万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

不可解な野田首相の訪韓

2011年10月07日 11時24分00秒 | アジア
野田首相、18~19日に訪韓…李大統領と会談(読売新聞) - goo ニュース
 野田首相は、今月の18日から19日にかけて、急遽、韓国を訪問することを決定したと報じられています。この訪韓、国民に説明できるほどの理由があるとも思えません。

 表向きは、未来志向の日韓関係を築くと共に、李大統領の訪日を促すとされていますが、前者のフレーズは、日韓の首脳会談の度に繰り返されていることですし、後者についても、相手国の大統領の訪日を求めに、わざわざ首相が訪問するといった慣行は、国際社会には存在していません。韓国の大統領の訪日を急ぐ理由など、日本国にはないのです。それでは、一体、何故、野田首相は、国民に説明できない行動を採ろうとしているのでしょうか。推測される背景とは、韓国の経済危機です。輸出競争力を高めるために実施してきた韓国政府のウォン安政策は、ここにきて裏目に出たようであり、韓国は、国内的なインフレと対外的な債務の増加に苦慮しているようです。日韓FTAの交渉再開の提案、慰安婦問題の蒸し返し、民主党の政調副会長の外貨準備のウォン運用発言、そうして、マスコミの常軌を逸した韓国偏重姿勢なども、この一連の流れから理解することができます。ウォン安政策は、日本企業からシェアを奪うために実施されてきたことを考えますと、自業自得の感は否めません。

 野田首相は、在日韓国人から献金を受け、民団でも謝辞を述べているのですから、首相の訪韓には要注意です。政治家の不可解な行動の裏には、小沢氏と同様に、表に出せない理由があるものなのですから。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

 
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「アラブの春」支援反対で氷... | トップ | K-POPのナンセンスとマスコミ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
怒れ東北。 (ゴン)
2011-10-07 12:45:20
現在、外為特会には150兆円の予算がある。
8月4日に行なった為替介入の金額が4兆円。
為替介入する予算はまだ十分にある。
しかも先週9月中堅決済時に為替はほとんどの通貨は市場最安値レベル、
株価低迷で企業決算は大きな損益を計上しなければならない状況
市場では、日本政府の為替介入がする可能性がささやかれていた。
これは国内だけでなく、海外でも確実視されていた。
しかし、実際には介入は行なわれず、企業は最悪の決算に陥った。
これは、為替介入が行えない、
または行なう意志がないというメッセージに等しい。
なのに、介入資金を15兆円上積み・・・
考えてもらいたい、政府が馬鹿騒ぎしている復興予算。
増税だ将来に借金をまわさない為だと言ってる復興予算は10兆円。
この上積みした15兆円を復興予算に回せば増税の必要はないのだ。
しかし、あえてここで外為特会に15兆円上積み。

私はこの15兆円は韓国に融通する資金と見る。
つまり、円高ウォン安を名目に、
米ドルではなくウォンに対して為替介入する。
単純に円→ウォンだけでなく、
円を一旦ドルに換えて ドル→ウォン ででも。
すると、手元の円が減ってウォンが残る。
このウォンで韓国国債を買い上げる
韓国には懸案のウォン安を軽減出来
しかも大量の国債を買い入れてもらえる一石二鳥。
日本政府も”表面上”
韓国との貿易不均衡に対する為替介入という大義名分がたつ。
韓国の年間予算は20兆円なので
15兆円あれば韓国経済を支えるのに十分な金額だ(転載)

ゴンさん (kuranishi masako)
2011-10-07 20:39:34
 先日、国際会議への出席を口実として、日銀の白川総裁が韓国を訪問したそうです。この時、何が話し合われたのか分かりませんが、政府や日銀が、自国を差し置いて、韓国救済のために優先的に政策権限を行使するとなりますと、民主党政権は、日本国民からの信頼を失うことになります(円の対ドル・対ユーロ相場が下落しなければ、企業収益は改善しないし、ウォンの対ドル・対ユーロ相場が安いままでは日本の企業の競争力は回復しない・・・)。韓国ウォンの買い支えのために、日本政府が為替介入するとすれば、前代未聞の背信事件となるのではないでしょうか。

アジア」カテゴリの最新記事