万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

封建制の歴史の有無が日韓の違いを説明する-中国と親和性の高い韓国

2014-07-03 15:24:49 | アジア
習主席が朴大統領と首脳会談へ 河野談話検証めぐり“告げ口”外交再開か(産経新聞) - goo ニュース
 日本国と韓国は、アメリカと軍事同盟を締結している点において共通しています。しかしながら、軍事同盟に対する姿勢については、両国の間で著しい違いを見出すことができます。この違い、封建制の歴史の有無によって、ある程度、説明できるのではないかと思うのです。

 日本国では、平安末期から武士の台頭が顕著となり、鎌倉幕府の成立を以って封建制が成立しています。封建制の基本的な特徴とは、西欧の封建制と同じく上位者による会社の領地保障にあり、”本領安堵”こそが幕府に期待された最も重要な役割でした。つまり、他者の権利保障こそが、幕府の政権の正当性や将軍の公的地位を支える一方で、武士の主君に対する忠誠と軍事的奉仕は、主君の権利保障と一対の関係となるのです。つまり、封建制とは、主君が家臣の領地を保障する一方で家臣は主君の統治を認める非対称関係ではありながら、相互保障体制と言っても過言ではないのです。そこには、明白な国民に対する権利の承認と保障を確認することができます(日本国では、経済においても契約が重んじられた…)。一方、中国の属国であった歴史が長く、日本国よりも遥かに中華帝国の中央集権体制の影響を受けた朝鮮半島では、封建時代が見当たりません。特に李朝ともなりますと、全土が国王によって事実上”私物化”され、両班と呼ばれた特権階級にのみ、土地が官職に付随する形で下付されていたようです。この体制には、国民に対する権利承認や保障はなく、国王の一方的な采配によって国民の地位や財産が左右されます(むしろ、共産主義体制に近い…)。今日でも、韓国には、権利保障の原則でもある法の支配が根付かず、”親日財産没収法”といった近代国家らしからぬ法律が出現するのも、生殺与奪の権を権力者が握っていた過去の歴史に由来するのかもしれません(この点は、北朝鮮も同じ…)。そして、米韓同盟がありながら、米中を天秤にかけて中国に接近する”日和見主義的”態度は、誠実なる同盟の維持の重要性に関する感覚が抜け落ちているからなのでしょう。封建制にあっては、一方的な裏切りは相手国に破滅をもたらすため、極めて不名誉な行為と見なされていました。

 本日、中国の習近平主席が韓国を訪問したそうですので、両国の関係は、今後、さらに強化されることでしょう。近い将来、中韓同盟が成立するとの憶測がある一方で、封建制を経験した日本国には、日中同盟を予測する声はほとんどありません。史実としての歴史こそ、中国や朝鮮半島の行動を理解する鍵となるのではないかと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 集団的自衛権の神髄は侵略に... | トップ | 中韓接近-百年前の日本と同... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ねむ太)
2014-07-03 21:01:46
こんばんは。支那・朝鮮と、我が国の歴史を比較してみますと気づく、最も大きな違いは個人に財産の所有を認めたか否かです。
律令制の時代から墾田永年私財法で民が財産を所有する事を認めていた事が大きかったと思います。
白村江の戦いで破れた後、追手が来ない事に安心したのか防人を廃止し健児を置きますが、街道の警察権を持っていた防人を廃止した為、治安が乱れ防衛の為に豪族が武装したのが武士のおこりです。
支那は皇帝と宦官、その下に地方の役人がいるだけで全てが完結し、民衆は一方的に税を納めるだけの存在でしか無かったのです。
朝鮮は支那の役人の管理下にあり、厳格な身分制度があり、最下層が白丁(ペクチョン)と呼ばれた奴隷だったのです。
我が国では学問の自由が認められていたのですが、朝鮮では学問の自由は認められておらず、特に李氏朝鮮時代は支那で盛んに学ばれていた朱子学を五百年の長きにわたって堅持し続けてきたのです。
支那は朱子学から陽明学へと変化がありました。
韓国が中国に優位性を感じているのは「ウリの国は朱子学を堅持していたのに、支那は陽明学へと変わっている、新しいもの好きの野蛮な奴らだ」という事です。
どちらにせよ、宮廷の中だけで完結しているので、宮廷の外の世界は隔絶された別世界の事だったのです。
これは現在も変わっていません。
その為に民衆は借金をしながらも科挙に合格し身を立てる以外の道がなかったのです。
支那の場合、科挙に落ちた人間が、西遊記や水滸伝などの物語を残しています。
支那の文化はシルクロードの東西交流と、科挙に合格できなかった数多の人間が作り上げたのかも知れません。
朝鮮は、その土壌さえ作れなかったというべきでしょうか
我が国では名もない民衆の歌も万葉集には残されています。
四季があり季節が表情豊かなので情緒的文化傾向にあります。
欧州は論理的な思考が根付いています。
支那は論理と情緒が混ざり合った傾向にありますが、易姓革命で王朝が代わるたびごとに焚書坑儒が繰り返され、断片をつなぎあわせた文化です。
韓国は李氏朝鮮を引き継いだ形で、考え方や議論にも李氏朝鮮の面影が見られます。
我が国の軍事に対する考え方の大きな転換点は平安時代でしょう。
半島に権利を持っていた時代は、軍事アレルギーはそんなに無かったように見られますが、平安時代に入って公家が権力を握るに従い、大陸から渡ってきた儒教に傾いて行く傾向が見られます。
北畠親房の「神皇正統記」の中に元寇を撃退した武士団が恩賞を要求してきた事について「元寇を撃退できたのは神風が吹いたからじゃ。我らの祈りを天が聞き届けて下さったのじゃ。武士などものの役にも立っておらぬのに恩賞を求めるなど不届きなことである」
恩賞を貰えなかった武士の不満で鎌倉幕府は滅亡したのです。
北畠親房の言っている事と反戦平和市民団体の「憲法九条のお陰で平和が守られてきた」全く同じ事を言っていますね。
千年の時を隔てても言う事は同じ・・白村江の戦いに破れ半島の足がかりを失った後と、大東亜戦争に敗れた後、よく似た結論になっています。
これこそが国防安全保障上の重大な障害になっているのは言うまでもありません。
世界情勢の変化、時の流れに関係なく観念的平和主義
そういえば、我が国で三百年間死刑が行われなかった時代があります。
それも平安時代です。
大東亜戦争に負けて平安時代に先祖返りしたのでしょう。
朝鮮は両班の論争が最優先、国境を破って敵が城に迫ろうとしているのに「お妃の祖父が死んだ、后は何年喪にふすべきか」の論争を続けていたといいます。
朝鮮は、強い方について弱いものを徹底的に痛めつける
(ベトナムでの件が見本です)
支那は王朝を倒すまでは同盟を結びますが、倒した後は群雄割拠の状態で同盟した相手でも、容赦なく滅ぼす。
中・韓は放っておくとして、我が国では文と武の調和が難しいのです。
特に文が優勢になると武力放棄など極端な方向に走ろうとします。
文と武・学問と現場、この調和さえ取ることができたら憲法改正も集団的自衛権の問題も滞り無く進むと思います。
ねむ太さま (kuranishi masako)
2014-07-03 21:51:22
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 李氏朝鮮では、儒教が尊重された故に、両班による儒教の独占体制が、学問が国民に広く行き渡る土壌を阻害しました。儒教=理を知る両班以外は、蒙昧無知の野蛮状態にあったそうです。当然、私有財産の保障もありませんので、空き地があれば浮浪民が勝手に住み着き、ソウルもスラムと化してたと記録されています。一方、江戸時代の我が国では、夥しい数の証文があるように、権利保障や契約は社会の基盤でした。また、藩校や私塾から寺子屋まで、さまざまな教育機関が、国民が学問を身に着ける機会を提供していました。明治以降の急速な発展も、国民の識字率の高さや諸外国から学ぼうとする向学心を抜きにして語ることはできません。欧米諸国は、とかくにアジアを一括りにして理解するか、あるいは、グローバルな未来志向から歴史や多様性を無視しがちですが、アジアは、様々な歴史・文化的な背景を持つ国によって成り立っていますので、歴史ファクターを無視しますと、判断を誤るのではないかと心配しております。
封建制 (Bystrouska.Vixen)
2019-06-24 19:57:32
ありがとうございます。
鍵は『封建制』の有無ですね。
勉強になりました。
そうなると、ロシヤ(旧ソ連)の振る舞いも理解できます。
では、合衆国は?
イギリスに封建制があったのは理解できるのですが、合衆国はその成立から考えますと、『封建制』の良さ、を理解してないのかもしれないですね。(清教徒の国だけに)
そして、封建制によって鍛えられた(?)ことによる近代市民社会のなかった支那朝韓の社会では、その果実である、科学技術文明も所詮は浅いものなのかのしれません。(自由な議論がないから、根源的理解が進まず、単なる利便追求だけになる)
異質な文明相手にどう付き合うのか、これからも参考に読ませていただきますね。
Bystrouska.Vixenさま (kuranishi masako)
2019-06-24 21:32:09
 本ブログにご訪問くださりまして、ありがとうございました。今後とも、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 アメリカ合衆国の場合、その建国以来の歴史的な背景からしますと、確かに、イギリスやヨーロッパ諸国とはその精神性においていささか違う面があるようにも思えます。もっとも、最近のヨーロッパを見ましても、正義感とも密接に結び付いている封建制に由来する騎士道精神が失われつつあるようにも思えます…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アジア」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事