万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

イラン大統領選挙―アフマディーメジャード氏は本当に勝ったのか

2009-06-14 16:03:50 | 中近東
イラン大統領再選 改革派反発、街頭デモで警察と衝突(朝日新聞) - goo ニュース
 イランの大統領選挙は終盤に入り激戦となり、前回選挙を20ポイント上回る84%の投票率は、この選挙に対する国民の関心の高さを表しています。接戦が予測されたものの、蓋を開けたところが、63%対34%で現職のアフマディーメジャード氏の当選が決まり、改革派のムサビ氏の支援者から不正選挙ではないか、とする疑惑の声が上がっていると伝えられています。

 早々に、アフマディーメジャード氏は勝利を宣言し、最高指導者のハメネイ師も選挙結果を受け入れるように国民に呼びかけたそうですが、アフマディーメジャード氏は、本当に選挙に勝ったのでしょうか。もちろん、指摘されているように、投票結果に不正な操作が加えられており、実際には、敗北していた可能性もあります。その一方で、国民の多くから不正を疑う声がありながら、その声を権力で封じようとしたところに、政治的な敗北を見ることもできます。表面上は勝ったように見えながら、大統領に対して国民が深い懐疑心を抱いていることは、今後のアフマディーメジャード氏の政策運営を困難にする要因ともなるかもしれません。民主主義の制度を導入した国にあって、政権の正当性に疑いがあることは、内部に何時爆発するとも限らない不満勢力を抱え込むことを意味するからです。

 アフマディーメジャード氏は、疑いを晴らすべく、投票結果の再集計を実施するなど、国民に対して自らの当選が正当であることを誠実に証明すべきと思うのです(不正がなければ容易なはず・・・)。もし、これができないとしますと、次期政権は、前途多難な船出となるのではないでしょうか。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。 

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳩山総務相更迭が招く政治不信 | トップ | イスラエルはパレスチナ安全... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イランだけではない・・・ (冬水)
2009-06-15 04:40:41
 アメリカも、本当は、ゴア氏が勝っていたのじゃない?フロリダにおいて、詐欺が行われた可能性は否定できない。
 日本でも、住民票を移して得票を上げる党があると言われている。実際、昔はやっていた。今年も、東京都に住民票が多く移動しているのじゃない?
 その党に支えれて、政権を維持している現在の自公政権も、支配の正当性を欠くのじゃない?
冬水さん (kuranishi masako)
2009-06-15 08:12:12
 ご返事をいただきまして、ありがとうございました。
 アメリカの大統領選挙の場合には、有権者からの要請を聞き入れて、票の集計をやり直したはずです。イランもまた、国民の疑いを解くために、選挙が公正に行われたことを立証すべきと思うのです。公明党の住民票移動については、監視を強化するとともに、政府は早急に対策を立て、必要とあらば、立法措置をとるべきなのではないでしょうか。不正選挙は、民主主義の根幹を揺るがしますので、厳格な処罰を与えるべきなのです。
あなたは・・・ (冬水)
2009-06-15 17:57:52
 知的正直さに欠ける。
 創価学会は、政治団体であり、住民票移動など、民主主義の根幹に関わる不正を行っていると私は指摘。
 あなたは、さらに、犯罪集団とみなしているのに、その集団に支えられた自公政権は、支配の正当さが欠けていると指摘すると、無視。
 知的正直さに欠ける学者など不要だろう。ただの税金シロアリにすぎない。
 
冬水さん (kuranishi masako)
2009-06-15 20:36:12
 ご返事をいただきまして、ありがとうございました。
 創価学会の住民票の投票による不正は、都議会選挙などの地方選挙において行われている手法です。この不正行為については、裁判所において故永田議員に名誉棄損罪の判決が言い渡されたように、残念なことに証明されていないのです。ですから、警察であれ、議会の国政調査権による調査であれ、何らかの形でこの不正行為をまず立証する必要があると思うのです。また、組織的な犯罪についても、マスコミを懐柔しているせいか、なかなか明るに出ていません。
 もし、今回の都議会選挙において不正行為が発覚したならば(住民票移動を証拠を掴む・・・)、都議会選挙の結果には、正当性に疑問符が付くことになりましょう。第一にすべきは、事実を明らかにすることなのです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

中近東」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事