万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

第二次朝鮮戦争-追い詰められる中国?

2015-08-21 15:19:21 | アジア
【北朝鮮砲撃】北朝鮮の金第1書記、前線地帯に「準戦時状態」宣言 軍人に「完全武装命令」
 朝鮮半島では、北朝鮮からの砲撃を受けて、米韓相互援助条約に基づく合同作戦を開始したと韓国国内では報じられているそうです。北朝鮮による挑発や恫喝は日常茶飯事ですが、今回に限っては北朝鮮が臨戦態勢を命じているとされ、第二次朝鮮戦争の可能性も否定はできません。

 ところで、仮に休戦協定が破られて朝鮮戦争が再開された場合、中国は、どのように動くのでしょうか。第一次朝戦争では人民解放軍が参戦し、人海戦術をもって38度線まで国連軍を押し戻したのですから、中国は、北朝鮮の盟友です。核・ミサイル開発で経済制裁を受けながら、未だに北朝鮮が体制を維持しているのも、中国の支援あってのことです(もっとも、ロシアへの最接近も見られる…)。最近の金正恩第一書記の出で立ちは毛沢東を模してるようにも見え、習近平主席にに阿っているとも推測されます。しかしながらその一方で、近年、中朝関係の冷却化も指摘されており、中国の対半島政策は北朝鮮支援一辺倒でもありません。否、韓国に対する接近を頓に強めており、9月3日に予定されている抗日戦勝記念の一連の行事には、朴大統領宛てに招待状を送ったとも伝わります(他の諸国には招待状は届いていないらしい…)。ここにきて、第二次朝鮮戦争の火ぶたが切って落とされるとしますと、中国は、韓国との密接な関係を維持しようとすれば、北朝鮮への軍事支援を見送らざるを得ず、北朝鮮との”血の友誼”に従えば、韓国との関係はご破算になるというジレンマに直面します。そして、前者を選択すれば、米軍の軍事的支援下での南北再統一を許すこととなり、後者を選択すれば、米中戦争に発展します。どちらを選択しても、中国は、苦境に追い込まれるのです。

 もっとも、見方を変えれば、朝鮮半島における一連の緊張の高まりは、朴政権の親中傾斜に警戒感を抱く韓国軍部が米韓同盟強化のために演出しているのかもしれませんし、反対に、北朝鮮が、戦争回避をカードに中国から支援を引き出すために、韓国に挑発を仕掛けているのかもしれません。南北両国の対立は表面上に過ぎず、水面下では協力関係にあるとする指摘もあり、真相は深い霧に包まれていますが、朝鮮半島情勢に対する中国の対応は、東アジアの未来を左右しかねないと思うのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 中国との歴史認識共有で自己... | トップ | ”中国の夢”より”邯鄲の夢”を-... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ねむ太)
2015-08-21 20:30:49
こんばんは。北と韓国の全面戦争は考えられません。
中国と北朝鮮は軍事同盟が有り、韓国との戦争になって米軍が出て来るとなれば米・中全面対決に発展しかねないからです。
重要な事実を指摘しておきますと、張成沢氏処刑以来、北と中国の不仲説が流布されていますが、現実には中国からの援助は増加している。
質の悪い褐炭を大量に購入したり、昨年は韓国とともに食糧援助もしています。
中国にとって北朝鮮は手放せない・・
中国と香港のような関係と申しますか、仮に北朝鮮が戦争に負け米軍の統治下でみんしゅてきな選挙が行われてとしますと、中国に民主化を求める声が大きくなり大規模な民主化デモの発生も考えられるのです。
特に、天津の爆発で当局の発表に不満を抱いてる民衆も大勢おり、当局はブログの永久閉鎖や数カ月間の閉鎖という処置を取っていますので民衆の不満や反感は強まっており、其の上、汚職と腐敗の一掃を謳い文句に守旧派の一掃を図りながらも習一族の腐敗は摘発しませんので、守旧派からも反感が強まっている状態です。
バブルの崩壊によって上海株の大幅な下落が続き、投資も激減している状態で、北朝鮮に軍事行動を起こされては困るのです。
金正恩が強硬姿勢を貫こうとするなら、金正恩の排除もあり得ます。
中国としては金体制を排除して軍事傀儡政権を置いても緩衝地帯としておきたいというのが本音です。
戦争が起きても中国本土に戦火が及ばない・・万里の長城と同じ発想であっても北朝鮮・韓国・チベット・東トルキスタン・南モンゴルなども、いざというときの緩衝地帯としての役割と考えると解りやすいのです。
南シナ海の埋め立ても、ガス田開発と称して櫓を乱立させるのも同じ長城の発想・・
北朝鮮はFAXで「これ以上、挑発行為を続ける意思がない」事を韓国に通知しています。
後は・・例によって例のごとく、短・中距離ミサイルを日本海側に発射して終了でしょう。
現在、世界で最も暗殺の危険が高い三人、習近平・朴槿恵・金正恩です。
人治国家で民を無視した政策を推進しているのですから当然といえば当然なのですが。
自分の生命を賭けた博打はしないと思います。
ねむ太さま (kuranishi masako)
2015-08-21 22:06:45
コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 第二次朝鮮戦争が開始されますと、中国は、極めて不都合な事態に直面しますので、おそらく、最大の圧力を以って北朝鮮の瀬戸際作戦を止めさせると推測されます。それでも、中国の現体制が持ちこたえられるのか、と申しますと、これも、かなり怪しいのではないかと思います。天津爆発事件は、収拾の目途が立たず、未だに混迷状態にありますし、経済状況も悪化に歯止めがかけられておりません。中国の一党独裁体制が終焉を迎えますと、北朝鮮も運命を共にするでしょうから、順序としては、中国の体制崩壊が先であるかもしれません。もう一つ考えられるのは、中国の承認の下、あるいは、制止を振り切ってまでも、北朝鮮が戦争に踏み出すというシナリオです。これは、世界大戦の引き金を引く行為ですが、仮に、このシナリオが現実となりますと、その背景には、何らかの謀略の存在も推測されます(仮に、中国の承認の下であれば、国内問題に行き詰った中国が、北朝鮮を先兵として冒険主義に走ろうとしているのかもしれない…)。
Unknown (Unknown)
2015-09-06 22:23:30
韓国
人・・・健康な肉体であるが戦況悪化で直ぐに逃げ出す精神性が駄目
兵器・・・汚職だらけでまともな兵器が揃っていない。銃弾を防げない防護服や飛ばないミサイルetcetc・・・

北朝鮮
人・・・精神性は強固だが、肉体が追いつかない。(正規の軍人でも一般兵は1週間に1個モロコシといった常に空腹状態。)
兵器・・・中古兵器とはいえかなり良いもの揃っている。(実績のあるもの揃っている)
Unknownさま (kuranishi masako)
2015-09-07 08:00:28
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 北朝鮮の兵器が、それ程すぐれているとも思えず、兵員数と核保有?を除いていは、北朝鮮の方が劣勢なのではないでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アジア」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事