万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

労組は脱原発・再生エネ法案に反対すべきでは

2011-06-29 15:26:27 | 日本政治
首相が辞任3条件明言 具体的な辞任時期は示さず(朝日新聞) - goo ニュース
 マスコミなどでは、菅首相は、退陣三条件の一つに再生エネ法の成立を挙げ、脱原発解散まで目論んでいるとする憶測が流れています。民主党の有力な支持基盤は労組のはずなのですが、これらの政策が実現した場合、最も手痛い打撃を受けるのは、一般の労働者の人々なのではないかと思うのです。

 何故ならば、再生エネ法案も脱原発も、共に、電力料金の大幅値上げと電力供給の不足を引き起こしますので、国外から製造拠点が流出する可能性が高まるからです。実際に、こうした状況を嫌って、既に海外への生産移転を決定した企業も出現しており、産業の空洞化に伴う雇用の流出は、絵空事ではなく、現実の問題です。にもかかわらず、政府は、この危機をさらにエスカレートさせる方針を示しているのですから、労組が民主党を支持することは、自らの利益に相反する、不可思議な現象と言わざるを得ないのです。

 震災による失業に加えて、過激なエネルギー政策の転換による失業も増加するとしますと、我が国の雇用状況は一気に悪化し、国民の生活も苦しくなります。家庭内での節電は許容範囲であっても、所得の源である職を失うとなりますと、深刻さの次元も違ってきます。首相の自己保身のための政策を無条件に支持する必要はなく、労組こそ、こうした政策には反対すべきではないかと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

コメント (10)   この記事についてブログを書く
« どちらに転んでも安泰を目論... | トップ | 中国の”国産”新幹線の営業上... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
no politics (noga)
2011-06-29 16:22:04

どうしてこれほど次元の低い、中身のない権力争いになってしまったのか。
たとえば、菅さんに代わって新しい方が総理大臣になったら、どういうことを国民にアッピールするのか。日本の政府は何をするのか。
大連立は手段であって、その目的はまた別であります。その話なしでは、国民は政治にはあまり興味はありません。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812
Unknown (UNKNOWN)
2011-06-29 20:47:49
 太陽光発電はコストが高い、原発は危険。どちらも要らんだろう。
 必要な電力はピークが真夏の午後2時台、ボトムはおそらく。春秋の夜間。一日でも昼夜で、かなり違うだろう。ピークに大停電を起こさないため、電力会社は過剰な能力を持つ。これが電気代が高くなる原因。
 電気を貯めると言うのは、かなり高度な技術、しかし、熱を貯めるのは難しい技術ではないだろう。オフィスの電力需要の半分以上が空調だから、夜間電力を利用して氷を作り、昼間、それを空調に使えばよいだろう。こういう蓄熱技術を普及させれば、電力会社も助かる。
 住宅の場合も、部屋ごとに考えるからエアコンが必要になる。一般にリビング・ダイニングでは冷蔵庫、調理家電、テレビ、IT機器、照明など発熱機器が多いので、気温が高い。南向きのことも多いのでなおさら。
 一方、北向きの部屋で窓を全面開放していれば、リビングに比べて4度ぐらいは低い。扇風機などを利用して、北向きの部屋からリビングへ送風すれば、2度ぐらいは下がる。
 今日はリビングは昼間、34度ぐらいあった。夕方、水撒きをした後、北向きの部屋から送風していると20時で、30度をわった。ま、何とかエアコンなしで過ごせる。
 社会全体で、電力需要を一年中、均すなら、現状でも発電能力は十分だろう。原発も太陽光発電も要らない。ガスタービン発電を主流にすれば十分。
nogaさん (kuranishi masako)
2011-06-29 20:49:13
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 政治家の多くが、自らがすべき仕事を理解していないからこそ、具体的な政策提言ができないのではないでしょうか。国民の方が、よほど、何をすべきかを分かっておりますので、政界の現状を嘆いているのではないかと思うのです。
UNKNOWNさん (kuranishi masako)
2011-06-29 20:54:52
 実際に電力が足りているならば、企業が、生産拠点を海外に移転させようとするはずはありません。電力供給に関する不安が広がっているからこそ、海外流出と産業の空洞化が起きているのではないでしょうか。産業用の電力の節電は、製造能力の減少に直結しますので、家庭の節電よりも、はるかに経済に対するダメージが強いのです。
Unknown (UNKNOWN)
2011-06-30 05:22:32
 電力が足りないから海外移転するのではないだろう。もともと、資本主義というものは、そういうものである。もっともコストの低い場所で生産し、もっとも高く売れる場所で販売する。最大の利潤を追う世界資本主義が本質。水が高きから低きに流れるようなもの。抵抗しても仕方がない。
 東電の最大供給能力は7769万キロワットである。(他社受電分を含む)
 福島原発両方を合わせて900万キロワット。他社受電分も福島も引いても、6000万キロワット台はある。東電の発表には揚水分が含まれていないのだろう。
 昨日、関東は猛暑だったが、4500万キロワットぐらいだった。どうして足りない?不思議な計算だ。
 ま、原発が必要だと主張するため、嘘を吐いている。
UNKNOWNさん (kuranishi masako)
2011-06-30 17:27:28
 大停電に至らないのは、関東地方では、皆が協力して節電に努めているからです。昨年と同様に電力を使用することはできず、節電状態での停電回避は、電力が足りている証拠とはなりません。また、揚水発電はコスト高なそうですので、電力料金に跳ね返ることも必至です。何れにしましても、電力の供給不足と電気料金の値上げが、産業の競争力を失わせるのですから、産業・エネルギー政策として、政府こそが、対応策を採るべきなのです。
Unknown (UNKNOWN)
2011-06-30 19:40:32
 足りているのだ。今までが異常。少しは節電しろよと言いたい。使い放題など、頭がおかしいのだ。
 ワタシなど、昔から電気も水も節約している。これが普通。
 水など昔から渇水になりやすいので節約している。風呂の残り水も洗濯、トイレ、水遣りに使うなど当たり前。雨水もできるだけ貯水している。
 すぐにエアコンに頼るなど関東の人は頭がおかしいのだ。暑苦しいのだから部屋の照明などスタンドで十分。冷蔵庫も家族数に合わせて小型で良いのだ。今日も昼間は34度もあったけど、もう30度、工夫次第で28度まで下がる。なら、エアコンは要らない。
 電気料金の値上げは一社体制では困る。そこで、太陽光発電の価値がある。不買運動ができる。ここが長所だね。電気料金を上げたら、照明だけ自家発電、冷蔵庫も洗濯機もエアコンも掃除機も使わない。テレビは見ない。
Unknown (kuranishi masako)
2011-07-01 08:13:59
 ご自分を基準にして物事を判断すべきではないと思います。エアコンを使うなと申しましても、熱中症ともなりますと、命にかかわります。また、家電製品が売れなくなりますと、産業の衰退と失業の増加に拍車がかかります。太陽光を導入は電気料金を押し上げますので、孫氏のように電気事業に参入を目論む人物以外の一般の国民にとっては、さらに生活が圧迫されることになるのです。政治は、国民のためにあることを忘れてはならないと思います。
Unknown (UNKNOWN)
2011-07-01 11:13:44
 熱中症になるのは、エアコンを使わないからと言うより、クソ暑いのに、運動会をしている阿呆学校とか、ハウスの中で作業するとか、真昼に草刈をするとか、ジョッギングをするとかの方が多いのじゃない?”かくすれば、かくのごとき結果になる”を実証している例が多いと思うよ。
 エアコンもこまめにフィルターを掃除し、部屋も工夫して温度を下げて使えばよい。
 フィルターも掃除せず、朝からガンガンというのが多いのじゃない?
 みんながエアコンをガンガン使って、廃熱を外に放り出す。ヒートアイランドと化して、冷えにくいから、ますますガンガン。その熱気を熊谷あたりが浴びて、40度。東京都に迷惑料払えと言ってもよさそう。
 人間、頭が付いているのだから、町全体で工夫すればよいのに。何だか車輪の中を必死で回転するハムスターに似ている。
 あ、太陽光発電にはよいところがある。電力ピークの頃の発電能力が最大となる。ピークを均すのに役立つ。
UNKNOWNさん (kuranishi masako)
2011-07-02 09:38:39
 何度も申しましたように、家庭での節電で対応できるのは一部であり、産業用の電力供給不足と電力料金の値上がりは、経済に対して深刻な影響を与えます。また、熱中症の患者も、去年の3倍とのことですので、節電の影響がないとは言えないのではないでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本政治」カテゴリの最新記事