蔵元やまだブログ

岐阜県八百津町の酒蔵です。
日本酒を心から愛する人に飲んでいただくことを願い、真面目にコツコツと酒造りを続けています。

リトアニア訪問

2018年09月22日 | 日本酒

リトアニアのカウナスで杉原千畝氏の顕彰等を目的に開催される「スギハラウィーク」に合わせ9月5日より12日までリトアニアへ行ってまいりました。

中部国際空港をam10:30のフィンエアーで発ち、ヘルシンキを経由してリトアニア ヴィリニュス国際空港に到着したのはpm5:35でした。

  

ヴィリニュスはリトアニアの首都で、それより車で1時間20分走った第二の都市カウナスへと向かい、途中時計を見たらpm8:00頃でしたが、まだ日が陰り始めたころで、北欧に近く短い夏を目いっぱい謳歌しているようです。

6日(木)宿泊先のホテル(HOTEL BABILONAS)のマネジャー、レイモンダスさんと彼のオフィースで商談の時間を頂き、午後より杉原記念館で開催されたレクチャーに参加し、pm5:30市内のホテル(HOF HOTEL)で開催されるテイスト・オブ・ジャパン(日本の味の夕べ)に八百津の蔵元として試飲会の場を提供して頂きました。

    

料理は日本人シェフの佐々木さんが用意して頂いた、海老の串焼き、小魚の生姜ニンニク醤油漬、魚唐揚げ、焼き鳥等。

20名程の予定が35名近いカウナスの方に参加して頂き、純米大吟醸玉柏、純米吟醸杉原ラベルを楽しんで頂きました。   

7日(金)DAUGIRDAS HOTEL を訪問しディレクターのINGRIDAさんと商談、午後よりカウナス市役所で開催されたビジネスミーティングに出席後、ヴィリニュスに移動しVYNO KLUBAS社主催のディナーに参加致しました。

  

VYNO KLUBAS社主催のディナーは老舗日本食レストランRiseで行われ、VYNO KLUBAS社オーナーのArunasさんの進行で料理と日本酒のマリア-ジュを丁寧に説明して頂きました。

   

ディナーの内容は地野菜盛り合わせの前菜に恋度、帆立のマリネに純米吟醸杉原ラベル、ハマチの刺身と海老天太巻きに純米大吟醸玉柏、フルーツゼリーとライチシャーベットに純米開。

    

9日(日)pm11:00ケンピンスキーホテルへ副知事、八百津町長、県国際交流課長・係長と一緒にフロアー責任者との面談を行い、ホテルのレストランで提供して頂いている当社のお酒の感想やお客様の意見等を聞かせて頂きました。

   

その後日本文化紹介イベントNOW JAPANに参加し、岐阜県ブースで当社の日本酒を多くにリトアニアの方に試飲して頂きました。

  

 

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 間もなくひやおろしが解禁です! | トップ | 新酒続々と… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本酒」カテゴリの最新記事