万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

トランプ大統領の方が日本国民を理解している?-移民大量送り込み発言

2018-06-17 12:31:17 | 国際政治
トランプ氏、安倍首相に「日本に2500万人のメキシコ移民送れば君は退陣」
先日、カナダのラマルベーで開催されたG7において、トランプ米大統領が安倍首相に投げかけた発言が注目を集めています。その発言とは、「晋三、君はこの問題を抱えていないが、私なら日本に2500万人のメキシコ人を送り出すことができる。そうすれば君はあっという間に退陣することになる」というものです。

 メディアでは、暴言として扱っていますが、この発言、なかなか意味深長です。文脈としては、ヨーロッパ諸国で紛糾している移民問題に言及した際に放たれたとされています。おそらく、移民受け入れ政策に対する安倍首相の態度が、どちらかと言えば好意的であったのに対して、受け入れ反対の立場を貫くトランプ大統領としては、皮肉の一つでも言いたくなったのでしょう。そして、その皮肉が、移民政策に対する安倍首相と一般の日本国民との間に横たわる認識に‘ずれ’を衝いているところに、この発言の妙味があるように思えます。

 即ち、トランプ大統領は、一般の日本国民は、移民受け入れ政策に反対であるとする認識の下でこの発言をしているのであり、仮に、2500万人もの移民が日本国内に押し寄せることにでもなれば、当然に、日本国内の世論は一気に反安倍政権に傾き、内閣総辞職に追い込まれるか、もしくは、三選目はないであろう、と述べているのです。その真意は、もちろん、移民政策に反対である‘アメリカの立場を支持せよ’、というものなのでしょう。つまり、安倍首相は、移民反対への転換を暗に求められたこととなります。

 トランプ大統領が日本国側に反移民政策への転換を促していたとしますと、その後の安倍首相の対応は、その逆と言うことになります。何故ならば、メキシコ移民でもなく、2500万人とまではいかないまでも、昨日、閣議決定された「骨太方針2018」では、単純労働者を含む移民受け入れの拡大方針を示しているからです。安倍首相は、トランプ大統領の‘忠告’に耳を貸すこともなく、自らが政権の座を追われる可能性が高くなる道を、自ら選択しているのでしょうか。

日本国政府に対して政策の転換を示唆した点においてトランプ大統領の発言は確かに内政干渉的なのですが、その一方で、一般の日本国民の心情に基づいていると言う点では、むしろ、日本国民本位の提言であったことになります。日本国民を無視する日本国政府と、その目的はどこにあるにせよ、日本国民の心情を理解して日本国政府の政策に苦言を呈するアメリカの大統領。この両者のクロスした構図からしますと、トランプ発言を単なる暴言として批判することはできないように思えるのです。

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 日朝平壌宣言は日本国の外交... | トップ | 韓国軍の‘竹島軍事演習’-朝... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
保守系チャンネルの中にも (ベッラ)
2018-06-17 13:14:04
いつも先生のお話を正論として拝読しております。
心強く良心的な記事に私は毎日勇気づけられており
深く感謝しております。
もうトランプはすべてを見通しており、安倍さんは
ひとつもノーといえない、自分の妻さえ放置してきたの
ですから。
正しいと思えることも圧力を意識します。
保守系チャンネルにもそれがあります。
是々非々ではない「安倍信仰」をこのまま通しても
もはや無理でしょう。
保守側から忠告してきても全部潰されてきました。
それを見てトランプも安倍さんを手のひらで転がして
いるような気がしています。
日本国民はおかしなマスコミに耳目を奪われ
情けない状態ですが、もう時間がありません。
国内を引き締めるのは自党を引き締めることが
必要なのに・・・国民には負担を強制させてきたのです。尖閣事件は民主党のふがいなさでしたが
小笠原の中国船を見て見ぬふりをしてきた時から
すでに日本は外国に軽く見られてきたのです。
小笠原の近海で軍事演習をしていればこれを
防ぐことができたのに。
何もしない、日本は「草刈り場」となるばかりです。
ベッラさま (kuranishi masako)
2018-06-17 18:44:06
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 日本国において、政治家のみならず皇室を含め、あり得ない出来事ばかり連続しているところからしますと、明治維新、あるいは、大航海時代に当たる戦国期に遡って、再度、世界史の動きと照らしつつ、日本国の歴史を見直す必要があるのではないか、と考える今日この頃でございます。説明がつかないことには、得てして隠された理由がありますので、今日の混乱と売国の原因を突き止めるには、歴史的な検証こそ急がねばならないのではないかと思うのです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際政治」カテゴリの最新記事