万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

警戒すべきは保守層の国家社会主義への追い込み

2018-09-18 15:37:17 | 国際政治
 イギリスの国民投票によるEU離脱の決定やアメリカのトランプ政権誕生の主要因の一つが、移民・難民問題の深刻化であったことは誰もが認めるところです。国境なき自由移動を是とするグローバリズムは、その本質において移民促進派であるため、知識人やメディア等では、これらの現象をグローバリズムにおける‘負け組’の感情的なルサンチマンとして理解する傾向があります。

 反移民感情は、移民や難民が異質な外国人であるために、ショーヴィニズムや排外主義を共通項として、しばしば、ナチス・ドイツの反ユダヤ主義と結びつけられてきました。実際に、各国共に国民一般の反移民感情の受け皿となってきたのは‘極右’とも称される政党であり、移民の制限のみならず、ベーシック・インカムの導入など、政治イデオロギーとしては国家社会主義に近い政策綱領を掲げる政党も少なくありません。しかしながら、政府が推進する移民政策に反対している一般国民の多くは、必ずしも思想としての国家社会主義や権威主義的な独裁体制の成立を支持しているわけではないはずです。

 戦前におけるナチス政権は、最も民主的であったワイマール体制から最も非民主的な独裁体制が誕生した側面に注目して、民主主義に内在する重大な欠陥、あるいは、衆愚の歴史的事例として見なされてきました。この歴史的前例を以って、政治を国民感情に任せるリスクが強調され、それ故に、多数派国民の感情に左右されかねない民主主義を否定する論拠としても用いられてきたのです。しかしながら、ここで考えるべきは、歴史の教訓として国民感情の高まりそれ自体を危険視するのではなく、戦間期に当たるワイマール体制下において、国民多数が国家社会主義へと追い込まれた因果関係を探ることではないかと思うのです。

 この視点からすれば、ナチス・ドイツの出現を準備した要因として、連合国側の過酷な対独賠償要求や第一次世界大戦後の社会民主党政権の国家運営の如何にまで踏み込む必要があるのでしょう。同大戦の終結は、キール軍港の水兵の反乱による‘ドイツ革命’を機にヴィルヘルム2世が退位するという事態を受けて、無条件降伏に近い形での停戦に至ったものであり、戦争自体は、フランス国内を戦場としたドイツ軍の優位に展開していました。戦時にあってドイツ領が連合国軍に占領された、あるいは、首都が陥落したわけでもないにも拘わらず、ヴェルサイユ条約の締結により、敗戦国として厳しい軍備制限や天文学的な賠償等を課されたドイツ国民の多くは、釈然としない感情を抱いたことは想像に難くありません。

 また、ドイツ革命を起こした主力がユダヤ人党員の多い共産主義者であったことは、その‘教祖’であるカール・マルクスやロシア革命の指導者であったレーニンがユダヤ人であったことと相まって、反ユダヤ主義の感情を呼び起こしていたのです。そして、戦争によって家族を失い、ハイパーインフレによって財産を失って失意のどん底にあったドイツ人を横目に、混乱を機にドイツ人の資産を安値で買い取り、富裕となったユダヤの人々の共感性の欠けた振る舞いは、一般のドイツ人の感情をさらに逆なでしたことでしょう。

 一般の人の公平感覚に照らしても不当と言わざるを得ないドイツに対する冷酷な措置がドイツ人一般の感情を害したのは理解に難くなく、こうした自然な感情的反発を利用したのが、ナチスであったとも言えます。そして、ドイツの悲劇は、ナチスのみが、この一般のドイツ人の不条理に対する怒りや不満を吸収し得た唯一の政党であったところにあるのかもしれません。第一次世界大戦によって齎された不当とも言える仕打ちに対して、仮に、ナチスの如くゲルマン民族優越主義や拡張主義に殊更に訴えることなく、より平和的、かつ、穏当な方法でその是正を図ることを基本方針とする健全な保守政党が存在していれば、あるいは、歴史は変わっていたかもしれないのです。

 目下、日本国民を含めて、祖国喪失のリスクを懸念し、移民政策に反対する一般国民は少なくありません。ナチス政権誕生が残した歴史の教訓が、一般国民の不満が行き場を失い、国民多数が国家社会主義といった全体主義政党への支持へと追い込まれたところにあるとするならば、今日なおも、歴史の繰り返しに警戒すべきと思うのです。

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 南北首脳会談-悪しき南北ト... | トップ | 米中貿易戦争は第三次世界大... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やはり、過激な思想には賛成できないんですが、、、、、 (櫻井結奈(さくらい・ユ-ナ))
2018-09-18 17:51:25
『国家社会主義?』。。。。。
そうですね。
私は、愛国心と郷土愛は、限りなくたいせつだと思いますが、『国家社会主義(ナチオナル・ゾチアリスムスつまりナチス)』には、共感できません。
やはり、日本は【立憲君主制】と【議会制民主主義】【議員内閣制】を厳守すべきだと思います。
それが、均衡のとれた、幸福な国を守ることにほかなりません。
 現在の日本では、櫻井誠様(私の親戚ではないです)や、
瀬戸弘幸様が、国家社会主義に近いお考えを持っているようです。
私は、おふたりの憂国と愛国の思いはお認めしますが、その言動は、少し行き過ぎというか、過激な印象はまぬがれません。
 ただ、ブログ主様も、おっしゃってるように、ワイマール憲法下のドイツ人が、止むに止まれぬ事情
で国家社会主義へと導かれていったことは、他山の石にしなければならないと、思いました。

日本でも、自由民主党政権が、国民が望まない事(たとえば、外国人労働者の導入など、、、)を強引に推進し、政治家やマスコミが、それを批判しないならば、。
国民は、国家社会主義的な思想に引き込まれていくかもしれません。

私は、むしろ、そのことを憂慮します。
櫻井結奈さま (kuranishi masako)
2018-09-18 19:28:26
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 自民党は保守政党でありながら、事実上の移民政策に乗り出しておりますし、中国との関係改善にも積極的な姿勢を示しております。加えて、二階幹事長のような親中派の議員も抱えており、保守政党らしからぬ様子に国民は不安を覚えているのではないでしょうか。こうした状況にあって、自民党に代替する保守政党が存在しておりませんので、本記事で指摘した状況が日本国でも起こり得るのではないかと考えております。
保守の劣化 (櫻井結奈(さくらい・ユ-ナ))
2018-09-19 06:39:24
ブログ主様コメントで、
【保守党らしからぬ様子】、、、、
と、指摘しておられましたが、それは、核心的な事実をおっしゃってると思います。
たしかに、最近の自由民主党は、もはや正統保守党とは言い難くなっています。
 政治の世界だけではなく、文化人や教育界、財界実業家にも、真の保守主義者はいなくなりつつあります。
たぶん、昭和時代の中頃までだったら、社会の各界に【良い意味でのガンコな保守主義者】がいて、誰かがおかしな方向に行こうとすれば『そんなことは、もっての他だ。わしは許さん!!』と叱責する人がおられましたが、今では、そんな人がいなくなっちゃったんですね。
 それが、日本の悲劇です。
、、、、そういう状況に眉をひそめる人は、(不本意ながらも、、)国家社会主義を支持せざるを得ないと思うかもしれません。
櫻井結奈さま (kuranishi masako)
2018-09-19 08:01:50
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 政党と国民一般の意識や世論との乖離は、保守政党も酷いのですが、野党に至っては、もはや日本国のものとは思えない政党もあります。我が国の政界全体が、一般の日本国民とは離れた存在と化しているかのようです。この問題は、国民に参政権が認められていながら、政党設立が極めて困難である、といった問題も関連しております。保守政党不在の問題が表面化したのを機に、政党のあり方についても議論すべきではないかと考えております。
倉西先生、素晴らしいお説です。 (ベッラ)
2018-09-19 09:31:45
倉西先生のお考え、まさに今、必要な指針であり、保守が心しなければならないことばかりです。

少しの考えの違いに「人格攻撃」までされるのを読みますと、そこにはもはやコメントをしたくなくなります。

衆愚政治というのは歯止めがかからない、そして少しでも意見が違うと罵り、敵とみなす。
「知」ではなく「痴」です。
これでは良い方向に向かいません。

今の政権を支持するあまりに、事実上反日左派のする内容ようなことまで、擁護する。
この卑怯さ、自分の頭で考えない「形式だけ」の大勢の「信者」たちは、自分たちが忌み嫌う「反日左派」を容認しているに等しいのです。

私は賢者なき現政府にもうすっかり嫌悪感をもっています。また「どこの国かもわからない」反日左派もです。水面下できわめて近い関係にあり、そして総理すらも「保身」に走る。

「公認」を認められないので違った意見を言えないから、沈黙する小心者のマンガのような政治家、
こんな輩が「憲法改正」を餌に堂々巡り。

倉西先生のエントリを読んで新鮮な空気に触れた思いです。
またコメントを書かれたユーナさまにも敬意を表します。
ベッラさま (kuranishi masako)
2018-09-19 10:57:05
 コメント、並びに、過分なお褒めの言葉をいただきまして、ありがとうございました。

 一般の日本国民の多くが、政治の現状に失望しているのではないかと思います。支持したい政党が、皆無に近いからです。これでは、民主主義も形骸化し、参政権の意義も薄れてしまいます。この難局をどのように乗り切るのか、国民も真剣に考えませんと、国民の存在を忘れた政界によって、思わぬ災難が降りかかるのではないかと懸念しております。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際政治」カテゴリの最新記事