万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

中国との歴史認識共有で自己分裂に陥る韓国

2015-08-20 15:06:17 | アジア
朴大統領、訪中発表…パレード参加は「検討中」
 第二次世界大戦の終結から70年を迎える今年、中国でも、9月3日に「対日戦争勝利記念」の記念行事が催されるそうです。中国と歴史認識を共有し、共闘関係にある韓国の朴大統領の参加が注目されてきましたが、記念行事には出席する予定と報じられております。

 軍事パレードへの臨席については、朝鮮戦争に中国軍が参戦したことから韓国国内において反対意見もあるそうですが、韓国が、こうした”自己分裂”とでも言うべき状況に陥った原因は、韓国が、史実を無視し、中国と歴史認識を一致させたところにあります。戦時期にあって、史実としての韓国は、1910年の韓国併合条約により日本国の一部でした。朴大統領の父朴正煕元大統領が血書の提出を以って満州国軍官学校に志願したように、当時の韓国人の多くは、日本軍の一員として連合国諸国と戦っていたのです。ですから、朴大統領の戦勝記念行事への出席も、国家の代表としても、個人的にも本来は憚られるはずなのですが、敢えて参加を決定した背景には、韓国の戦勝国願望があるのかもしれません。この戦勝国化の試みは、サンフランシスコ講和会議におけるアメリカ政府の拒絶により挫折するものの、国内的には、憲法の前文にも明記されているように、自らを、1919年の3.1独立運動後に上海で設立された”大韓民国臨時政府”を継承する国家とみなしています。臨時政府は、連合国からも承認されておらず、国際法においては正当性が全く以って欠如していました。ところが、今回の式典出席の目的の一つに挙げられているのが、上海にあるこの臨時政府庁舎の再開館式への出席です。このことは、中国が、暗に韓国の歴史認識を承認する姿勢を見せていることを意味し、そうであるからこそ、韓国は、記念行事への出席に踏み切った可能性もあります。戦勝国になれば、永久に敗戦国に対して要求を突き付けることができると考えている国にとりましては、中国からの誘いは渡りに船なのでしょう。

 しかしながら、韓国は、中国との歴史認識共有に、思わぬ誤算が潜んでいることに気が付いていないようです。それは、戦勝国を装うこと、即ち、過去の史実を塗り替えて”偽連合国”となることは、冷戦の歴史をも引き継ぐということです。言い換えますと、中国の承認によって”偽連合国”となることは、冷戦期における東側、即ち、中国側に与することを意味するのです。このため、朝鮮戦争との間で整合性が取れず、かつ、冷戦期に西側陣営にあった日米に対して袂を分かつ結果を招きかねないのです。今後、米中対立が深まるほど、韓国は、自らが造り出した虚像がもたらす自己分裂に苦しむことになるのではないでしょうか。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 天津爆発事故から垣間見える... | トップ | 第二次朝鮮戦争-追い詰められ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ねむ太)
2015-08-20 20:32:14
こんばんは。中華人民共和国が戦勝国・・・冗談でしょ。
中華人民共和国の建国は1949年10月1日で、ポツダム宣言を受諾して停戦合意に至ったのは1945年です。
中共の前身は八路軍・・・日本軍から逃げ回っていたゲリラ集団。
支那事変で弱体化した国民党を追い出して建国した、いわば漁夫の利を得たようなものです。
韓国はといいますと・・その前に韓国というから歴史がおかしくなる、北朝鮮に対して南朝鮮・・朝鮮が北と南に分断された状態である事から理解が必要でしょう。
戦前・戦中を通じて大日本帝国朝鮮地方だったのですから戦勝国ではありません。
中国人も呆れ果ててクレームをつけた中国映画「カイロ宣言」
ポスターには毛沢東とスターリンが描かれており、毛沢東とスターリンがカイロ会談に出席したと錯覚を起こさせるような作りになっています。
現実にはカイロ宣言は署名がなされておらず国際協約として条約としても国際法的に効力のないものです。
この宣伝映画の狙いは、尖閣と台灣の帰属問題があります。
台灣は中国に返還される事になっていたと主張する者はカイロ宣言やポツダム宣言を持ち出しますが、カイロ宣言は国際法上効力を有しないものであり、ポツダム宣言を履行する前にサンフランシスコ講和条約が締結され台灣は日本から分離されたのです。
台灣が国家として独立するか、どこかに帰属するかに付いては台灣の人々に決定権があるのです。
尖閣につきましては1970年に中国が発行した地図でも日本領となっております。
地図という明確な証拠がありながらも自国の領土だと主張し武力による威嚇を行う国家に尻尾を振る韓国・・・
同情の余地もない。
アメリカが「世界の警察官をやめる」と言い、中国は軍拡し覇権を強化しようとする。
歴史を紐解けば朝鮮民族の行動は、はっきり判ります。
その昔、民に対する易姓革命で清と戦った時の事、最初は民の属国として民とともに戦っていたが、清が強いために寝返り、清とともに民を攻撃する。
自分の同盟する国より強い国が出て来ると簡単に寝返る・・・一番味方にするべきではない民族なのです。
終戦直後も、GHQに寝返り朝鮮進駐軍と名乗り略奪・暴行・破壊・殺人・・・ありとあらゆる悪逆非道の限りを尽くしマッカーサーも呆れ果て「朝鮮人は戦勝国民ではない三国人である」と言いました。
この時引き起こした事件が元で朝鮮人と気づかれると避けられたり差別されてしまう、そこで通名を使い日本人になりすましていると云うわけです。
慰安婦よりも何よりも、戦後、朝鮮進駐軍のしでかしたことについて韓国政府に対して謝罪と賠償を請求したいのはコチラです。
竹島強奪と日韓基本条約の欺瞞。
勝手に李承晩ラインを引き日本漁船を拿捕し44人の漁民を射殺した上、拿捕した漁民を人質に日韓交渉を進めた・・この時の謝罪も賠償もなされては居ません。
蝙蝠というよりも・・強いものが現れるとすぐに寝返ってしまう。
中国との歴史共有で、戦勝国と言いたいのでしょうが中国も戦勝国ではない。
米国は韓国を特別監視国家に指定しています。
韓国に重要な情報を渡すと中国に筒抜けになる。
在韓米軍の駐留は日本の防衛の為で、日本次第で半島からの撤退もあり得ると言っています。
ここで重要なのが安倍談話「自由、民主主義、人権といった基本的価値」・・外務省は2月に韓国の項目から「同じ価値観を共有する」という一文を削除しております。
日本国の意思として中・韓は同じ価値観を共有しない国・・新たな脱亜論宣言です。
ねむ太さま (kuranishi masako)
2015-08-20 20:47:31
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 中国が国連で常任理事国の地位を得たのは、1971年の国連総会におけるアルバニア決議によるものですが、この際、中国は、自らを”戦勝国”と位置付けてしまったようなのです。厳密に申しますと、韓国と同様に”偽戦勝国”なのですが…。冷戦期におけるデタントの流れの中で起きた事件ですが、今になって考えても見ますと、凶暴な虎を野に放ったようなものであったかもしれません。特に21世紀に至り、軍事力を備えるようになった中国は、国際社会で共有している価値観さえ否定しており、危険極まりない存在と化しています。通常、こうした危険な国家には近づかないものですが、韓国だけは、その暴力的な力にすり寄っております。明治期とは違い、今度ばかりは、日本国も、放置せざるを得なくなると思うのです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アジア」カテゴリの最新記事