自己満足日記

クラキンのささやかな道楽三昧  2009年3月14日開設

懐かしい物を発見

2017年12月23日 11時07分53秒 | ブログ
年末ということで、クローゼットの中の太って着れなくなった服(笑)や着古したボロ服などを処分(いわゆる断捨離ですね)していたら懐かしい物が出てきました。

一つ目は30歳前後の頃、バイクでロードレース(と言っても市販車ベースの草レースです)をやって遊んでいたころに着ていた革つなぎです。
お金が無かったのでオーダーではなく4万円程の吊るし物です。

膝のバンクセンサー(革靴の踵みたいな材質)がかなりすり減っています。
結構気合入れて走ってたんでしょうね。

あちこちに転倒で擦った跡があります。


もうひとつは、その頃にヤマハ主催のイベントレースに出た時に貰ったヤマハレーシングチームのジャンパーです。
ちょうど映画「汚れた英雄」等で日本の二輪レース界が盛り上がっていた頃です。
多分今では手に入らない物だと思います。
凄く汚れていましたが、洗濯したら結構綺麗になりました。



革つなぎは体型的に着れませんし、着る機会もありませんが、記念に取っておくことにしました。
ジャンパーはまだ着れますので、春秋に着ようと思います。

これから家の中の断捨離を進めていく予定なので、こういう物が他にも出てくるのではないかと楽しみになってきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 向こう3年間のテーマが決定?? | トップ | T-34/76製作記 その1 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お宝発見! (0-sen)
2017-12-23 12:56:31
断捨離って言葉、最近はやってますね。我が家でも不要物を断捨離したいのですが、何から手を着けて良いのか分からない程、モノで溢れかえっています。一例を挙げると、8ミリムービー、ビデオテープ、カセットテープ、書籍や雑誌類、アナログ時代の録画DVDなどなど…。今ではもう再生すら出来ないレーザーディスクなども残っています。
断捨離する事で、お宝が見付かる事もあるようで、若い頃の思い出の品が見付かって良かったですね。私の方も、そう言うお宝が見付かればいいのですが、可能性はゼロですね(笑)
完全隠居生活になったら、周辺整理しようと思っていますが、完全隠居生活になる前に、私自身が断捨離されてしまうかもしれませんね。(爆)
バイク無免 (みず)
2017-12-23 16:26:42
お疲れ様です。80年代の匂いがプンプン!中高生時代のレプリカ全盛期を思い出しちゃい、懐かしさに打ち震えております←ややオーバーか?
高校ですでにフェンダージャパン2本所有してたんで…、バイクは買えませんでした(NSR250がマストでしたね)。
今はヨンフォア、Z、マッハなどのオールドに目がいきますが、あの頃はまるで病気のようにレプリカが欲しかったのを覚えています。
クラキンさんはヤマハ党なんですか?思い出深いバイクがあったら、コッソリ教えてください。では。
Re:お宝発見! (クラキン)
2017-12-23 17:55:08
0-senさん、いらっしゃいませ。
クローゼットの奥からこれが出てきたときは、思わず「おぉー!」って唸ってしまいました。(笑)
今回のように想い出の深い物や記念の物は処分できませんが、これから先の人生で「どう見ても必要ないよね・・・」っていう物は少しづつ処分して行こうと思っています。
まだまだ沢山ありますねぇ・・・。
流石にVHSは全部処分しましたが、LPレコードなんかは未だに少し残っています。
余計なお金や手間、ストレスの要らないシンプルな生活にしていきたいものです。
自分が断捨離されないように・・・私も同じです。(爆)
Re:バイク無免 (クラキン)
2017-12-23 18:06:14
みずさん、いらっしゃいませ。
高校でフェンダー2本は凄いですね。
私は高校時代と大学卒業後~30台半ばまでバイクに乗ってました。
大学時代と20代半ばまでがギターです。
バイクは結果的にはヤマハが殆どでしたが、とにかく2サイクルが好きでした。4ストのアメリカンバイクにも乗った時期はありますが、直ぐに飽きてしまいました。
想い出深いバイクというとヤマハのRD250ですね。RZ250の前の世代の空冷2サイクルツインです。
一番良かったのは、ヤマハTZR250です。
理想的なリアステアで操安性抜群のバイクでした。
やっぱりヤマハ党ですね。
もうバイクに乗ることは無いと思います。
この歳で乗ると「危ない」ですから・・・。
Unknown (KOZY商店)
2017-12-23 20:43:09
こんばんは。
おお~、ヤマハ党ですか。
私はヤマハさんちょっと苦手なのですが、それでも原付一台所有です。デザインセンスは国内メーカーでは突出してますよね。
webモデラーズさんでもヤマハ車一台出品予定です。何が出るかはお楽しみに・・・。
Riding High ! (もなたろー、だって猫だもん)
2017-12-23 21:24:42
 クラキン様、こんばんは。
バンクセンサーの擦りキズが、クラキン様の走りを物語っていますね。ツナギの左側の転倒キズから見て、クラキン様も右コーナーが不得意でしたか?私も、右コーナーが不得手だったので左コーナーはバンク角が深くなって転倒も多く、左半身はあちこち、未だに梅雨時と冬場は、古傷が痛いです。
 以前も申しましたが、今のタイヤの発達はすごくて、バンク角の深さと言ったら、尋常ではありません。膝ではなく、肘擦りライダーもいて、ワークスホンダのマルケス選手に至っては、膝のバンクセンサーはバンク角を知るために出して擦っているのではなく、二輪+脚の三点で安定させ曲がるために使用されているみたいです。驚異のバランス感覚がなせるワザなのでしょうが、本当に今でもコンチネンタル・サーカスですね。

 ジャンパーは、私も持っていますが、胸のマークが昔のストロボラインではなく、クラキン様と同じヤリ貝マークなので、同じ頃の品と思いますが、色が紫!よく知らなかったのですが、トライアルチームのジャンパーだったみたいですね。

 映画「よごれたひでお」 は、バイク乗りのバイブルみたいな映画でしたね。(北野にふんする平選手に撮影車両が追いつけないのか、何度も直線でブレーキをかけているのが御愛嬌でした。 それから、250の日本人プライベーターの転戦を物語にした映画の「ウインディー」って言うのもありましたが、クラキン様は御覧になりましたか?福田照男選手がGPに参戦していた頃の映画だったので、ちょっと興奮しました。)みんなバイクで見に行って、見終わると映画館から出ると、ロン・ハスラムみたいなロケットスタートで帰って行きましたね。
 大藪春彦の小説はどれも私には向いていないようですが、「汚れた英雄」の出だし、浅間に行くためにマシンを載せて、チャリンコで坂を上っていくくだりの数頁は名文ですね。
 北野の最期のシーンはあまりにあっけないのでがっかりですが、いっとき、そのシーンをジオラマにしたいと思っていました。潰れたGT40は作れそうですが、突っ込んできた275GTOは、イタレリのキットで、一回しか買うチャンスなくて結局作れませんでした。再販してほしいなぁ。

 ところで、今年は排ガス規制強化で各社、生産中止になってしまったバイクが多い不幸な年でした。昔のラインナップを知る者にとっては、もはやバイクメーカーは何を売って会社やっているの?と思うくらいの選択肢の少なさです(ヤマハは特にひどい)。
 クラキン様と同じように私も2st.大好きなので、数年前、モーターショーで、「200万くらいで、並列かVで、500の4気筒、2st.レプリカを作ってよ。」と技術の人にお願いしたのですが、排ガスの問題はクリアできるのだけど、音の問題で全くダメらしいです。2st.の場合、パワー出すのと消音は完全に二律背反なようですね。
 新しいバイクが面白くないからなのか、RZVなんかも、最近は発売価格をはるかに越えているようで、始動性の問題もあるので、ちょっと買っておこうかとも思えないですね。(ならば、250は どうかと思えば、VツインのTZRは、TT-F3用にイヤーモデルになっていたため、ばらけて、どの年度も生産台数が少なく、部品が残っていなくて壊れたら直せないみたいですね。)

 でも、バイク乗っている人は、ぼけないし、健康らしいですよ。クラキン様も再び…
Re:Unknown (クラキン)
2017-12-24 06:07:45
KOZY商店さん、いらっしゃいませ。
カワサキ、ホンダ、スズキのバイクにも1台づつ乗ったことがありますので、ヤマハ党って拘っていた訳ではありませんが、お世話になっていたバイクショップがヤマハ系だったので、自然とヤマハが多くなったということですね。
ヤマハ車って何でしょうか? 楽しみにしています。
Re:Riding High ! (クラキン)
2017-12-24 08:33:45
もなたろー、だって猫だもんさん、長文のコメントありがとうございます。
図星です。左コーナーの方が得意です。
私がレースに入れ込んでいた頃にも「肘擦りライダー」は居ましたが稀な存在でしたね。
最近のレース写真なんか見ていると確かに異常なバンク角で、驚きます。
膝が接地すると自分のバンク角が判って安心感があり、正にバンクセンサーでしたね。
私がレースで乗っていたのは小排気量でパワーの無いバイクだったので、早く走るためにはできるだけ速度を落とさずにコーナーに飛び込む必要があり、どうしてもバンク角が深くなる傾向がありました。
倒し過ぎてそのままズリゴケっていうパターンが多かったですね。(笑)
ジャンパーははっきり憶えていませんが1985~7年頃の物だと思います。
映画の「ウインディー」は観ましたよ。
内容はよく憶えていませんが、汚れた・・・より映画としては良かった記憶があります。
映画館から出てくる人達って面白いですよね。
汚れた・・・なら仰る通りだし、燃えよドラゴンなんか皆、肩で風切って歩いていきますもんね。
バイクが登場する小説っていうと片岡義男の「彼のオートバイ彼女の島」を若い頃に読みました。
カワサキのW1が出てきます。
汚れた・・・の原作は残念ながら読んでいません。
片山や福田の世界GPでの活躍は興奮しました。 正にコンチネンタルサーカスという言葉ピッタリの時代でした。
平と水谷、ケニーとフレディ、原田とカピロッシなど名勝負も沢山ありました。
もう2サイクルのバイクが街を走る時代は来ないでしょうね。 それどころか、4サイクルバイクだって10年後には消えてしまい、電動バイクが「無音」で走る時代に変わるでしょう。
あのオイルが焼ける匂いの白煙と、薄っぺらなチャンバーから弾けるシャイーン!っていうような甲高い排気音が懐かしいです。
バイクに乗りたい気持ちはあるのですが、大怪我をすることは間違いないと思いますから止めておきます。
バイクのプラモデルは沢山出ていますが、ライダーのフィギュアって少ないですよね。
かなり前にタミヤがケニーとフレディのフィギュアを出したことがありますが、ハスラムやマモラ、サロン、バリー、シュワンツなどライディングフォームに特徴のあるライダーのライディング中のフィgチュアを出してもらいたいです。
できれば、コーナリング中のサスが沈んだ状態のパーツも一緒に・・・。

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事