万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

金世襲独裁体制が諸悪の根源なのでは?

2018-07-09 15:23:57 | 国際政治
「北朝鮮もベトナムと同じ道歩める」 ポンペオ氏、非核化へ行動促す
ベトナムを訪問しているポンペオ国務長官は、首都ハノイでの講演において、北朝鮮に対してベトナムと同じ道を歩むよう促したと報じられております。両国は共にソ連邦を後ろ盾として戦後に建国された国ですので、同長官の期待にも根拠がないわけではありません。しかしながら、両国の間には、重要な相違点があるように思えます。

 両国とも南北に分裂していながらベトナムは既に統一している点において顕著な違いがみられるものの、もう一つ、重要な違いを指摘するとすれば、両国の国家体制です。国家体制を支える政治思想を見れば、両国ともマルクス・レーニン主義を発展させる形で、ベトナムはホー・チミン思想を、北朝鮮は主体思想を奉じています。ホー・チミン思想は、共産党一党独裁を土台としつつも個人独裁色は極めて薄く、小作人層を中心とした労働者を中心勢力とした国家体制を目指していたようです。実際に、ベトナムの国家体制は、「四柱」と称される共産党中央委員会書記長、国家主席、首相、国会議長による集団指導体制を採用しています。一方、北朝鮮の主体思想は、基本的には国家有機体説の流れを汲んでおり、頭に当たる最高指導者に絶対的な権力を与えています。しかも、平等に価値を置く社会・共産主義思想においてはあり得ない世襲制を採用しており、金一族による権力の独占が是認されているのです。

 それでは、世襲制を正当化し得る根拠を金一族が有しているのか、と申しますと、そうではないようです。ソ連邦によって‘建国の父’としてリクルートされた‘抗日戦線の英雄金日成’なる人物は、年齢や容貌が歴史上の金日成将軍とは違っており、別人であったそうです。つまり、建国当初から金家には歴史や伝統に根付く正統性が欠如しているのです。にもかかわらず、今では、‘白頭の血統’として半ば神格化されています。2013年に死刑に処された張成沢国防委員会副委員長に対する特別軍事裁判の判決文では、「歳月は流れ、世代が十回、百回交代しても変化することも替わることもないのが白頭山の血統である。…」と記されており、金一族による永遠の世襲が宣言されているのです。

 しかしながら、常識に帰って考えてもみますと、偽者を‘建国の父’と祭り上げた上に、暴力による脅しを以って‘白頭山の血統’として絶対化し、全国民に対して絶対服従を命じる体制は、馬鹿馬鹿しいカルト以外何者でもありません。一介の誰とも知れない人物に国家の全権力を与えることなど、理性を備えた一般の人々からしますと、正気の沙汰とも思えないのです。そして、こうした愚かしい世襲独裁体制こそが、核・ミサイル問題を生み出し、全世界に脅威を与えているとしますと、諸悪の根源は、騙しと暴力と醜い私欲に塗れた、北朝鮮の金世襲独裁体制なのではないでしょうか。

 民主主義の価値に照らせば、ベトナムの共産党一党独裁体制を支持することはできないにしても、北朝鮮の国家体制の劣悪さは、ベトナムの比ではありません。ポンペオ国務長官は、ベトナムを引き合いに出すならば、せめてベトナムと同程度の集団指導体制に国制を改革するよう、北朝鮮に訴えるべきではなかったかと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 北朝鮮の対米不満を読み解く... | トップ | 豪雨被害を最小限に留めるた... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
朝鮮の国体 (北極熊)
2018-07-10 15:11:17
北朝鮮はロシア革命に由来する共産主義を、韓国はフランス革命やアメリカ独立に由来する自由資本主義を、それぞれ政治体制構築の根本理論としているように見えますが、結局朝鮮人は、王様、両藩と白丁という彼等独自の国体があって、何れの体制でも、そこに当てはめてしまうのではないでしょうか。 王様、両藩、白丁 = 金世襲家、朝鮮人民軍、国民 = 韓国大統領、財閥、国民 というだけのような気がします。 
北極熊さま (kuranishi masako)
2018-07-10 19:21:58
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 表向きは共産主義であれ、民主主義であれ、結局は、古来の”王様、両潘、白丁”のヒエラルヒーが染み付いているとしますと、朝鮮半島は絶望的な状況にあると言えましょう。成長や発展というものが存在しないとしますと(一般的には人とは成長するもの・・・)、その根本的な要因は一体どこにあるのか、不思議な限りです・・・。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際政治」カテゴリの最新記事