♪句あれば 楽し ♪♪

独りよがりのおしゃべりを綴っています
photoと575で、私なりの世界を作りたいと思いつつも・・・

蒲の花

2010年07月26日 | 花、実

 はぐれ者寄らば大樹の因果かな


( はぐれものよらばたいじゅのいんがかな )
御陵の岸で見つけました
何故か1本の蒲が壕から離れて
赤芽柏の大木の足元にあります
(赤芽柏が、こんな大木になるとは!)

蒲って、いつも足元が湿気ているほうが好きな植物では、ないのでしょうか?
ここでは、ちょっと厳しい環境?
しかし早朝以外は、ずっと赤芽柏の蔭に入り風を受け
ることが出来ます

まあ、人それぞれ、その人なりの生き方ってあるからね

何か一句、出来そうな光景です
撮ってから、1週間、持て余して結局、こんなところに落ち着きました

事前にお邪魔したサイトのうちの一つによると
蒲の花序(花穂?)では、雌花群の直ぐ上に雄花群が、あるとの記述が 
ソーセージの部分が、雌花でその上が雄花です
共に花弁はありません

6月の開花時に、蒲の雄花の葯が破れて、黄色い花粉が風に舞い、雌花の上に降り注ぎ、
受粉する風媒花。 ガマの花は、昆虫の助けを借りる必要がないので、
花はきわめて地味なんだそうです

今日は、土曜の丑の日
形ばかりの蒲焼を戴く事にしております

何故、うなぎの蒲焼って言うか?
昔は、うなぎを筒状に切って焼き、その姿が
蒲の花穂に似ていたからだそうです
想像するに、ちょっと、箸を伸ばしたくなる姿では、ありません
だって、例のに似ているんだもん 

コメント (4)   この記事についてブログを書く
«  | トップ | 空蝉 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (ひまわり)
2010-07-26 19:58:32
色々携帯メールを入れてゴメンナサイね

赤芽柏の木は繁殖力大盛 大きな木になりますね
その元に蒲が1本 やはり守られての感じですね
蒲増えると思いますよ
入選! (みすず)
2010-07-27 10:36:21
フォト575『旅』での入選おめでとうございます・・素敵な写真句でした!

蓑虫、懐かしかったです、今はあまり見かけませんので・・

お騒がせ致しました (しまそだち)
2010-07-27 10:51:42
ひまわりさん

暑くてもう身包み剥いで、寛いでおりましたので、に気がつかず失礼いたしました

時々ありますね、他の方のも写真が×のこと。
昨日は、投稿前に写真が、上手くUPされずやり直しましたが、その影響かしら?

赤芽柏って背丈ほどになると刈られてしまうようで、幹の直径が30cmにもなるのは、知りませんでした。 
一人ぼっちの蒲、気になりました
ありがとうございます (しまそだち)
2010-07-27 15:44:49
みすずさま
ありがとうございます
もう殆ど、諦めておりました
一から出直すを誓ったところでした

お気づきのように、字のサイズ変えてみました
確かに句がでしゃばらずに、さりげなく、作る時も、肩に力が入らず、いい感じです。

これからも、アドバイスいただけたら嬉しいです。

コメントを投稿

花、実」カテゴリの最新記事