
そこには善意と正義と公正に満ち溢れた人々が集う、絶対善なる世界と信じこまされている為に国防や安全保障の話はダメ、憲法を改正し自国は自国で守れるようにしようと言えば軍国主義車・極右の台頭などのレッテルを張ってでも言論を封殺しようとする・・現実に合わない夢想から目覚めて現実に対応できるようにする事さえ否定するのですから、進歩的文化人やマスコミ・日教組・学閥による洗脳を解くには長い時間を要する事になると思われます。

ねむ太さま (kuranishi masako)
2014-04-09 08:08:10
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 しばしば、田中角栄氏は、日本派、あるいは、”ナショナリスト”と扱われており、アメリカの意向に反してまで日中国交正常化を果たしたことが、日本国の”独自外交”として評価されたからなのでしょう(もっとも、私から見ますと、ニクソン・キッシンジャー外交も、相当に親中と思うのですが…)。しかしながら、その底流には、戦前から続く中国や朝鮮半島の脈があるように思えるのです。田中氏は、戦前、朝鮮半島で事業を行っておりましたし、小沢氏に至っては、日本人ではないとも噂されており、”人民解放軍”や”朝鮮進駐軍”との関係が疑われます。反日政策に誘導しようとしている日本国の政治閥の正体を、早急に明らかにする必要があるのではないかと思うのです。

国際政治」カテゴリの最新記事