万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

天皇をとりまく宗教事情の問題

2019-09-20 20:34:36 | 日本政治
天皇と神道との繋がりについては、しばしば批判的な意見が見受けられます。近代国家の政教分離の原則からしますと、天皇と云う公的な地位が特定の宗教と結びつき、国家祭祀を行う形態は前近代国家の‘残滓’と捉える向きも少なくありません。そこで、本記事では、天皇をとりまく宗教事情の問題について扱いたいと思います。

 仏教伝来以来、天皇は仏の道にも帰依しており、聖徳太子の『十七条憲法』に は「篤く三宝を敬え 三宝とは仏法僧なり」ともあります。京都の泉涌寺は皇室の菩提寺としても知られ、明治以前にあっては、皇族は仏教徒でもあったことは紛れもない歴史的な事実です。一神教ではなく多神教国家、否、多宗教国家であった日本国では、海外から伝わる宗教であっても、善き教えは積極的に受け入れて国造りに生かしてきたのであり、飛鳥時代に遡っては、ネストリウス派のキリスト教(景教)の影響も指摘されています。完璧な宗教は存在しておりませんので、仏教からは慈悲の心を、キリスト教からは博愛精神を学ぶなど、‘良いとこどり’をすれば、むしろより善き社会が実現するかもしれず、必ずしも多神教や多宗教を低く評価する必要はないようにも思えます。徹底的に仏教を排除しようとして廃仏毀釈を行った明治維新こそ、日本国の歴史からしますと‘異端’とも言えましょう(この他に、徹底的な他宗教の排斥を行ったのは戦国時代のキリシタン大名達…)。江戸時代までは、神社に社僧という神職が存在したように、神仏習合が当たり前であったのです。

こうした側面に注目すれば、確かに天皇との関係において神道を別格に扱う必要はないように思えます。その一方で、日本国における天皇と云う公的地位の正統化に注目しますと、神道以外の宗教には、この地位に正統性を与える教義上の根拠を持ち合わせていないように思えます。それがたとえ古代人が描いた想像であったとしても、日本国がイザナギノミコトとイザナミノミコトを父母として誕生し、そして、天皇が国生み神話に記された神々の子孫であるとする記紀神話こそが、天皇位を正統化していると言わざるを得ないのです。日本全国津々浦々の神社の多くには、『日本書紀』や『古事記』の神代に登場する神々が祀られており、神道は、天皇と共に日本国の過去と現代を結ぶ役割を果たしているのです。

日本国の宗教史を概観しますと、天皇と云う位そのものは、神道がその正統性を支えつつも、日本国の伝統的な多宗教性をも象徴してきたように思えます。しかしながら、明治期に成立した近代皇室をめぐっては、果たして、それ以前の皇室との間に継続性があるのかどうか、疑問を抱かざるを得ないのです。明治憲法下では、立憲君主に衣替えして軍服姿となりましたし、今日では、婚姻を介してカトリック、統一教会、並びに、日蓮宗から分かれた創価学会などの新興宗教の影響も強まることになると同時に、俗化が急速に進行しています。かくも皇族が、俗化した時代は日本史上において初めての出来事なのではないでしょうか。

そして、その理由は、今日、皇室に特に強い影響を与えている宗教団体が、純粋な意味での信仰集団ではなく、世俗の私利を追求する利益団体の性格を有していることに求めることができるように思えるのです。バチカン銀行を擁するカトリックの拝金主義は今に始まることではありませんし、創価学会もまた、宗教を麻薬と断じて否定する中国共産党と良好な関係を築いています(同学会の名誉会長の池田大作氏は、学会財産の金融投資で巨万の富を築き、私腹を肥やしたとも…)。社会の善性を高める方向に作用するならば、様々な宗教を取り入れてきた日本国の多宗教性は望ましいのですが、それが、天皇の俗化や拝金主義に堕し、さらには国際化も手伝って政治的な偏りをもたらす方向に向かうならば、伝統的な多宗教性は、今日、逆機能に転じていると言えるのではないでしょうか。

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« IRを阻止する新たな方法はある? | トップ | ギャンブルは人類に必要なの... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (宮内庁皇室浄化大作戦)
2019-09-21 01:37:21
もし、日本が支那朝鮮による侵略乗っ取り支配を受けたら、在日カルト創価学会や統一教会は中国共産党による粛清の対象になるのは目に見えていますから、1日も早く在日カルト創価学会や統一教会には解散命令を出して、存在をオウム真理教の様に撲滅しておくべきです。

結果的に支那朝鮮による侵略をくい止める事が出来るのです。

日本政府の主導的対応によって、DNA鑑定も導引して宮内庁皇室の大改革も必要だと思います。
宮内庁皇室浄化大作戦さま (kuranishi masako)
2019-09-21 09:56:52
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 皇室が、カルト宗教団体の影響下にあり、かつ、中国や朝鮮半島の二国等から政治的に利用されているとしますと(おそらく、その元締めは国際組織…)、国民にとりましては崇敬の対象ではなく、むしろ危険な存在となりましょう。皇室財産や皇室利権の問題を含め、国民が疑問に感じることも少なくなく、日本国政府も、DNA鑑定実施を含め、事実の公表に踏み切るべきではないかと思うのです。
やられっ放し (掛けまくも畏し)
2019-09-21 13:43:14
あの騒ぎからさして時間が経っていない中に再度のガソリン投下、本当にタフですねぇ。

神道と仏教の両刃遣いで永くやってきたのだから神道と草加煎餅でもいいじゃないか(真言宗も天台宗も当初は「新興」宗教だったし、彼らは清貧の中に修行に明け暮れていた「だけ」ではなかった=金も権力も手にしていた云々)、皇室にも信教の自由が必要ニダ!という暴論も出かねませんね。神道以外の信仰が露見しても、神道を形式的であれ捨てない限り、ひょっとすると捨て去ったとしても、皇位の正当性を否定できる明確な根拠に乏しいのではないでしょうか。厄介なことです。


天皇制は民俗文化 (Unknown)
2019-09-21 14:20:35
 皇室ご用達の奈良漬けとか饅頭とか。他の工芸品などもご用達で名誉となり品質向上。征夷大将軍も皇室ご用達の奈良漬けと同じ。京都人が上手にあやしていわば芝居の主役をさせていた。
 薩長の田舎者が東京へ拉致してヨーロッパの皇帝風にしてしまった。関東人は、それに幻惑されている。南米のふらふらした国のように芝居の主人公がいなければいつまでもふらふらする。歌舞伎の主役みたいなものだから、大国の大将も招待されたらホイホイやってくる。トランプさんのように。習近平などまだ副大将の時から会わせろとおねだり。
 浜名湖のウナギの缶詰、昭和天皇が好きでちびりちびり食べていたそうだが、斎藤茂吉、それを知り疎開の時にたくさん買っていったとか。
 これは美味しい奈良漬けだとか饅頭だとか、頑張っているねとか、お気の毒ですねとか言って励ますのが仕事。外国に向けては歌舞伎の主役をやってくれる。人権なしなのにようやってくれる。関東人が宗教がどうのこうのとか言うけど、それは土人の薩長人の影響。
京都人は御簾の中に閉じ込めながら上手にあやして芝居をやってもらっていた。屁も自由にできない。人権ないわ。
掛けまくも畏しさま (kuranishi masako)
2019-09-21 17:28:04
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 私は、言論の自由が保障されている我が国では、皆が自由闊達に皇室について意見を述べることができる状況こそ、最も望ましいと考えております。タブーを気にして遠慮してしまいますと空気が重苦しくなりまし、何よりも閉塞感が漂うことになりましょう。

 我が国の伝統としての多宗教性と現在の多宗教性との違いにつきましては、その俗化とカルト性、並びに、国際組織の関与といった点において本記事で述べたつもりでした。分かり難い説明となりましたこと、お詫び申し上げます。なお、私は、天皇位と今日の皇族とは別物ではないかと考えております。天皇位は将来において国家祭祀の公職として残ることはありましても、著しく変質してしまった現皇族がその位を継承する必要はないのではないかと思うのです。

 
Unknownさま (kuranishi masako)
2019-09-21 19:07:40
 コメントをお寄せくださいまして、ありがとうございました。

 天皇位を国家祭祀を職掌とする公職といたしますと、皇族の人権の問題も解決するのではないかと思います。否、今日の皇族は、自らの権利(特権)だけは主張しつつ、伝統的な義務については怠っているようにも見えます。様々な問題があるのですから、抜本的な見直しを行うべき時期に来っているのではないでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本政治」カテゴリの最新記事